MENU(↑ スクロールできます)
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。

登録販売者の資格取得方法を比較(独学 vs 職業訓練 vs 通信講座)

こちらでは、登録販売者の資格を取得したい方へ向けて、独学した場合と、職業訓練についてと、通信講座を利用した場合について比較してご紹介します。

勉強方法が自分に合ったものであれば、結果的に合格が近くなり、早く資格取得すれば生涯年収として上がります。

ということで、それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

クリックできるもくじ

登録販売者の資格取得方法を比較(独学 vs 職業訓練 vs 通信講座)

登録販売者はの国家資格は、しっかり勉強する必要がありますが、『司法書士』などの難関資格ではないので、しっかり勉強すれば取得可能です。

『登録販売者』の資格取得の勉強方法は以下の3種類です。

  1. 独学する。
  2. ハロートレーニング(ハローワークの職業訓練)を受ける。
  3. 通信講座を利用する。

それぞれのメリットデメリットを次に考えてみましょう。

❶ 独学のメリット・デメリット 【登録販売者 国家資格】

登録販売者の資格を独学するメリットはやはり、最小コストということです。

最小限のテキストと問題集を揃えるだけ、となります。(1冊2,000円〜3,000円で✕4冊で10,000円くらい)

また、自分のペースで自宅で勉強を進められるので、気楽に勉強できます。

登録販売者のメリットを挙げると、次のようになります。

登録販売者の独学のメリット

  1. 低コスト
  2. 在宅で勉強可能
  3. 自分のペースで気楽

ですよね。^^;

ではデメリットは何でしょうか?

登録販売者の独学のデメリット

独学なので、自分で考えて選んだテキスト本を利用しますが、テキストや問題集が十分でないことがあることです。

さらに、『分からない問題の正確な解答を得ることが意外に難しい』という点でしょうか。

独りで疑問点を解決するのは意外に難しい

独学で一番心配なのは、不明な点が明確にならない場合、どのように解決するかです。

登録販売者の資格は、医薬品の専門知識を学びます。また薬事法もかかわってきますので、『最新で正確な情報』で勉強する必要があります。

それを補足すべく、十分な量のテキストや問題集を購入するなると、資格講座へ申し込むのと変わらないほどコストがかかることも・・・(20,000円くらい)

インターネットの情報は、最新でないことも多いですし、また、正確かどうかという点も自分で精査していかなければならないので、調べる時間がかかります。

一般的な登録販売者の独学期間は1年

また、自分のペースで勉強できるということは、自己管理がしっかりしていないと、勉強が続かなくなる可能性があるということ。(←独学に多い失敗談です ^^;)

ちなみに、登録販売者を独学すると、一般的には1年ほどかかると言われています。

ということで、デメリットをまとめますと

登録販売者を独学でするデメリット

  • 個人判断だと勉強するポイントがズレていたり、偏っている可能性がある。
  • 疑問点があるときに解決するのが大変。
  • 正確な情報や十分な知識を得るために、テキストや関連書籍が増えて低コストでなくなる。
  • 自己管理がしっかりしていないと挫折の可能性がある。
    →テキスト本や過去問題集が無駄に。

『独学』のメリットやデメリットが分かってきました。

では、それに対する通信講座はどうなのでしょうか?

次は『通信講座』のメリット・デメリットを見てみましょう。

❷ ハローワーク職業訓練 のメリット・デメリット【登録販売者 国家資格】

ハローワークのハロートレーニング(公的職業訓練)で『登録販売者』の資格講座があります。

『無料で資格取得できる!』と思いきや、自己負担額が8万ほどする講座も・・・^^;

また、どのエリアのハローワークでも『登録販売者』の資格講座があるワケではないため、そもそも講座じたいがない場合もあります。

ちなみに、ハローワークでの資格講座の流れは以下の通りとなります。

職業訓練の申し込みの流れ

求職申し込み・職業相談→受講申し込み→面接・筆記試験等受験→選考結果通知→受講手続き→ハロートレーニングの受講

職業訓練のメリット

  • 実務に即した勉強内容で学べる。
  • 資格取得後はハローワークで就職支援を受けられる。
  • お値打ちに講座を受けられることもある。(申し込み講座による)

職業訓練のデメリット

  • 自分の管轄のハローワークに登録販売者の講座がないことがある。(ご自身で確認を)
  • 通学となる。(働きながらの受講が厳しい)
  • 申し込みから受講までの手続きが諸々ある。
  • 職業訓練を受けた資格を活かせる仕事に就かなければならない。

ということで、まずは、ご自身の管轄のハローワークで希望の登録販売者通信講座が受講できるかどうかを確認してみることがファーストステップとなります。

ちなみに、受講のタイミングが合わないと次の募集まで待つことも。

ハローワークの職業訓練の受講の仕方は以下でご紹介していますので、もっと詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

❸ 通信講座のメリット・デメリット 【登録販売者 国家資格】

通信講座のメリット・デメリットはどんなことでしょうか?

一番の通信講座のデメリットはやはり、『お金がかかる』ってことですよね。^^;

このお金がかかるという点において、それなりのメリットがないと、誰だって申し込みたくはありません。

まずは、登録販売者の資格講座は、各社どのくらいのお値段なのか?

以下に人気の通信講座6社の価格を表にしてみました。

登録販売者 通信講座の価格比較

スタディング公式ページへ>>
オンライン中心
(講義動画 合計約17時間)
24,800円
約1年間
ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』公式ページへ>>
オンライン・テキスト折衷型
(講義動画 合計約3.7時間)
37,700円〜
期限なし
ユーキャン公式ページへ>>
テキスト中心型
(不明)
49,000円〜
6ヶ月〜14ヶ月
教育訓練給付制度(一般教育訓練)
対象講座
キャリカレ公式ページへ>>
オンライン・テキスト折衷型
(講義動画 合計約5時間)
38,500円〜
3ヶ月~12ヶ月
オンスク.JP公式ページへ>>
オンライン中心型(講義動画 合計約26時間)
1,078円〜/月額
期限なし
ピーケアの登録販売者・3日間集中合格法 公式ページへ>>
独自教材&ダウンロード教材
54,780円
期限なし
  ※料金や期間は予告なく変更されることがあります。必ずお申し込みの前にご確認ください。

通信講座のメリット

では登録販売者通信講座のメリットはどんなことでしょうか?

登録販売者通信講座の一番のメリットは、『独学』のデメリットをカバーしてくれているという点です。

『ま、そりゃそうだ』ですよね。笑

ということで、『通信講座』のメリットを挙げてみますと

通信講座のメリット

  • 登録販売者試験のプロが、過去に出題された内容を研究し、勉強範囲をすでに限定してくれている。
    →最小限の労力でOK。
  • 疑問点があるときは、質問サポートや添削サポートで解決できる。
    →時短&正確。
  • カリキュラムが組まれているので、それに沿った勉強方法を進めれば合格に近くなる。
    →効率的に勉強できる。
  • オンラインメインの資格講座を選べば、動画視聴で早く、深く理解を進められ、忙しくても資格取得が可能。
    →挫折を防げ、時間がなくても勉強できる。

以上のような点が、通信講座を申し込むメリットとなります。

ということで、

『1円でも安く登録販売者の資格を取得したい。』という方でないなら、

『資格講座』を選んだ方が、資格取得が近いと考えるのが自然です。

しかも、お値打ちな通信講座と費用を比較しても、独学との差は10,000円〜20,000円。

人によって、自分の「労力と時間の対価」が高い人と安い人がいるので、一概に言えませんが、

ご自身の労力と時間に10,000円〜20,000円払ってもいいと思えるならおすすめです。

通信講座で効率的に早く確実に資格取得をして、早く手当をもらう方が『生涯収入』で考えたらお得なんですよね。

登録販売者の通信講座 一覧

スタディング公式ページへ>>
オンライン中心
講義動画 
合計約17時間
机に向かえない忙しい人におすすめ。スマホ有効活用で最短合格を狙う方に。内容が分かりやすく使いやすいサービスが充実。『安かろう悪かろう』が当てはまらない良質なオンライン通信講座24,800円
約1年間
ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』公式ページへ>>
オンライン
・テキスト折衷型
講義動画 
合計約3.7時間
質問対応や添削対応が欲しい方に。転職サポートや無料セミナーがある。就職まで視野に入れた対応講座。DVD付きなら期限なし。37,700円〜
期限なし
ユーキャン公式ページへ>>
テキスト中心型
(不明)
教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座に申し込みたい方におすすめ。デジタルテキストなしならもっとお得に。49,000円〜
6ヶ月〜14ヶ月
キャリカレ公式ページへ>>
オンライン
・テキスト折衷型
講義動画 
合計約5時
試験合格ならもう1講座は無料になる、不合格なら全額返金制度ありなど独自サービスが強み。ただし条件が諸々あるのでよく確認してから申し込むべし。38,500円〜
3ヶ月~12ヶ月
オンスク.JP公式ページへ>>
オンライン中心型
講義動画 
合計約26時間
サブスクのオンライン通信講座は「オンスクjp」のみ。資格のTACのノウハウが活かされた講義動画。月々1,000円ほどで50以上のオンライン通信講座を受講できるのは魅力的。1,078円〜/月額
期限なし
ピーケアの登録販売者・3日間集中合格法 公式ページへ>>
独自教材&
ダウンロード教材
他社とは一線を画する教材内容。教材考案者自らが受験し、その体験談はたとえ申し込まなくとも(?)一見の価値あり。単語カードで勉強した経験がある方におすすめ。54,780円
期限なし
  ※料金や期間は予告なく変更されることがあります。必ずお申し込みの前にご確認ください。

以下の記事では、上述5社の口コミや評判、費用、特徴などを、さらに詳しく比較してご紹介します。

登録販売者 の資格記事一覧

女性におすすめの国家資格

登録販売者以外にも、女性におすすめの国家資格があります。

もし、登録販売者以外でも探したい方は、こちらをご覧いただくと、自分の取得するべき資格が見えてくるかも。

女性の仕事に役立つ国家資格で、社会人からでも取得できる国家資格です。

女性におすすめの資格 一覧

  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
クリックできるもくじ
閉じる