メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

ハローワーク職業訓練で【登録販売者】の資格を取るには

ハローワーク職業訓練で【登録販売者】の資格を取るには

登録販売者の資格を取得しようかな。

ところで、登録販売者って、ハローワークに資格取得講座ってあるのかな?

できるだけ、お金をかけたくないから、無料でとかであったらうれしいな。

という方へ向けてのご紹介です。

こちらの記事の内容

『登録販売者』国家資格を、ハロートレーニング(ハローワーク職業訓練)で資格取得するには。

ハローワークでもし無料で『登録販売者資格』の勉強ができたらうれしいですよね。

ですが、結論を先に申し上げるなら、ハローワークの登録販売者の資格講座は、管轄のハローワークによって『有る場合』と『ない場合』があります。

のっけから、『えー』なご紹介ですが、^^;

まずはご自身の管轄のハローワークで、希望の資格講座があるかを『検索すること』が、最初のステップとなります。

その後の流れは以下でご紹介していきます。

参考登録販売者【通信講座 】5社を 比較してご紹介!

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

ハロートレーニング(ハローワーク職業訓練)の登録販売者資格講座の受け方

ハローワークの職業訓練を、受けるには『条件』と『手順』があります。

まずは、登録販売者の資格講座を受けたい場合の『条件』をご紹介します。

ハローワーク職業訓練の『登録販売者』資格講座の『条件』とは?

ハローワーク職業訓練を受講にするには、以下のような『条件』があります。

ハローワーク職業訓練を受講の条件

  1. 講座内容が市町村によって違う。またコースもいくつかある。
  2. ハローワークで申し込んだ後、受講するに値する人かの審査があり認定を受けなければならない。
  3. 受講には『必ず受講した講座に関する仕事に就職しなければならない』などの条件がある。
  4. 受講日程が決まっている。
  5. 通学しなければならない。
  6. 申込者が殺到して、なかなか申し込みできないこともある。
  7. 受講料は無料のこともあるが、有料の資格講座もある。(テキスト代などは自己負担。)

ということで、なかなか、簡単な感じではないのですね・・・

繰り返しますが、ハローワーク職業訓練の登録販売者資格講座を受講したい場合は、ご自身の最寄りのハローワークが管轄です。

そこで登録販売者の資格講座があるかを、確認するところから始めます。

確認の仕方としては、ネットで検索します。

詳細については、直接管轄のハローワークへ電話して確認しましょう。

もし、受講したい登録販売者資格講座が見つかったら、次はハローワークへ行きます。

ネット検索→ハローワークへ電話で問い合わせ→ハローワークへ行く

それからの流れは以下の通りです。

ハローワーク職業訓練を受講の手順

もし、希望の登録販売者の資格講座があったら、管轄のハローワークへ行きましょう。一番最初にすることは、『求職の申し込み』をし、『職業相談』をする必要があります。

ハローワークへ行くと、発券機の前に係の方がいらっしゃるので、その旨を伝えれば大丈夫です。

ちなみに、この方法は、雇用保険の加入の有無にかかわらず同じです。(雇用保険を収めていなくても、受講できますし、条件に当てはまればお金がもらえることも。)

詳しくはハローワークのお金がもらえる『求職者支援訓練』とは?

  1. 求職申し込み・職業相談
  2. 受講申し込み
  3. 面接・筆記試験等受験
  4. 選考結果通知
  5. 受講手続き
  6. ハロートレーニングの受講

ということで、誰でも受講可能なようで、そうでもない(?)ハローワークの職業訓練ですが、

基本的には、

『すぐ働ける状況なのに、就職できないのです。だから、資格を取得して仕事を得たいのです。』

というスタンスでいきましょう。(面接の答え方など。)

ハローワークの職業訓練のネット検索 リンク集

最近ハローワークのようなページをつくり、悪質なサイトへ流す転職サイトを目にします。

よく確認しないと、とんでもないページに飛ばされることも。

ということで、『sophy(ソフィー)』のトップページにもハローワークの検索先を載せてますので、よろしければ活用なさってください。

ハロートレーング(公的職業訓練)のリンク先一覧

『ハローワーク職業訓練は難しいかも』なら『独学』or『資格講座』を考えてみる

もし、『ハローワークの職業訓練はちょっと難しいかなー。』という場合は、

やはり『独学』か、『資格講座』を申し込むかを考えてみることに。

独学で登録販売者を取得するなら

独学のよいところは、コストを最小限に抑えることができる点です。

また、自分のペースで勉強できます。

登録販売者の資格取得には、独学なら1年ほどかかりますが、コツコツ勉強するのならそれもあり。

登録販売者の独学するのにおすすめのテキスト本を【登録販売者】独学におすすめのテキスト本10選 でご紹介してますので、よろしければ参考にしてみてください。

独学でよくある失敗

でも、専門知識を学ぶ登録販売者資格ですので、分からないときどのように解決するかが問題になります。

ネットで調べたことが、必ずしも正しいわけではありませんし、最新の情報でないこともあります。

また、図書館の専門書は、古いことが多いので、結局自分で専門書を購入したり・・・

となると、『最近人気で格安の、オンライン資格講座と値段が変わらなかった。』なんてことも。

結論を申し上げるなら、独学でテキスト本を5冊くらい購入するなら、通信講座とそんなに値段の差がありません。

『え、なにそれ?』

ですよね。^^;

そこで、『独学』と『通信資格講座』を、独学 vs 通信講座【登録販売者】の資格とるならどちらがお得? でしっかり比較してみましたので、気になる方は参考にしてみてください。

資格講座も視野に入れたい場合

また、とりあえず、資格講座がどんな感じかを見てみたい方は、以下でちまたで人気の資格講座をご紹介します。

ご自身で内容をよく比較してみてください。

登録販売者 おすすめ通信資格講座

スタディングの登録販売者講座の無料体験:スマホ1つで、スキマ時間で資格取得可能。動画が分かりやすいので早く理解できる。紙ベースの送付物がなくて低価格。オンラインメインで筆者イチオシ。

ヒューマンアカデミーの通信講座の無料資料請求:『一般教育給付制度』対応で、ハローワークから受講料の20%が戻ってきます。3ヶ月のカリキュラム。eラーニング(オンライン)とテキストの両方揃う資格講座。

オンスク.JPの登録販売者講座の無料体験 :オンライン(eラーニング)メイン。定額制プラン月額1,078円なら、50以上の資格講座を同時に受けられるサブスク資格講座。

キャリカレの登録販売者講座の無料資料請求:ネットからの申込みで1万円割引です。オンライン動画もありますが、どちらかといえばテキストメインの資格講座。

ユーキャンの登録販売者講座の無料資料請求:テキスト中心の通信講座。法改正や試験に関する情報の変更があった場合お知らせしてくれて便利。

上述以外の『登録販売者資格の情報』を知りたい方は、以下でご紹介していますので気になる記事があれば、参考になさってみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

登録販売者の資格講座を、ハローワークの職業訓練で受講する方法をご紹介しました。

登録販売者資格講座は、ハローワークといえども、結局全然お値打ちでもなく、また、手間もかかり・・・という場合もあるので、なんだか微妙なご紹介になってしまいました。^^;

ぜひ、こちらを参考にしていただき、ご自身に合った方法で登録販売者資格を取得してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる