メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格試験の概要と取得方法

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格試験の概要と取得方法

mosの資格試験ってどんなの?

どうやって資格取得するのかな?

という疑問を解決します。

こちらの記事の内容

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格試験の概要と取得方法のご紹介。

mos資格は、PCを利用する方なら、転職のみならず、現職でも必ず役に立つ資格です。
受験資格はなく、誰でも取得可能。しかも、PC初心者ならぜひ取得したいスキルです。

もちろん、上級者に合ったエキスパート資格もありますので、どなたでもチャレンジできます。
ということで、mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格試験の概要と取得方法をご紹介します!

参考mosのオンライン講座 おすすめの資格通信講座をご紹介!

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

mos(マイクロオフィススペシャリスト)とは?資格の概要をご紹介!

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格とは、アメリカの Microsoft社の Officeアプリケーション(ワードやエクセルなど)を使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかのスキルを測定し、証明する資格です。

民間資格ですが世界共通資格であり、累計400万人が取得している、最も汎用性の高いPC資格です。

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の種類 

『Microsoft社』のソフトの種類は5種類あります。

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の種類
  1. Excel(エクセル):文書作成ソフト
  2. Word(ワード):表計算ソフト
  3. PowerPoint(パワーポイント):プレゼンテーション ソフト
  4. Access(アクセス):データベース管理ソフト
  5. Outlook(アウトルック):電子メール・情報管理ソフト

mos資格の種類(ワード/エクセル/パワーポイント/アクセス/アウトルック/エキスパート)

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格には、バージョンやレベルによって、分かれています。

受験する際は、どのソフトの資格を取得するかを決めて勉強し、検定試験を受けます。

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格 一覧

試験科目一般レベル上級レベル
(エキスパート)
Word
ワード
(文章作成ソフト)
Word 365&2019
Word 2016
Word 2013
Word 365&2019 エキスパート
Word 2016 エキスパート
Word 2013 エキスパート Part1
Word 2013 エキスパート Part2
Excel
エクセル
(表計算ソフト)
Excel 365&2019
Excel 2016
Excel 2013
Excel 365&2019 エキスパート
Excel 2016 エキスパート
Excel 2013 エキスパート Part1
Excel 2013 エキスパート Part2
PowerPoint
パワーポイント
(プレゼンテーション ソフト)
PowerPoint 365&2019
PowerPoint 2016
PowerPoint 2013
Access
アクセス
(データーベース管理ソフト)
Access 2016
Access 2013
Access 365&2019
Outlook
アウトルック
(電子メール・情報管理ソフト)
Outlook 365&2019
Outlook 2016
Outlook 2013
mos資格の種類 一覧

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の検定試験について

以下では、mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格の検定試験の情報をまとめました。

受験資格誰でも受験できる
試験日・全国一斉試験実施会場より選択→毎月1〜2回
・全国約1700の試験会場より選択→各試験会場が設定した日程(毎日)
試験地試験会場として認定したパソコンスクールや教育機関など。
費用10,000円〜13,000円程度 (受験する資格によって違う。)
試験の内容Officeのアプリケーションを使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判断する。
すべて、パソコンを使った実技試験で、結果は試験終了後に画面上ですぐに確認できる。
科目はそれぞれ1科目ごとに受験する。
【一般レベル(スペシャリスト)】
基本的な機能を効率よく利用し、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更、印刷などの作業ができる。
【上級レベル(エキスパート)】
基本的な機能を十分理解したうえで、用途や目的に応じて環境設定・データの有効活用など高度な機能を駆使した作業ができる。
【マイクロソフト オフィス マスター】
Microsoft Officeの同一のバージョンの所定科目の合格者に贈られる称号。
Office製品の複数のアプリケションを使いこなせる総合的なスキルが証明できる。
試験科目『Word』・『Excel』・『PowerPoint』・『Access』・『Outlook』でそれぞれのバージョンに分かれており、スペシャリストとエキスパートと2のレベルがある。すべてそれぞれに受験する。
合格率非公開
mos(マイクロオフィススペシャリスト)の試験情報

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は『民間資格』だけど『世界共通資格』

そして、mos『マイクロソフトオフィススペシャリスト』資格は、『民間資格』ですが、累計受験者数400万人を超える、世界共通の試験です。

それだけ、汎用性(はんようせい)が高く、認知度も高い資格といえるでしょう。

ちなみに、PC系の『国家資格』で資格取得をお考えであれば、ITパスポートとなります。

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)vs ITパスポート

転職に有利となる国家資格である『IT系の資格』をお探しなら、『ITパスポート』という資格もあります。

『ITパスポート』は、『ITリテラシー(コンピューターを操作するための知識や技術)』を証明する資格として2018年に国が閣議決定しました。

ITパスポートの試験内容

簡単にITパスポートの試験内容を以下にご紹介します。

  • テクノロジー系・・・基礎理論のアルゴリズムとプログラミングなど
  • マネジメント系・・・開発技術のシステム開発技術、ソフトウエア開発管理技術など
  • ストラテジ系・・・企業と法務、経営戦略、システム戦略など

ということで、試験内容は、『ソフトを使用するスキルを証明する資格』というよりは、情報技術を活用するために必要な『共通的基礎知識を学ぶ資格』となります。

もちろん取得すれば、転職などに使えるおすすめ資格ですが、ご自身がどのような仕事を目指すのかによって、優先順位が変わります。

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)vs『サーティファイ』

また、『Microsoft社』のソフトを使いこなす能力を測定する別の『サーティファイ』という資格もあります。

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)と比較して、どちらがおすすめかといえば、やはり、mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)となります。

理由は、転職で自身のスキルを証明するために資格を取得する場合、認知度の高い資格で、権威性のある資格を取得することが基本だから。

要するに、採用担当者が知らない資格を履歴書に記載しても、自己PRにはあまりならないということですね。

『mosの資格はいらない』と言われる理由

人によっては『mosの資格はいらないよね。』と言われる方もいらっしゃいます。
mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、司法書士などの難しい国家資格ではありませんので、権威性はないかもしれません。

また、資格保持者のみしか行えない、宅建士のような独占業務があるワケでもありません。

ですので、mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を保持することで、決定的なメリットがあるとは言い難いです。

その点において、必要ないと言っているのでしょう。
ですが、それでは、ちょっと視野が狭すぎます。

なぜなら、PCスキルは日々の仕事に直結しており、PCを使用して仕事をするならば、確実にその恩恵を受けられるからです。

mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得するメリット

では、mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を取得すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

今、転職するつもりがない方でも、実は十分な恩恵を受けられます。

まず、正しい方法で、ソフトを使うスキルが身につきますので、PCスキルが上達します。

『そりゃそうでしょ。』

と、思うかもしれませんが、

PCスキルが上がれば、PC作業での間違いが減ったり、作業時間が短くなったりするなど、仕事が『正確で早く』なります。

もう少し突っ込んで考えれば、

もし、『3分の2の速さ』で、これまでの仕事をこなすことができ、

あと『3分の1』の時間的余裕を得ることができれば・・・と考えると、リアルにメリットを感じることができるのではないでしょうか。

mosを取得すれば、一年で17日間お得!?

例えば『1時間のPC作業時間』と考えた場合、3分の1といえば、20分です。
もし、毎日20分、仕事を時短できれば、一週間として×5日なら 100分=1時間40分です。

一週間で1時間40分 × 仕事をする日数(245日)をかけると、なんと年間24,500時間=408.3時間です。408時間ということは、17日間の時間を1年間で捻出できると考えることもできます。

例えばですが、17日間有給を取得すると考えると、ご自身の約半月分のお給料と同じくらいの金額の価値があるとも考えられます。

ということで、これなら資格取得に多少のコストをかけても、十分モトは取れると断言できますね。
しかも、取得後はその恩恵を、1年間だけではなく、ずっと受けることができるワケです。

ですので、生涯を通しての労働時間からして、計り知れない恩恵があるといっても過言ではありません。

仕事でPCを使用する人ならすべての人に恩恵がある

ちょっと話が広がりすぎましたので、話をモトに戻します。^^;
その他のmos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格を取得するメリットとしては、

職種や業種に限らず、PCを使用する殆どの方が、資格取得の恩恵を受けることができる点です。
PCを全く触らない仕事は今や少数。ワードやエクセルは、ほぼどの企業や職種でも使用します。

ですので汎用性の高い mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、どの職種、業界へ転職するのにもPRになります。そして取得して損をするということはありません。

権威性を持ったmos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格なら上級レベル(エキスパート)を

試験科目一般レベル上級レベル
Word
(文章作成ソフト)
文字サイズやフォント変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方
スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方
Excel
(表計算ソフト)
数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方ピポットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

もし、もう少し、PCスキルを持っていることをしっかりPRしたい方でしたら、上級レベルである『エキスパート』を取得するのがおすすめです。

さらに、MOSの同一バージョンで規定の計4科目に合格することができれば、『マイクロオフィススペシャリスト マスター』の称号を得ることができます。

『マイクロオフィススペシャリスト マスター』なら、『Microsoft社』のOffice製品の複数のアプリケーションを使いこなすことができる総合スキルが証明できます。

現職でも、転職でも、ご自身の武器になることは間違いありません。

在宅ワークで副業にもmos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は役立つ

今や、PCを利用して副業をするのは当たり前の時代になってきました。
一般企業の正社員であっても、副業を推奨する企業も増えています。

もちろん、お子さんがまだ小さいママさんや、時間の自由がきかない主婦の方なども始める方が増えています。

そんな場合もやはり、客観的なPCスキルを証明するmos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格は役に立ちます。

なぜなら、在宅ワークはPCを使ってする仕事や作業が主流だからです。

参考主婦向け【初心者の在宅ワーク】安全おすすめ求人サイト13選 体験談あり

mos資格はPCスキルを証明するために必要な資格

繰り返しますが、mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格は、自身の『ソフトを使いこなすスキルを証明する資格』です。

在宅ワーク初心者の場合もmos資格が役立つ

例えば、クラウドソーシングで事務の仕事を受注する際、mos(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格があれば、収入に直接結びつきます。

なぜなら、お互いを全く知らない者同士がネット上で、仕事を発注、受注を行うため、このような客観的に自分のスキルを証明できる資格が必要なのです。

例えば、『PCスキルはエクセルとワードが使えます。』という提示だけなのと。

『マイクロソフト オフィス スペシャリスト Excel 2016 Expert と Word 2016 のどちらも取得しています。』と提示するのと、

あなたなら、どちらに仕事をお願いしたいと思いますか?

資格は、たとえワザワザPRしなくとも、『自分のスキルを証明するもの』、また、『相手からの信用を得るもの』として、重要な意味を果たします。

ということで、幅広く、今後『PCスキルを証明できる』ということが、ご自身の人生に有効であるといえるのではないでしょうか。

参考初心者の【在宅ワーク】なら『MOS資格』がおすすめその理由とは?

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の取得方法

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格のメリットが見えてきたところで、次は具体的にどのようにして取得していくかということを見てみましょう。

勉強期間 mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格

練習用のパソコンソフト付きのテキストが市販されており、独学も可能です。
勉強する方の基礎スキルによって、学習期間が異なりますが、一般的には1〜3ヶ月程度です。

ただし、初心者の方は5ヶ月〜8ヶ月ほど、見積もっておきましょう。

資格の費用 mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格

以下は、おおよその参考価格を学び方で分けて、記載してみました。
ハローワークは、10,000円台の資格講座もありますが、受講するコースによりますので値段が上下します。

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格講座のおおよそ費用
  • 独学・・・テキスト代 5,000円前後
  • 通学・・・資格の大原 31,500円 アビバ 34,800円
  • 通信講座・・・ヒューマンアカデミー 19,690円 ユーキャン 29,000円
  • ハローワーク・・・10,000円〜50,000円程度(コースによる)

独学の資格取得方法 mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格

独学の場合は、テキストを利用して自宅のPCで勉強します。
また、最近はYou Tubeでも動画視聴できるので、参考にしてみるのもよいかもしれません。

ただし、You Tubeの内容の質は、かなり幅があります。

さらに、内容が正しい情報かというのも保証されているものではありませんので、自己責任でということになります。^^;

とはいえ、一番手軽で低コスト。
すでにある程度のPCススキルがある方は、テキスト本と、You Tubeを使って、独学でOKかもしれません。

勉強法について

mosの試験は、パソコンの技能を評価するものですので、操作をどれだけ早く正確にこなすかで合否が決まります。

ですので、パソコン操作技能を何度も練習することで合格に近づけます。

参考mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の独学におすすめのテキスト本14選

初心者は独学は大変!? mos(マイクロオフィススペシャリスト)

ただし、PC初心者の方は、文字テキストを読んで理解し、さらに慣れないPCソフトを操作するのは、かなり大変です。

その場合は、やはり人に直接レクチャーを受けながらがおすすめです。

パソコンのオンライン講座

ですが最近はもっとお値打ちに、在宅で勉強できる通信の資格講座にオンライン講座ができました。

通学するのは、社会人にはやはり大変です。しかも一番高額に。

ということで、『在宅で勉強できる』しかも『何度も繰り返し説明を視聴できる』ので、オンライン講座が、忙しい方にも学びやすく、低価格でおすすめです。

おすすめmosオンライン講座をご紹介

参考mos資格の独学なら 初心者におすすめの勉強法をご紹介!

ハローワークの職業訓練での資格取得方法

ハローワークにもPCスキルを学ぶ資格講座があります。ただし、ちょっと注意しなくてはいけません。

それは、ご自身が資格講座を申し込むハローワークの資格講座に、希望の資格講座があるとは限らないからです。

また、ハローワークの職業訓練で資格取得した場合、取得資格に関する仕事に就かなくてはならないなど、条件もありますので、そのあたりがクリアできる方に限ります。

残念ながら、ハローワークの職業訓練であっても無料ではありませんので、しっかり検討する必要があります。

参考使わなきゃ損です。ハローワーク活用術(キャリアコンサルタントがご紹介)

通信資格講座の取得方法

ハローワークに比べて、通信資格講座は何の制約もなく、在宅で勉強できる点がメリットです。

また、以下でご紹介する、ヒューマンアカデミーのmos資格講座なら、オンライン対応もしているので、スマホで動画視聴しながら学べます。

もちろん、You Tubeのように内容を精査する必要もないので、安心して学ぶことができます。

これなら、通学で勉強するのとほぼ変わらずレクチャーを受けることができますし、苦手なところは、何度でも繰り返し視聴できます。

おすすめのヒューマンアカデミーの MOS資格講座のご紹介


ヒューマンアカデミーは、全ての試験範囲を動画で学べるオンラインの通信講座です。
ちなみに、ユーキャンの場合は、動画講義が試験範囲全てに対応していません。

テキストを読んで理解しようとするより、動画を見れば一目瞭然。
PCが得意でない人ほど動画視聴がおすすめです。

通学よりお値打ち&在宅で勉強できるのも嬉しいポイント。
その他の特徴は以下の通りです。

もちろん『無料資料請求』や『デジタルパンフレット』もあります。

ヒューマンアカデミーのMOS資格講座の特徴
  1. オンライン講座の内容が充実している。(分からないところを繰り返し見られる。回数制限なし)
  2. 全試験範囲を網羅した講義動画。
  3. 操作方法が分からないときは質問サポートで解決できる。
  4. mos資格の試験内容に沿っているから安心して学べる。
  5. 通学講座や他社の通信講座より、講座によってはハローワークの職業訓練より安い。
  6. もしパソコンがない方でも、ヒューマンアカデミーの教室でパソコンを借りて使うことができる。
  7. 転職サポートがある。
  8. 無料でWindows入門講座・Mac入門講座を受けることができる。

まとめ

いかがでしたでしょうか。mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格の試験概要や、取得方法についてご紹介しました。

PCスキルを証明する資格は、転職や在宅ワークで有利になります。まら、正しい方法でソフトの操作ができれば、かなり、PC作業が早く正確になりますので、取得する価値ありといえます。

とりあえず独学でしてみて、もし難しいと感じた方の場合は、オンライン講座を考えてみるとよいかもしれません。

ぜひ参考にしていただき、資格取得をして次のステップへ進んでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる