メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

ハローワーク職業訓練で【登録販売者】の資格を取るには

ハローワーク職業訓練で【登録販売者】の資格を取るには

こちらでは『登録販売者』国家資格を、ハロートレーニング(公共職業訓練)で資格取得するための情報をまとめました。

ハローワークでもし無料で『登録販売者資格』の勉強ができたらうれしいですよね。

ですが結論を先に申し上げるなら、ハローワークの登録販売者の資格講座は、管轄のハローワークによって『ある場合』と『ない場合』があります。

のっけから、『えー』なご紹介ですが、^^;

まずはネットで自分が受講したい講座があるかを『検索すること』が、最初のステップとなります。

その後の流れは以下でご紹介していきます。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
今年50歳になりました!

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく


タップできる目次

ハロートレーニング(ハローワーク職業訓練)の登録販売者資格講座の受け方

ハローワークの職業訓練を、受けるには『知っておきたいこと』と『手順』があります。

まずは、登録販売者の資格講座を受けたい場合の『知っておきたいこと』をご紹介します。

ハローワーク職業訓練の『登録販売者講座』を受講する前に『知っておきたいこと』

ハローワーク職業訓練を受講にするには、以下のような知っておきたいことがあります。

公的職業訓練を受講前に知っておきたいこと

  1. 自分が通える範囲に登録販売者の職業訓練の講座がない場合がある。
  2. いつでも申し込めてすぐ受講できる訳ではない。(←次回開始まで待たなくてはならない)
  3. 申し込み者が殺到して受講できないこともある。
  4. ハローワークに求職申込みをしてからでないと申し込みできない。
  5. 一定の選考(面接・筆記問題等)が行われる場合もある。
  6. テキスト代(5,000〜30,000円)は自己負担となる。

ということで、なかなか、簡単な感じではないのですが・・・(^^; でも無料ですからね。)

公的職業訓練の受講までのステップ

まずは登録販売者の資格講座があるかを、確認するところから始めます。

流れは以下の通りです。

  1. 公式の職業訓練検索から、条件を入力して希望にあった講座があるかを探します。
  2. 希望にあった講座があれば、直接管轄のハローワークへ電話して確認します
  3. ハローワークへ足を運び、申込み&手続きをします。

一部の職業訓練がオンラインで受講が可能になりました。
検索方法は一般の職業訓練検索と同じです。

ハローワーク職業訓練を受講の手順

もし、希望の登録販売者の資格講座があったら、管轄のハローワークへ行きましょう。

一番最初にすることは、『求職の申し込み』をし、『職業相談』をする必要があります。

ハローワークへ行くと、発券機の前に係の方がいらっしゃるので、その旨を伝えれば大丈夫です。

ちなみに、この方法は、雇用保険の加入の有無にかかわらず同じです。(雇用保険を収めていなくても、受講できますし、条件に当てはまればお金がもらえることも。)

参考:

受講までの順序

  1. 求職申し込み・職業相談
  2. 受講申し込み
  3. 面接・筆記試験等受験
  4. 選考結果通知
  5. 受講手続き
  6. 公的職業訓練の受講

ということで、誰でも受講可能なようで、そうでもない(?)ハローワークの公的職業訓練ですが、

基本的には、

『すぐ働ける状況なのに、就職できないのです。だから、資格を取得して仕事を得たいのです。』

というスタンスでいきましょう。(面接の答え方など。)

ハローワークの職業訓練のネット検索 リンク集

最近ハローワークのようなページをつくり、悪質なサイトへ流す転職サイトを目にします。

よく確認しないと、とんでもないページに飛ばされることも。

ということで、こちらのブログ『sophy(ソフィー)』のトップページにもハローワークの検索先を載せてますので、よろしければ活用なさってください。


職業訓練検索はこちらから(全国)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/GECA150010.do?action=initDisp&screenId=GECA150010

ハロートレーニング(公的職業訓練)ページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/rishokusha.html

厚生労働省の「求職者支援制度」(求職者支援訓練)の案内ページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyushokusha_shien/index.html

公的職業訓練の次に考えることは一般教育訓練給付金制度の利用

もし無料で公的職業訓練を受講できない場合は、一般教育訓練給付金制度を考えてみましょう。

ただし、この方法は受講開始現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上ある方や、雇用保険の受給資格を喪失した日から受講開始までが1年以内など、諸々条件があります。

条件に当てはまる方は、ハローワークへ申請して認められれば、資格講座の費用の20%が戻ってきます。

詳細はハローワークの教育訓練給付制度のページでご確認ください。

ちなみに登録販売者の一般教育訓練給付金制度対象講座は、ユーキャンにあります。

登録販売者の『独学』or『通信講座』も考えてみる

もし、『ハローワークの職業訓練はちょっと難しいかなー。』という場合や、『一般教育訓練給付金制度』も適応外なら、やはり『独学』か、『資格講座』を申し込むかを考えてみることに。

独学で登録販売者を取得するなら

独学は一番低コストですし、自分のペースで勉強できる点がメリットです。

とはいえ、専門的な医薬品の知識や、法律を学ぶので、初学者はちょっとハードルが高いかもしれません。

例えば、ネットで調べたことが、必ずしも正しいわけではありませんし、最新の情報でないこともあります。

また、図書館の専門書は、古いことが多いので、結局自分で専門書を購入したり・・・

となると、『格安の、オンライン資格講座』と値段が変わらなくなってきます。

とはいえ、『まずは独学からやってみる』というのもありです。

その場合は独学におすすめのテキストをピックUPしてみましたので、2022【登録販売者】独学におすすめのテキスト本10選 でテキストを探して勉強をはじめましょう。

もし、通信講座も視野に入れて考えるのなら、コスパと比較して選んでもよいかもしれません。

【登録販売者】オンライン通信講座 4社を比較 費用と特徴一覧

スタディング公式ページへ>>
オンライン中心
(講義動画 合計約17時間)
机に向かえない忙しい人におすすめ。スマホ有効活用で最短合格を狙う方に。内容が分かりやすく使いやすいサービスが充実。『安かろう悪かろう』が当てはまらない良質なオンライン通信講座24,800円
約1年間
ユーキャン公式ページへ>>
テキスト中心型
(不明)
教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座に申し込みたい方におすすめ。デジタルテキストなしならもっとお得に。49,000円〜
6ヶ月〜14ヶ月
キャリカレ公式ページへ>>
オンライン・テキスト折衷型
(講義動画 合計約5時間)
試験合格ならもう1講座は無料になる、不合格なら全額返金制度ありなど独自サービスが強み。ただし条件が諸々あるのでよく確認してから申し込むべし。38,500円〜
3ヶ月~12ヶ月
オンスク.JP公式ページへ>>
オンライン中心型(講義動画 合計約26時間)
サブスクのオンライン通信講座は「オンスクjp」のみ。資格のTACのノウハウが活かされた講義動画。月々1,000円ほどで50以上のオンライン通信講座を受講できるのは魅力的。1,078円〜/月額
期限なし
  ※料金や期間は予告なく変更されることがあります。必ずお申し込みの前にご確認ください。

登録販売者を取得するメリットとは?

そもそも、『登録販売者を取得するメリットって、どのくらいあるのかな?』

やはり、それなりの時間とお金をかけて取得する資格ですから、はっきりとしたメリットがないと取得したくないですよね。

ということで、登録販売者を取得するメリットをご紹介します。

その他の『登録販売者資格の情報』を知りたい方は、以下でご紹介していますので気になる記事があれば、参考になさってみて下さい。

登録販売者以外の国家資格を考えたい

登録販売者の資格を取ろうか、それとも他にもっといい資格があるのか?

もし、もう少し情報収集したい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

さいごに:登録販売者の資格は、自分に合う方法で取得しよう!

いかがでしたでしょうか。

登録販売者の資格講座を、ハローワークの職業訓練で受講する方法をご紹介しました。

登録販売者の公的職業訓練は、無料とはいえ諸々手順があったり、条件もあるので、なんだか微妙なご紹介になってしまいました。^^;

ですので、サクッと勉強できる通信講座も併せてご紹介しました。

資格取得は、お金を使います。そして、忘れてならないのは時間も使っていることです。

短期間で効率よく取得できれば、それだけ早く仕事に結びつき収入にもつながります。

目の前の金額だけを見ないで、生涯収入で考えてみると、自分がどの方法で資格取得をするべきかが見えてきます。

ぜひ、こちらを参考にしていただき、ご自身に合った方法で登録販売者資格を取得してくださいね。

女性におすすめの資格 一覧

  • URLをコピーしました!
タップできる目次