メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

【40代女性】面接の『自己紹介』と『自己PR』の違いと『おすすめの言い方』

こちらでは、『自己紹介』と『自己PR』について、それぞれの違いと、その使い分けについてご紹介します。

40代女性ならではの注意点も交えてご紹介します。ぜひ、参考にご覧ください。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
今年50歳になりました!

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく

面接に自信のない方向けのオンラインレッスンのご紹介

元リクルート執行役員や人材戦略における官公庁委員が監修。確立されたノウハウがあるから、再現性高く成果を出すことができます。

ライフシフトラボ

\ソニー・丸紅・NTTドコモ・リコーなどで実績あり /

無料の個別説明会 参加の申し込みページへ


タップできる目次

40代女性の面接で『自己紹介』と『自己PR』は何のために聞かれるの?

転職の面接によっては、『自己紹介』や『自己PR』を聞かれることがあります。(もちろん聞かれないこともありますが ^^;)

では転職の面接場面で『自己紹介』や『自己PR』を、面接者はなぜ、あえて聞くのでしょうか?

その意図は、

あなたがどんな人物かを、話し方や表情、話題にする内容から、読み取りたいと考えているのです。

ですので、話す内容をもちろん予習しておく必要がありますが、それ以外の『話す練習』、『表情の練習』も併せてしておく必要があります。

書類審査を通過したということは、あなたは、一定の基準を満たしているということ。

面接は、応募書類ではわからない人柄や、仕事への意欲会社への適性、書類内容の信憑性などを知るために行われるものです。

その辺りも理解してのぞみましょう。

「自己紹介」と「自己PR」のちがいとは?

では『自己紹介』と『自己PR』この2つの違いは何でしょうか?

簡単に言えば、

  • 自己紹介・・・あなた自身にスポットを当てて答える。
  • 自己PR・・・あなたの仕事での強みをアピールする。

ですので、似ていますが違います。

ということで、次で40代女性の『自己紹介』と『自己PR』の『おすすめの言い方』と『ポイントや注意点』を、それぞれご紹介します。

40代女性の『自己紹介』 おすすめの言い方

まずは、おすすめの自己紹介の仕方からご紹介します。

『自己紹介』ではありますが、必ず今回の応募に触れましょう。

自己紹介の具体的内容は、

挨拶(お礼)から入り、名前を名乗ってから、簡単な『志望動機』や『入社意欲』を1~3分程度にまとめ、最後に結びで終わります。

内容が、なぜ『志望動機』と『入社意欲』限定か?というと、

40代ともなると、あれこれ盛り込むと、どうしても長くなってしまうからです。

そして、今回の応募に関することから少しでも逸れると、『的を得ていない。』と判断される恐れも。

ですので、40代女性の場合の『自己紹介』は、応募した会社や仕事に対して、『志望した動機』を述べた方が、失敗がないのです。

また、『志望動機』に加え、『入社意欲』を付け加えれば好印象に。

さらに最後に『本日はどうぞよろしくお願いします。』(結び)で終われば、スッキリした印象になります。

  1. 挨拶(お礼)
  2. 名前
  3. 志望動機
  4. 入社意欲
  5. 結び

40代女性『自己PR』 おすすめの言い方

自己PRは、自己紹介に比べ、さらに具体的な仕事についてのアピールをすることになります。

『自己PRをお願いします。』と言われたら、

挨拶や名前などは必要ありません。職務内容に対して、自分が力を発揮できる点、強みなどを言います。

40代女性の『自己PR』ポイントは、職務経歴書と連動させること。

ですので、先に送付する職務経歴書に、それぞれその職務で得たスキルや実績、今回の応募企業で役立たせることのできる『自己PR』を、項目を作ってまとめて記入しておきましょう。

職務経歴書の書き方については、【職務経歴書】40代女性転職に おすすめの書き方をご紹介!で詳しくご紹介してますので、参考にしてみてください。

この方法であれば、職務経歴書には、面接者も事前に目を通していますので、理解を得やすいのです。

また、自分自身も職務経歴書でまとめたことに沿って話すので、分かりやすく相手に伝えることができます。

40代女性の『自己紹介・自己PR』注意点

『自己紹介』も『自己PR』も、注意点はとにかく簡潔に終えること。

ですので自己紹介は、1〜3分ほどに収まるよう、事前にまとめて言えるようにしておきましょう。

5分以上話すと、話をまとめられない、『要領を得ない人』という印象を与えてしまいます。

40代女性の面接で知っておきたいこと

40代女性の転職では、それ以外にも面接で気をつけたいことが諸々あります。

40代女性がしやすい面接での失敗は『油断』です。

なぜなら、筆者自身その油断によって失敗しているから。例えば、『基本の面接の流れ』は、確実に理解しておきたいですね。

詳しくは、40代女性【転職面接】流れとマナー でご確認ください。

また、就職面接に生活感は御法度。40代ゆえに『服装と身だしなみ』も、かなり重要です。

具体的な選ぶべきスーツやインナーについてもご紹介してますので、40代女性【転職面接】おすすめスーツと注意点を参考にしてみてください。

面接に自信のない方向けのオンラインレッスンのご紹介

面接に自信のない方は、40代〜に特化したオンラインビジネススクールで、人材業界に精通するキャリアコーチにマンツーマンでパーソナルトレーニングをお願いするのもおすすめです。

元リクルート執行役員や人材戦略における官公庁委員が監修。確立されたノウハウがあるから、再現性高く成果を出すことができます。

ライフシフトラボ

\ソニー・丸紅・NTTドコモ・リコーなどで実績あり /

無料の個別説明会 参加の申し込みページへ

40代女性のその他の転職情報

ということで、その他にも、40代の女性の転職面接で気をつけたいことを、以下でまとめてご紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。

40代女性におすすめの国家資格

採用を勝ち取るためには、40代の場合、資格と経験がセットです。

そして、採用担当者が知っているできるだけ知名度のある、また持っていることで採用に有利な資格が必要。それが国家資格です。

40代ともなると、今から学校はムリとか、金銭的にそんなに余裕がないとか、勉強の仕方忘れたとか(笑)色々ありますよね。

ということで、できるだけ簡単に取得できる国家資格を集めました。もちろん40代から取得して役立つ資格です。

まとめ:【40代女性】面接の『自己紹介』と『自己PR』の違いと『おすすめの言い方』

いかがでしたでしょうか。再就職の面接での『自己紹介』と『自己PR』について、40代女性ならではのポイントや注意点も交えてご紹介しました。

面接での『自己紹介』や『自己PR』は、とにかく『自分を売り込む』という気概が必要です。

謙虚さももちろん大切ですが、就職の面接に限っては、アメリカ人(?笑)になったくらい主張した方がよいです。

ぜひ参考にしていただき、採用を勝ち取ってくださいね。

40代女性の面接に使えるビジネスアイテム 記事一覧

  • URLをコピーしました!
タップできる目次