メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【40代女性の面接】志望動機の答え方

志望動機って、40代女性の面接ならなんて答えるべき?

という疑問にお答えします。

本記事の内容

40代女性の転職・再就職の場合の志望動機の答え方とポイント。

求人を探していて『お、ここいいじゃん。』と思って応募したけど、いざ面接となると、『志望動機って、どう言えばいいんだろ?』

なんてことありませんか?

私も経験あります。(笑)

というこで、志望動機のポイントと答え方についてご紹介します。

参考【40代女性】おすすめ「転職サイト・転職エージェント」ランキング

私が書きました
sophy 
(ソフィー)

キャリアコンサルタント【国家資格保有】

(厚生労働省 ジョブ・カードアドバイザー)
産業カウンセラー【資格保有】

企業で、人事・スタッフ育成を担当したことから30代でキャリアコンサルタントの資格取得。その後、40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫のショップ運営に携わりつつ、労務管理を担当しています。

クリックできる目次

志望動機は何を意図して聞かれるのか?

志望動機は、『何を意図して聞かれるのか?』

まずは、ここを押さえておきましょう。

さて、採用担当者は、転職面接でなぜあなたに『志望動機』を訊ねるのでしょうか?

志望動機の聞かれる理由

志望動機を面接の際に聞かれる本当の意味とは、要するに

『ウチの会社のことを褒めてみてください。』ということなんです。

『は?どういう意味?』ですよね。^^;

どういうことかというと、『志望動機』というのは、『あなたが応募企業を希望した理由』です。

ということは、『志望動機を教えてください。』の質問の裏側には、採用担当者の、

あなたがウチの会社で働きたいって希望するってことは、ウチの会社にいいところがあると思ったからでしょ?

そこ、教えてよ。

ってことです。

『あなたが思った会社のいいところを述べる』ワケですので、『会社を褒める』ということと同じになるのですね。

志望動機には何が必要か?

『志望動機』とは、『応募企業を褒めること』ということが、分かったところで。

次に考えるべきことは、

『応募企業をよく知ること』です。

なぜなら、情報を持っていなければ褒めることができないからです。

当たり前ですが、知らないことは語れません。

ということで、応募企業のことをよく『調べること』が必要となります。

志望動機に必要な情報収集の内容

志望動機を答えるためには、応募企業の情報を持っていなければ、答えられません。

では、応募企業の情報とは、どんなことを知っておけばいいのでしょうか?

当たり前ですが、まずは会社概要を押さえましょう。

会社概要とは、ざっと挙げると以下のような内容になります。

  1. 事業内容:何から利益を得ている会社か?
  2. 会社の特色:同じ業界の他社の比べて、特徴的なこと。例えば、業界初で〇〇の仕組みを取り入れたとか。
  3. 創立年度:老舗か新参か?なぜ、老舗になるほど長く続く会社なのか?新参なら新しいビジネスモデルだったり、これから伸びる業界だったりしないか。
  4. 従業員数と年齢層と男女比:会社の規模や社風が分かります。
  5. 社長の年齢と理念:HPで必ずチェックすること。社長の年齢やどの世代かで、その会社で大切にされる価値観が全く違います。理念に何を上げているかで、その会社が何に重きを置いているのかも分かります。
  6. 支店・営業所・子会社・系列会社の情報:どこに支店があるのかで、どのエリアに強いのかや、力を入れているのかも分かる。どんな子会社を持っているのかで、どのような方向で会社を展開してきたか?また、この先の展望も予想できる。
  7. 株主:株主が会社の最高権限者です。これも会社によりけりです。社長や役員が株主の場合もありますし、上場会社なら、個人株主が一番保有比率が高いことも。基本的に会社は最高権限者の方を向いて経営します。
  8. 主要取引先:安定性や、業界での立ち位置が分かります。
  9. 業績:なぜ上がっているか、なぜ下がっているか?同じ業界の中ではどうか?
  10. 福利厚生や給与:同業界の平均的な福利厚生や給与と比べてどうか?育児休暇の利用度などをみれば、どの程度女性が働くことに理解がある会社かということも予測できます。
  11. 自己資本率:経営の健全性が分かる。30%以上なら健全です。

内容を読んでいて、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも上述の内容は、応募企業を選ぶ際に調べておくことですよね。^^;

もし、調べてみて今、『なんか違った!』と思ったら、面接を辞退するのもアリですよ。

辞退することが決まっている面接をワザワザ受けることは、たくさんの人に迷惑をかけることになりますので。

情報収集の仕方

情報は、やはり応募企業のホームページが基本です。

また、求人にアピールポイントとして掲載している場合もありますので、そちらもチェックしましょう。

あとは、会社四季報やSNS、応募企業のお店に足を運ぶ、応募企業が出版している書籍を読むなど、情報収集をしてみましょう。

※ SNSはタイムリーな内容です。そんな点にも、触れつつPRができると好印象です。

40代女性の面接での志望動機の答え方

志望動機とは、あなたが集めた応募企業の情報を元に、『その会社を褒めることである』ということを理解していただけましたか?

また、上述した会社概要のポイントを、ホームページや、会社四季報、SNSなどから情報を収集し、それを元に志望動機を答えるというところまでご紹介しました。

って言われても、

『具体的にどんな感じで言えばいいのかピンとこない。』という方もいらっしゃると思います。

具体的には、以下の3つの点のポイントがあります。

  1. 商品(サービス)にひかれた
  2. 会社の事業にひかれた
  3. 経営方針にひかれた

少し回答例を挙げてみます。

商品(サービス)にスポットをあてた回答例

志望動機回答例

御社の『レンタル無料サービス』に大変感銘を受けました。

なぜなら〇〇の業界では、他にはない試みだからです。

特に、お客様の利便性と負担を減らすことに重点を置いた点が、お客様に選ばれる理由だと思います。

ぜひ私も、〇〇業界で得た〇〇の経験を活かし、御社の〇〇の点でお役に立つことができればと思い応募いたしました。

いかがでしょうか?

上述の例では、応募企業が具体的にどのようなサービスを展開していて、なぜそのサービスが人気なのか?

ということを、知っていなければ、述べることができませんね。

40代転職での志望動機の答え方ポイント

40代転職での志望動機での答え方ポイントは、応募企業を褒めた後、必ず自分の経験と結びつけ、『だから応募して、貢献したいと思った。』という流れにすることです。

例えば、応募企業の経営方針なり、事業内容なり、何かしらの点で『良いと思った。』『素晴らしいと思ったから応募した。』

では、『新卒の志望動機』になってしまうからです。

40代だからのポイント

40代の転職の場合は、経験と即戦力をアピールすることが鉄則です。

ですので、志望動機の最後には、『こんな点で貢献したい。』とか、『こんな点でお役に立ちたい。』などを入れてアピールすることが大切です。

そうすることで、採用担当者は、あなたに対して、

『自分の会社をしっかり理解しており、さらに役に立ってくれそうな人物だ』

と感じてもらうことにつながります。

さいごに:志望動機は趣旨が分かれば、回答例を探し回ったり、暗記する必要はないのです。

いかがでしたでしょうか。40代の面接での志望動機について、ご紹介しました。

繰り返しますが、志望動機は、趣旨が分かれば、回答例を探し回ったり、暗記する必要はないのです。

そして、どの業界でも、今回ご紹介したことは使えます。

ちょっとだけ、新卒や経験の少ない20代とは戦略が変わりますが、基本的に大切なことは同じです。

ぜひ、参考にしていただき、次の転職面接、成功させてくださいね。

私の経験が皆様のお役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる