メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【医療事務認定実務者®】ユーキャン vs ヒューマン通信講座を比較してみました!

【医療事務認定実務者®】ユーキャン vs ヒューマン通信講座を比較してみました!

『医療事務認定実務者®』の資格取得講座って、『ユーキャン』と『ヒューマンアカデミーたのまな』の2つしかないんだ。

どっちがいいのかな?どこが違うのかな?

という疑問にお答えします。

こちらの記事の内容

『ユーキャン』と『ヒューマンアカデミーたのまな』の『医療事務認定実務者®』の資格取得講座を比較してご紹介します。

ということでサービス内容やお値段などを比較してご紹介します。

特徴が分かれば、自分に合った資格講座を選べて資格取得もラクになります。

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

『ユーキャン』の医療事務認定実務者®の通信講座紹介

それでは先に、ユーキャンの『医療事務認定実務者®』資格講座からご紹介します。

『医療事務認定実務者®』の資格は、医療事務資格の中では、入門的資格となります。

もし、転職に武器となる資格をお探しなら医療事務資格のまとめ(種類/難易度/費用/勉強期間/独学/通信講座) で、おすすめの医療事務資格講座についてご紹介してますので、そちらも参考にしてみてください。

ユーキャンの『医療事務認定実務者®』通信講座 内容一覧

スクロールできます
ユーキャン価格:49,000円 
3,300円×15回払いあり 
(教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象講座)
標準取得期間4ヶ月
(受講開始から8ヵ月まで指導あり)
教材内容メインテキスト3冊
副教材:ガイドブック・学習サポート集・試験対策問題集・添削課題集・よくわかる医療事務(DVD)
添削サポート:あり 3回
質問サポート:あり(1日3問まで)
特徴・テキストは、図やイラストでまとめられており分かりやすい。
・実務に使える資料を抜粋した「学習サポート集」が付属されている。
・医療事務のマナーや心構えや仕事についてをまとめたDVDあり。
・「就職ガイド」のテキストあり。(転職相談ではない。)
・オンラインプラスで、動画やWebテストなどのサポートあり。
在宅受験OK
無料資料請求あり
ユーキャンの医療事務講座の無料資料請求をする
ユーキャンの医療事務資格講座

『ユーキャン』の医療事務認定実務者® メリット・デメリット


ユーキャンの『医療事務認定実務者®』の資格講座は、テキストがメインです。ですので、テキストを中心に勉強したい方におすすめです。

ちなみに、スマホ利用でWebテストなどの付属などもありますが、メインの講義講座ではありません。

テキスト中心で学びたい方に

今注目のオンライン講座が苦手な方におすすめです。ネット環境がない方や、動画視聴での勉強が好きではない方におすすめです。

もし、動画メインで資格講座を受講したい方は、以下の『ヒューマンアカデミーたのまな』がおすすめです。

8ヶ月まで延長サポートあり

また、ユーキャンは4ヶ月の標準期間を過ぎても、8ヶ月までサポートを延長できるので、もしもの時にも安心。

『一般教育訓練給付制度』の利用で最大20%が支給されます。分割払いありで、8日間返品OKです。

\質問できて安心/

★ユーキャンの医療事務講座★

『ヒューマンアカデミーたのまな』の医療事務認定実務者®の資格講座紹介

ヒューマンアカデミーの『医療事務』資格講座は、主に3つの種類があります。

  1. 『医療事務認定実務者®』の資格講座
  2. 『医療事務認定実務者®』+『診療報酬請求事務能力認定試験』の資格講座
  3. 『診療報酬請求事務能力認定試験』の資格講座

こちらでご紹介するのは、❶ の資格講座です。

それでは、詳細を見てみましょう。

ヒューマンアカデミーたのまな の『医療事務認定実務者®』資格取得講座 内容一覧

スクロールできます
ヒューマンアカデミーたのまな価格:38,000円 初回4,151円 3,300円×11回払いあり 
標準取得期間3ヶ月 在籍期間・eラーニング視聴期間 6ヶ月 (延長制度あり)
教材内容
eラーニングコース
医療事務テキスト1
医療事務テキスト2
診療報酬・完全攻略マニュアル
カルテ例題集
医療事務添削問題集
添削サポート:あり 3回
質問サポート:あり(無制限)
特徴・医療事務講座の全学習内容がeラーニング(オンライン)で学べる。
・模擬試験もオンラインなので、その場で即見直しできる。
・分からない点は無制限で質問できる。
・転職サポートをヒューマンアカデミーの最寄り校舎で直接受けられる。
・テキストはスマホに全て集約可能で、いつでもどこでも勉強ができる。
・無料のオンラインセミナーに参加できる。
・万が一同じ資格講座へ申し込む場合は半額になる。
在宅受験OK
無料資料請求あり
ヒューマンアカデミー『たのまな』に資料請求をする
ヒューマンアカデミーたのまな 医療事務資格講座

『ヒューマンアカデミーたのまな』の医療事務認定実務者® メリット・デメリット


ヒューマンアカデミー『たのまな』のユーキャンとの大きな違いは、『eラーニング』も『テキスト』もメインという点です。

スマホ1つで、全試験範囲を動画視聴で学べるので、理解が進みやすいですし、挫折もしにくいといえます。

eラーニング・・・オンライン講座のこと。講義の動画視聴が可能です。スマホやPCなどインターネットが使える環境があれば、どこでも講義動画視聴できる。

スキマ時間活用で資格取得できる

スマホ1つで学べるので、スキマ時間や待ち時間など、いつでも勉強可能です。ですので忙しくても資格取得を目指すことも可能です。

もちろん紙のテキストも付属されていますので、テキストで確認しつつ、動画で本当の講義を受けるように学ぶのもあり。

転職に使えるサービスが充実

また、転職サポートがある点も大きなメリット。全国にあるヒューマンアカデミーの校舎へ行けば、相談に応じてもらうことも可能です。

無料オンラインセミナーは、資格取得後も参加可能。転職活動で最新の業界情報を収集したい場合にも、利用できますね。

\スマホで勉強できる/

★ヒューマンアカデミー『たのまな』医療事務講座★

総合判定 ユーキャンvs ヒューマンアカデミーたのまな

いかがでしょうか。『ユーキャン』と『ヒューマンアカデミーたのまな』のそれぞれの資格取得講座をご紹介しました。

大きな違いは、『テキストメインか』、『動画視聴メインか』という点ですね。

おすすめは、ヒューマンのオンライン通信講座

世の中は確実に『オンライン』で学ぶ方向へ向いています。

コロナの影響もありますが、動画視聴は『早く理解が進む』というメリットが大きい点が、最大の理由ではないでしょうか。

また、スマホ活用で、スキマ時間利用が可能なら、忙しくてまとまった時間がつくれない方でも、学ぶ時間を確保できます。

ということで、同じ『医療事務認定実務者®』の資格取得対応講座なら、『ヒューマンアカデミー『たのまな』』に軍配があがるかと思います。お値段も10,000以上お値打ちです。

ネット環境がない or テキスト中心で学びたい

とはいえ、世の中の全ての人が、スマホを持っているワケではありませんし、ネット環境が十分でない場合も。

慣れ親しんだテキストを中心とした勉強方法の方が、はかどるという方もいらっしゃるかもしれません。

また、『一般教育訓練給付制度』対象講座ですので、申請すれば、最大20%が支給されます。

ということで、の『一般教育訓練給付制度』の対象講座を選びたい方や、テキストを中心で学びたい方は、『ユーキャンの医療事務講座』がおすすめとなります。

医療事務の資格選びにお困りの方へ

今回ご紹介した『医療事務認定実務者®』は、入門的資格となります。

ちなみに、医療事務資格には、『国家資格』はなく全て『民間資格』です。

医療事務資格は、たくさんあるので、どれを選べばよいのか、分からない方も多いかと思います。

おすすめの資格は『診療報酬請求事務能力認定試験』

そんな中で、唯一おすすめの医療事務資格は、公的な機関の資格である『診療報酬請求事務能力認定試験』です。

なぜなら、『診療報酬請求事務能力認定試験』の資格は、資格取得後に手当が出たり、転職に有利になるなど、今後の生涯収入UPに役立てることができるからです。

その他の医療事務資格より、難しいと言われている資格ですが、今回ご紹介した『医療事務認定実務者®』を学んだ後、続けて勉強すればステップUPしやすいです。

2つの資格取得できる講座は、ヒューマンアカデミー『たのまな』


上述でもご紹介しましたが、ヒューマンアカデミー『たのまな』には、上述でご紹介した『医療事務認定実務者®』の資格取得と、

おすすめの『診療報酬請求事務能力認定試験』の資格取得の2つを目指す講座もあります。

もし、医療事務の仕事を続けていくなら、生涯仕事を得ていくために、最高峰の資格まで視野に入れて考えていくのがおすすめです。

\スマホで勉強できる/

★ヒューマンアカデミー『たのまな』医療事務講座★

キャリアコンサルタントから ひとこと

こちらでは、医療事務資格の入門的資格である『医療事務認定実務者®』を取得する対策資格講座を2つご紹介しました。

また、医療事務の公的色の強い『診療報酬請求事務能力認定試験』についても、少しご紹介しました。

人生100年時代に突入しました。と言われても実感はないと思いますが・・・ ^^;

人生100年時代になると具体的にどうなるかといえば、よほどの資産を持たない限り、70代〜80代まで働くことが当たり前になるということです。

私達の親世代の『60歳で定年を迎えて余生を送る』というロールモデルは、もう通用しません。

事実、国は、これまで60歳であった定年の年齢を、2025年4月からすべての企業に65歳で義務化します。

また、厚生年金の支給開始年齢は、2013年から3年ごとに1歳ずつ引き上げられており、男性は1961(昭和34)年4月2日生まれ以降の方、女性は1966(昭和41)年4月2日生まれ以降の方は65歳になります。

この流れはさらに進みます。年金が十分でないことが予想される私達は、高齢になっても働きながら収入を得ていく必要があるのです。

ということは、もし40代ならあと最低でも『30年〜40年働く』と考える方が妥当です。

ならば、とりあえずの資格取得で、とりあえずの仕事をしていては、太刀打ちできません。

また、AIの発達により、簡単な事務系の仕事は、今後さらに減ると言われています。

ですので、事務系の仕事でも、今後は高いスキルを持った人しか、生き残れない時代へ向かっているということです。

どの分野の、どの仕事をしている方でも、仕事を安定して得ていくためには、今、キャリアプランを考え直す必要があります。

また、スキルUPをし続けていく必要があります。でなければ、時代のスピードについていけないのです。

ということで、長くなりましたが、^^;

よりよく働くことは、より良い人生を送ることと直結しています。

資格取得でキャリアUPをしながら、ぜひ、次ののステップをお考えください。

こちらの記事がみなさまのお役に立てば幸いです。

医療事務の記事一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる