メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の独学におすすめのテキスト本14選

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の独学におすすめのテキスト本14選

mos資格の独学におすすめの、参考書やテキスト本をご紹介します。

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格は、2つの『レベル』と、いくつもの『バージョン』に分かれています。

ということで、先に取得する『レベル』と『バージョン』を決めましょう。

まずは、テキスト本をご紹介する前に、mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の『レベル』と『バージョン』一覧からご覧ください。

参考mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格試験の概要と取得方法

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格一覧

独学のテキスト本を選ぶには、、WordやExcelなど、どのアプリケーションソフトにするのかを確認してみましょう。

初心者の方へ

すでにパソコンに入っているOfficeのアプリケーションソフトがあるなら、バージョンを先に確認しましょう。

初心者の方は、スペシャリストから始めます。

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格 『レベル』と『バージョン』一覧

試験科目一般レベル
(スペシャリスト)
上級レベル
(エキスパート)
Word
ワード
(文章作成ソフト)
Word 365&2019
Word 2016
Word 2013
Word 365&2019 エキスパート
Word 2016 エキスパート
Word 2013 エキスパート Part1
Word 2013 エキスパート Part2
Excel
エクセル
(表計算ソフト)
Excel 365&2019
Excel 2016
Excel 2013
Excel 365&2019 エキスパート
Excel 2016 エキスパート
Excel 2013 エキスパート Part1
Excel 2013 エキスパート Part2
PowerPoint
パワーポイント
(プレゼンテーション ソフト)
PowerPoint 365&2019
PowerPoint 2016
PowerPoint 2013
Access
アクセス
(データーベース管理ソフト)
Access 2016
Access 2013
Access 365&2019
Outlook
アウトルック
(電子メール・情報管理ソフト)
Outlook 365&2019
Outlook 2016
Outlook 2013
mos資格の種類 一覧

取得するmos資格のバージョンは決まりましたか?

ということで、次にアプリケーション別におすすめのテキスト本をご紹介していきます。

mos資格の独学におすすめのテキスト本14選

mos資格 Word

MOS Word 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター) 

基礎と実践を1冊で学べるテキストです。模擬試験プログラムや学習に必要なデータをダンロードできます。

Microsoft Word 2016 基礎

初心者におすすめの、キホンの『キ』からはじめるテキスト本です。

30レッスンで絶対合格!MOS Word 2016 テキスト+問題集

CD-ROM付きで模擬試験を受けられます。段階的に優しいものから学ぶので勉強しやすいです。

mos資格 Excel

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集

出題範囲の機能すべての解説と実習を網羅しています。解説後に確認テストがあり、1つ1つ身につけながら進めます。

エクセル兄さんが教える 世界一わかりやすいMOS教室

PCが苦手な方の初学者向けです。こちらのみではmosの試験対策にはなりませんので問題集が必要となります。

できるExcel 2019 Office 2019/Office 365両対応

基礎から実践的な内容まで対応しています。25年続く『できるシリーズ』です。

mos資格 PowerPoint

今すぐ使えるかんたん PowerPoint 完全ガイドブック 困った解決&便利技

パソコンの基本操作からテクニックまで、丁寧に掲載されています。

MOS PowerPoint 365&2019 対策テキスト&問題集 (よくわかるマスター)

MOSに合格するための実践をつめるテキストです。

MOS攻略問題集PowerPoint 365&2019

MOS試験の出題範囲を網羅。練習問題と模擬テストを解きながら、合格に必要なスキルを身に付けることができます。

mos資格 Access

Microsoft Office Specialist Microsoft Accsess 2016 対策テキスト&問題集

新しいMOS 2016の試験形式「マルチプロジェクト」に対応した模擬試験プログラムあり。

(無料電話サポート付)できるAccess 2019 Office 2019/Office 365両対応 

いちからAccessを知りたい人でも分かりやすい。こちらで学んでから、mosの問題集を。

よくわかる Access 2016 基礎

教えるプロ集団が「インストラクショナル・デザイン(教育設計)」にもとづき、考案した内容となっていてしっかり学べます。

mos資格 Outlook

(無料電話サポート付)できるOutlook 2019 Office 2019/Office365両対応

電話のほか、メール、FAXなどでも質問を受け付けているので、初心者の強い見方です。

今すぐ使えるかんたん Outlook 2016

基本操作から活用、管理までを丁寧に説明しています。初心者におすすめの1冊。

mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格試験について

以下では、mos(マイクロオフィススペシャリスト)の資格試験について簡単にまとめました。
まだ試験について、確認なさっていない方は、参考にご覧ください。

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の試験について

受験資格誰でも受験できる
試験日・全国一斉試験実施会場より選択→毎月1〜2回
・全国約1700の試験会場より選択→各試験会場が設定した日程(毎日)
試験地試験会場として認定したパソコンスクールや教育機関など。
費用10,000円〜13,000円程度 (受験する資格によって違う。)
試験の内容Officeのアプリケーションを使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判断する。
すべて、パソコンを使った実技試験で、結果は試験終了後に画面上ですぐに確認できる。
科目はそれぞれ1科目ごとに受験する。
【一般レベル(スペシャリスト)】
基本的な機能を効率よく利用し、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更、印刷などの作業ができる。
【上級レベル(エキスパート)】
基本的な機能を十分理解したうえで、用途や目的に応じて環境設定・データの有効活用など高度な機能を駆使した作業ができる。
【マイクロソフト オフィス マスター】
Microsoft Officeの同一のバージョンの所定科目の合格者に贈られる称号。
Office製品の複数のアプリケションを使いこなせる総合的なスキルが証明できる。
試験科目『Word』・『Excel』・『PowerPoint』・『Access』・『Outlook』でそれぞれのバージョンに分かれており、スペシャリストとエキスパートと2のレベルがある。すべてそれぞれに受験する。
合格率非公開
mos(マイクロオフィススペシャリスト)の試験について

資格の勉強にかかる期間

資格取得にかかる期間は、その方の持っているPCスキルによりますが、一般的には1〜3ヶ月です。ただし、初心者の方は5ヶ月〜8ヶ月ほど、見積もっておきましょう。

勉強法について

mosの試験は、パソコンの技能を評価するものですので、操作をどれだけ早く正確にこなすかで合否が決まります。

ですので、パソコン操作技能の練習量が大切です。

参考

mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格を取得するメリット

民間資格ですが、世界共通資格で知名度が高く、一定のパソコンスキルがあることを客観的に証明できます。そのため、転職に役立ちます。

また、身につけたスキルが、Microsoft社の製品でそのまま使える実践的な資格のため、日々のPC作業時間が短縮できます。

今後、一般企業でも、在宅ワークでもPCを使用した職務、職種、作業が確実に増えるため、mos資格を取得すれば、生涯においてスキルUPと資格取得の恩恵を受けることができます。

資格取得後に有利な業界は?

業種、業界を問わず、特に事務能力を重視する仕事では評価される資格です。

また、クラウドソーシングなどの在宅ワークや、登録派遣社員として働く場合、スキルを証明ができるため、仕事受注に有利になります。

参考主婦向け【初心者の在宅ワーク】安全おすすめ求人サイト13選 体験談あり

次のステップとして、取得するべき資格は

mosの資格は、IT資格というよりは、PCの事務能力スキルを証明する資格です。
引き続き事務能力をUPしたいなら、ビジネス・キャリア検定や簿記検定などとなります。

また、情報リテラシーを向上させる資格ならITパスポートとなります。

参考働く女性におすすめの国家資格『ITパスポート』

初心者の方のおすすめの独学勉強法

ある程度パソコンに慣れている方の場合は、テキスト本使用しての独学でよろしいかと思います。

ただし、パソコンに慣れていない方が、資格取得の勉強をいきなり始めとなると、ハードルが上がります。

そのため、パソコンの設定や操作方法がテキストを読んでも分からない場合に、フォローしてくれる体制がないと、勉強が進まず挫折します。

ということで、その解決方法を、mos資格の独学なら 初心者におすすめの勉強法をご紹介!でご紹介していますので、お困りの方は参考になさってみてください。

mosのオンライン講座紹介

まとめ:mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の独学におすすめのテキスト本10選

いかがでしたでしょうか。mos(マイクロオフィススペシャリスト)資格の独学におすすめのテキスト本をご紹介しました。

mosの試験対策でテキスト勉強するなら、基礎を学んだ後、問題集を繰り返ししましょう。もし、分からない場合は、問題ごと解き方を覚えてしまうのがおすすめです。

PC操作は、学ぶことも大切ですが慣れも大事です。繰り返しやってみましょう。

ぜひ、こちらを参考にしていただき、希望のmos資格を取得してくださいね。

mosが 在宅ワークに必要なワケ 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる