メニュー

【未経験】30代・40代から『登録販売者』国家資格がおすすめの理由とは?

【未経験】30代・40代から『登録販売者』国家資格がおすすめの理由とは?

『登録販売者』とは、2009年6月施行の薬事法改正により、『薬剤師』とは別に、新しくできた『医薬品販売専門資格』

薬の約9割を占める、第二、三医薬品を扱うことができる『国家資格』です。

『登録販売者』の資格は、未経験からでも受験することができ、しかも最近、資格取得者の需要が高まっています。

ですので、30代から、もちろん40代からでも取得も可能で、取得できれば転職にも十分役立つ資格といえます。

ということで、こちらでは、登録販売者の資格について、メリットや資格取得の仕方をご紹介します!

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィフ。
さらに詳しく

クリックできるもくじ

登録販売者とは『医薬品販売専門資格』の未経験からOKの資格

『登録販売者』とは、2009年6月施行の薬事法改正により、『薬剤師』とは別に、新しくできた『医薬品販売専門資格』

薬の約9割を占める、第二、三医薬品を扱うことができる『国家資格』です。

活躍の場は、主に医薬品を取り扱う「ドラックストア」や「コンビニエンスストア」、「スーパー」などの『薬を取り扱う売り場』となります。

受験資格は必要なく、未経験でも資格取得が可能です。

【登録販売者】30代・40代からの資格取得のメリット

では、登録販売者を取得すると、どんなメリットがあるのでしょうか?

登録販売者のメリットを、以下に挙げてみました。

登録販売者の資格のメリット
  1. 30代・40代からでも資格取得が十分可能。
  2. 転職しやすい→転職先が多く、30代・40代からでも求人が比較的多い。
  3. 30代・40代からでも、長く続けられる仕事内容。
  4. 正社員採用に役立つ。
  5. 手当が付く場合が多く、収入UPに役立つ。

『登録販売者』の資格のメリットを、もう少し以下で詳しくご紹介します。

1、30代・40代からでも資格取得が十分可能。

同じ薬を取り扱う『薬剤師』の資格は、大学で6年制過程を修めて卒業し、やっと受験資格を得られます。

ですので、30代・40代からチャレンジはちょっと難しいと言えるかもしれません。

ですが、『登録販売者』の資格なら、30代・40代の未経験者からでも受験可能です。

2、転職しやすい→30代・40代からでも求人が多い。

国の法改正により、活躍の場が増えたことで、求人数が増えた結果、転職がしやすい職種となりました。

法改正では、これまで薬局やドラックストアのみだった「第2類医薬品」「第3類医薬品」の取り扱いが、『コンビニエンスストア』や『スーパー』でも可能になりました。

※「第2類医薬品」「第3類医薬品」は薬全体の9割を占めます。

  1. 「第2類医薬品」:一般的な風邪薬など
  2. 「第3類医薬品」:ビタミン剤など比較的リスクの低い薬

とはいえ、『薬剤師』or『登録販売者』がいなければ、お店で薬の取り扱いができません

ということは、薬を扱うお店の数だけ『薬剤師』or『登録販売者』が必要になるということです。

薬を取り扱う売り場が全てが転職先になりうるので、求人も多いというワケです。

3、30代・40代からでも、長く続けられる仕事。

また、仕事の内容としても、お客様の薬の相談を受ける立場のお仕事ですから、人生経験が長い年齢であることはプラスになります。

もし、あなたにお子さんがいらっしゃるなら、その経験から子供の対処法にも相談にのることができますね。

ですので、歳を重ねることがプラスに働く仕事ですので、長く続けられます。

4、正社員採用に役立つ。

スーパーやコンビニでも『薬を取り扱う売り場』には、『薬剤師』or『登録販売者』が必要です。
とうことで法改正後には、社員に資格取得させる企業が増えました。

ですので転職活動の際にあなたが『登録販売者』の資格を持っていることは、採用での点で圧倒的に有利といえるでしょう。

5、手当が付く場合が多く、収入UPに役立つ。

しかも、多くの場合、資格のない人より、給与や待遇が良く、さらに店長などの責任ある仕事に就くにも必要な資格です。

例えば、ドラックストアの店長の役職であれば、年収600万ほどは見込めるでしょう。

ということで、収入を安定的に得るために、役立つ資格といえます。

30代・40代の『登録販売者』の資格取得の方法

『登録販売者』の資格を取得するメリットが分かってきたところで、次は『登録販売者』の資格の取得方法についてご紹介します。

『登録販売者』の資格を取得するためには、国家試験を受験し、合格する必要があります。

登録販売者の国家資格試験の概要

『登録販売者』の国家資格試験の概要は以下の通りです。

登録販売者の資格試験の概要

役割と目的:医薬品を購入する人の適切な選択を支援する役割を担う。医薬品を販売することに関し、保健衛生上の問題を回避する目的のための資格。

受験資格:なし

受験料:13,600円程度

試験日と試験地:8月〜12月ごろ。年1回以上。各都道府県により異なる。(詳細は各都道府県薬務主管課へ)

試験内容:マークシート式全120問
①医薬品に共通する特性と基本的な知識。(20問)
②人体の動きと医薬品(20問)
③主な医薬品とその作用(40問)
④薬事関係法規・制度(20問)
⑤医薬品の適正使用・安全対策(20問)

合格ライン:全体の70%

勉強方法は 独学 or 通学 or 通信

登録販売者はの国家資格は、しっかり勉強する必要がありますが、とはいえ『行政書士』などの難関しかくではないので、しっかり勉強すれば取得可能です。

『登録販売者』の資格取得の勉強方法は以下の3種類です。

  1. 独学する。
  2. ハロートレーニング(ハローワークの職業訓練)を受ける。
  3. 通信講座を利用する。

それぞれのメリットデメリットは以下の通りです。

1,独学する

登録販売者の資格は、専門大学を必ずしも卒業する必要はないので、独学も可能です。(薬剤師は大学で6年の修士課程を終了する必要がある。)

テキストのみをAmazon などで購入して勉強して受験することもできますテキスト代や過去問題集など、受験料と併せても2万円ほどが目安。

最低限のコストで、自分のペースでコツコツと勉強するというのもありです。そこが最大のメリット。

ですが独学には落とし穴もあります。

独学のデメリット

逆に、独学のデメリットとしては、分からないことを調べるのに時間がかかること。
しかも、ネットで検索した情報が必ずしも、最新で正しいとはいえないのも事実。

ということで、そのあたりをフォローしてくれるのが、ハロートレーニング(職業訓練)だったり、通信講座だったりします。

『コスパ高めの最近の通信講座』なら『独学の費用』にプラス10,000円〜20,000円するだけで、資格取得に必要なサービスを一括で得られて便利です。

『スタディング』の 登録販売者講座(24,800円)
現在キャンペーン中! 2022/1/31(月)まで21,500円

スタディングは、お値打ちだからおすすめなのではなく、内容がよいからおすすめです。

ユーキャン(49,000円)や、キャリカレ(38,500円)よりぜんぜんコスパ高いです。

スタディング【公式】登録販売者ページへ

2、ハローワークへ通って資格取得する

ハローワークのハロートレーニング(公的職業訓練)で『登録販売者』の資格講座があります。

『無料で資格取得できる!』と思いきや、自己負担額が8万ほどするものも・・・^^;

また、どのエリアのハローワークでも『登録販売者』の資格講座があるワケではないため、そもそも講座じたいを受けることができないこともあります。

ちなみに、ハローワークでの資格講座の流れは以下の通りとなります。

職業訓練の申し込みの流れ

求職申し込み・職業相談→受講申し込み→面接・筆記試験等受験→選考結果通知→受講手続き→ハロートレーニングの受講

ハローワークの職業訓練の受講の仕方は以下でご紹介しています。

3、通信講座で自宅&スキマ時間で勉強する

独学と職業訓練がちょっと難しいというのであれば、やはり「コスト面」と「取得の難易度」からして、資格講座を申し込むのが一番効率的かもしれません。

分かりやすく説明してくれるオンラインで講座や、専門家に質問できるサポート体制があった方が、結局、資格取得が早くなりますし確実。

また、資格取得勉強に多い『途中挫折』にも『すでにカリキュラムが組まれている』ということが役立ちます。

以下では、『登録販売者』の資格講座を比べてみて『人気の5社』を掲載します。

繰り返しますが、動画視聴メインの『スタディング』が難しい専門知識も断然分かりやすいです。安いからおすすめなのではなく、他社よりサービス内容が良いからおすすめしています。

登録販売者の通信講座比較評判費用/期間
スタディングの無料体験をする>>
オンライン中心型(講義動画 合計約17時間)
24,800円
キャンペーン中!
2022/1/31(月)まで
21,500円

約1年間
ヒューマンアカデミー『たのまな』の資料請求をする>>
オンライン・テキスト折衷型(講義動画 合計約3.7時間)
37,700円〜
6ヶ月〜18ヶ月間
ユーキャンの資料請求をする>>
テキスト中心型(不明)
49,000円〜
6ヶ月〜14ヶ月
キャリカレの無料資料請求をする>>
テキスト・テキスト折衷型(講義動画 合計約5時間)
38,500円〜
3ヶ月~12ヶ月
オンスク.JPの無料体験をする>>
オンライン中心型(講義動画 合計約26時間)
1,078円〜/月額
期限なし
登録販売者の通信講座比較 2021/10調べ   
※料金や期間は変更されることがあります。必ずお申し込みの前にご確認ください。

上述の資格講座について、さらに詳しくは以下でご紹介しています。

女性におすすめの国家資格

登録販売者以外にも、女性におすすめの国家資格があります。

もし、登録販売者以外でも探したい方は、こちらをご覧いただくと、自分の取得するべき資格が見えてくるかも。

女性の仕事に役立つ国家資格で、社会人からでも取得できる国家資格です。

国家資格でなくても女性におすすめの資格

国家資格ではなくとも、女性におすすめの資格はまだまだあります。

ということで、以下でご紹介していきます。

30代女性におすすめの資格のご紹介

【30代女性に人気の資格】CADオペレーター(未経験OK)

事務系の仕事をされていた or 事務系の仕事をしたい or 老後の2,000万問題が心配 ならば、『CADオペレーター』の資格がおすすめです。

CADオペレーターの求人では、年齢はあまり関係なく、『スキルを持っている人重視』。

しかも、『未経験OK』や『在宅ワークあり』など、30代からに嬉しい条件満載です。平均的に給与も高いですので、個人的には医療事務よりおすすめです。

Webデザイン(未経験OKの在宅ワーク)

在宅ワークができれば、家庭との両立も、子育てしながらでも、プライベートを大切にしながら収入を得られます。

Webデザインのソフトは感覚的なので、デザインに興味がある方なら楽しく覚えられます。

Web製作(未経験OKの在宅ワーク)

在宅ワークでガッツリ稼ぎたい方は、こちらがおすすめ。仕事単価がグッと上がります。Webデザインを学んだ後でもよいので、こちらを目指しましょう。

もちろん、Webデザインと同じく、在宅ワークですので、定年もなく老後の2,000万問題もコレで解決です。

人生やり直しを図る30代女性におすすめの資格

『20代はなんとなく働いてきたけど、このままでいいのかな?』

30代になると多くの女性が一旦立ち止まるのは、決して珍しいことではありません。

そこで、これまでと違う仕事へ『キャリアチェンジ』(未経験分野への転職)したいと思う方も、少なくありません。(私も焦ってキャリアコンサルタントの勉強を始めたのは31歳からでした。^^;)

ということで、30代女性の『人生やり直し』に役立つ資格をご紹介します。

40代女性におすすめの資格のご紹介

日本語教師

日本は少子高齢化から、すでに現在労働力不足です。そして、この傾向はさらに進みますので、日本は外国人の労働力に頼らざるおえないのです。

ということで、海外から働くために来日する外国人の方に、日本語を教える先生が足りていません。

資格取得者が少ない『今だから』、40代女性であってもブルーオーシャン(就職しやすい)です。

40代女性が未経験からキャリアチェンジできる仕事と資格

40代が未経験で転職はまず難しいです。ですが、ブルーオーシャンの業界(競合が少ない業界)を選べば、まだまだ可能性はあります。

未経験分野へ転職する場合は、必ず専門知識である資格が必要です。併せて初心者からできる『在宅ワークのおすすめ資格』もご紹介しています。

40代からでも取得できる国家資格

資格取得や転職、人生やり直すのに、『40代からじゃもう遅いんでないの?』と不安になりますよね。

でも大丈夫です。40代からでも全く遅くありません。というか、人生これからです。

なぜなら、私達40代は、多くの人が70代、80代まで働く必要があるからです。

ボイテックスライター(初心者OKの在宅ワーク)

テープ起こし(ボイテックスライター)の仕事は、比較的簡単な在宅ワークです。ですので、周辺知識を身につければ、すぐに仕事を始められます。

難易度が低い分、仕事単価はあまり高くありませんが、初心者ならこのあたりから始めてみては。

Webライター(初心者OKの在宅ワーク)

Webライティングの仕事も、人生経験が生きる仕事です。さらに、タイピングができればOKのPC初心者におすすめの在宅ワークです。

ただ、全くの素人ライターさんだと、仕事単価が低いので、あまりお金になりません。

ということで、協会認定資格を取得して、仕事単価を上げて仕事受注が稼ぐコツです。

女性に人気の資格のご紹介

【女性に人気の資格】メンタルケア心理士

心理系資格も女性に人気です。ちなみに、仕事に結びつく心理系資格は『臨床心理士』です。

ということで、ほとんどの心理系資格は、その資格のみを取得しても仕事になりませんので気をつけましょう。あくまで、ご自身のキャリアに『プラスαする資格』であるということを知ってください。

そんな中で、最近、文部科学省後援の『メンタルケア心理士』の資格ができました。これは、ヒューマンアカデミー『たのまな』でしか今の所、取得できません。

厚生労働省管轄である『ジョブカード』にも記載可能なので、今後、国が後押しする資格ということかもしれません。

【女性に人気の資格】ファイナンシャル・プランニング技能士2級

ファイナンシャル・プランナーは、民間資格と国家資格があります。国家資格については、上述でご紹介した通りです。

家計のやりくりや、マイホーム購入、税金対策など、生活に直結した資格というのも人気の理由でしょう。ちなみに転職の履歴書に書けるのは2級からとなります。

【女性に人気の資格】趣味副業系資格

ネイルやクリスタルデコレーションなど、キレイ系の資格は女性ならでは。

趣味を活かして、副業するのも楽しそうですね。どれだけ収入を増やせるかは、その方のセンスや仕事の仕方によるかと思います。

主婦に人気の資格のご紹介(未経験OK)

【主婦に人気の資格】医療事務(未経験OK)

事務系のしごと希望の主婦の方には、スキルを身につければ在宅ワークもできる『CADオペレーター』の方がおすすめです。

ですが黙々とPCに向かう仕事より、適度に人とコミュニケーションを取りたいという方は、医療事務がおすすめです。

女性の転職におすすめの資格をご紹介

【女性の転職におすすめ】MOS(Excel・Word)マイクロソフトオフィススペシャリスト

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)は、『Word』と『Excel』のソフトを使うスキルを測定する資格です。

転職では、確かに『MOS資格があるからこの人を採用しよう。』と言う決定打にはならない資格ですが、PCスキルを客観的に証明することは、採用の場面ではやはり有利になります。

また、データー入力などの事務系在宅ワークなどには、必須資格となります。

【女性の転職におすすめ】ITパスポート

MOS資格が実践的PCスキルを証明する資格などに対し、ITパスポートは『情報技術に関する基礎的な知識を証明する資格』です。

担当する業務で、情報技術を活用する立場や職種へ転職したい方に。

【女性の転職におすすめ】社会保険労務士

上述の通り、社会保険労務士は、法的に認められる書類作成や戸籍などの請求権を持つ、弁護士や税理士などと同じ特別な士業です。

資格取得の難易度は高くなりますが、取得後は転職の武器になります。当然ですが、難易度が高ければ、希少性、権威性も高くなりますので、転職がしやすくなるだけでなく、その後の待遇も収入も上がります。

女性におすすめの資格 一覧

さいごに:『登録販売者』は30代・40代から取得可能で、転職にも十分役立つ資格

いかがでしたでしょうか。30代・40代におすすめの『登録販売者』の資格について、ご紹介しました。

登録販売者の仕事は、30代・40代からでも転職しやすく、年齢を重ねても続けていける仕事です。

誰でも受験することができ、近年は資格取得者の需要が高まっているのも納得ですね。

ぜひ参考にしていただき、登録販売者の資格を取得して、転職を成功させてくださいね。

目次
クリックできるもくじ
閉じる