メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【30代女性の履歴書】知っておきたいポイント6つをご紹介!

30代女性だからって、履歴書で何か気をつけることってある?

という疑問を解決します。

本記事の内容

30代女性の履歴書を作成する際の6つのポイントをご紹介。

働く上で、ライフイベントに左右されやすいのは『女性』。

そして、女性は30代くらいから、人により働くバックグラウンドの幅が開き始めます。

30代は既婚者である場合も増えますし、出産の予定がある方、お子さんをお持ちの方も。

また、独身ならよいのかというと、独身ならではの転職で気をつけるべきこともあったり。

ということで、30、40代で転職を経験し、また自分以外の転職や採用に携わった経験から、30代女性ならではの履歴書作成のポイントをご紹介します。

メモ

単に履歴書の書き方や疑問点を知りたい方は、【履歴書の基本の書き方】キャリアコンサルタントのアドバイス入りでご紹介 をご覧ください。

私が書きました
sophy 
(ソフィー)

キャリアコンサルタント【国家資格保有】
産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。その後、40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

【30代女性】履歴書のポイント

30代の履歴書を作成するポイントを6つ挙げてみました。

以下でご紹介する内容は、絶対に正解です。というものではありません。

とはいえ、もし今、目の前に、30代女性の方が相談にいらっしゃって、

『履歴書のポイントを教えて欲しい』と相談されたら、キャリアコンサルタントとして以下のようなアドバイスするであろうことをまとめました。

よろしければ、参考にしてみてください。

ポイント1:PCは使わず手書きで作成する。

最近はPCで履歴書を作成するのも、珍しくありません。

ですが、あなたが応募する業界や、また、採用担当者の価値観については分かりません。

ですので、『PCで作成したものをメールで送ってください。』など、特に指定がない場合は、紙の履歴書を購入して『手書き』で作成しましょう。

転職では、判断に困る時は、丁寧な方を選ぶことが鉄則です。

なぜなら、転職シーンで、丁寧すぎてマイナスポイントになることはないからです。

ポイント2:履歴書は基本を押さえる。

30代の転職の場合も、20代の頃と同じく基本を押さえましょう。

基本を押さえることで、何を採用者が見ているかと言うと、社会人としての常識と真剣度を見ています。

要するに、履歴書は全面的に平均点以上のクオリティを目指しましょう。

どこか1箇所でも著しくNGな点があると、面接オファーはありません。

ちなみに、学歴は高校卒からでOKです。正式名称である『〇〇高等学校』と記載を。

また、西暦でも和暦でも構いませんが、職務経歴書も含めて、全体で統一すること。

丁寧に記入するのは当然。もちろん誤字脱字はNG。修正液は使わない。仮名明記は、『ひらがな』は平仮名で。『カタカナ』なら片仮名で。(当たり前?笑)

このあたりについては、【履歴書の基本の書き方】キャリアコンサルタントのアドバイス入りでご紹介 を参考になさってみてください。

ポイント3:自己PRや志望動機は、『即戦力』『共感』『目標』がキーワード

『自己PR』や『志望動機』の欄を、私も20代の頃は、記入するのがイヤで小さな枠のものを探して選んでいました。^^;

でも、今思うとこれは100%NGです。なぜなら、ここが一番自分を売り込める箇所だからです。

中途採用ならば、自身の経験から即戦力になる点や、応募企業への熱意、今後のキャリアビジョンなどを全力でPRするべき。

ここで、ライバルより優位にならなければ、これも次の面接へ進めません。

自己PRや志望動機の書き方については、また、別の記事でご紹介しますが、とりあえず、ポイントは以下の3つです。

  1. 自身が即戦力になりうる人材であるということをPRする。(できるだけ採用者がイメージしやすいように。)
  2. なぜ、応募企業でなければならないのかを記入する。(企業理念や事業内容をしっかり理解して、共感していることを記入すればOK。)
  3. 今後のキャリアビジョンを明確にする。(5年〜10年後の目標をざっくりでもよいので入れる。)

ポイント4:サイズは2つ折りでA4になるものを選ぶ。

職務経歴書は、PCで作成するのがのぞましいので、サイズを合わせます。

一般的な書類サイズを選べば問題ありません。

送付する際は、職務経歴書と添え状をクリアファイルに入れて、A4サイズの封筒に入れて送ればOKです。

ポイント5:30代女性の求められていることを配慮して記入する。

採用側の企業は、30代女性に何を期待して採用するのでしょうか?

ここが、理解できていれば、履歴書だけでなく、職務経歴書も転職面接も対策がしやすくなります。

企業が中途採用をする理由は2つ。

それは、①欠員の補充か、②業績を上げるため、もしくは上がったために、人員を増やしたいからです。

ですので、30代ならば、これまでの経験をもとに、すぐに即戦力になって欲しいという期待を持って人選をします。

また、他企業で得たノウハウやコネクションを、自社の業務に役立てて欲しい。とか、また、リーダーシップを求められる場合も。

ですので、あなたが応募する企業の職務内容をできるだけ、調べて理解することが重要です。

そして自分が採用されれば、どのように仕事を進められるを具体的に明記できれば採用に近づけます。

ポイント6:30代女性が危惧されていることを配慮して記入する。

冒頭で触れましたが、30代の女性は、人によって持っているバックグラウンドがかなり違います。

独身なのか既婚者なのか、子供の有無、また、介護する人がいるかなど。それにより、採用担当者が危惧することも変わります。

要するに、自分の置かれた状況で仕事をするなら、何を心配されるか?ということを理解して、その心配を払拭できる内容を伝えることが重要なのです。

と、言われてもよくわからない方もいらっしゃると思いますので、以下で具体的にご紹介します。

独身の30代女性の場合

独身者なら、時間の自由もある程度はきくし、問題なさそうです。

ですが、見方を変えると、これから結婚、出産をひかえている女性であるということが、危惧されるのです。

なぜなら、『結婚や出産するタイミングに辞めてしまわないか?』という心配です。

ですのでこの場合は、さり気なく、『生涯この職務に従事したく存じます。』などと、キャリアビジョンを記入する際に入れておくと『ずっと仕事を続けてくれそうだ。』という判断に傾きやすいです。

30代既婚者の場合

既婚者の場合は、パートナーがどのようなスタンスであなたの仕事について、捉えているのか?という点を危惧します。

ようするに、家族やパートナーが協力的でない場合、仕事を続けられなくなり、辞めてしまうのではないか?という危惧があります。

ですので、履歴書でご主人についてワザワザ記載する必要はないかもしれませんが ^^;

面接の際に、『主人も協力してくれます。』などと、場合によっては家族の理解を得ていることをアピールするのがおすすめ。

30代子持ちママの場合

お子さんがいらっしゃるということは、あなたが仕事をする間の預け先の確保がしっかりしているか?という点を危惧します。

先回りして本人希望記入欄に記入するとよいでしょう。

例えば、『子供のお迎えの時間がありますので、17までの勤務を希望します。』など。

そうすることで、その条件をのんでも採用したい人材か?ということを採用担当者は考えます。

『そんなこと書いたら書類通過できないじゃん。』と思うかもしれませんが、あなたにとって生活をするために譲れない条件なら、どちらにしても、その企業では働けないのです。

ですので、履歴書に先に条件をはっきり記入することで、お互いに無駄な労力をかけずに済みます。

それは結果的に貴方にも相手にもメリットが高いといえます。

もし、その点が理由で採用が決まらないのであれば、探す仕事内容や雇用条件などを見直す柔軟性も必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

30代女性の履歴書を作成するポイントをご紹介しました。

30代女性の履歴書は、まず基本の書き方を押さえることが大切です。

その上で、30代女性が求められている点を考えて、自己PRや志望動機を記入すること。

また本人希望欄では、勤務時間や転勤についてなど、自身のバックグラウンドからできないことや、希望を先に明記することが結果的に転職の効率を高めます。

ぜひ、参考にしていただき、あなたの転職を成功させてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる