メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。

30代女性だからこその面接対策のポイントとは?

こちらでは、30代女性が転職面接を受けるための対策についてご紹介します。

30代女性の面接対策は、一般の中途採用の面接対策と同じです。

とはいえ30代女性ならではのポイントというと、20代と少し変わってきます。

ということで、30代女性ならではの面接対策ポイントについてこちらではご紹介します。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
50代目前のアラフィーです。

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく

タップできる目次

30代女性だからこその面接対策 ポイント

同じ30代女性であっても、人により随分置かれている環境が変わります。

バックグラウンドの開きが大きくなり始めるのが30代頃からとなります。

例えば「独身の方」と「既婚者」、「子持ちママ」の場合では同じ転職でも、随分仕事へのスタンスが変わってきます。

転職にそのバックグラウンドが影響するのは女性ならではと言えます。

もちろん 基本的な面接対策 はどの世代も男女伴に同じ。

30代女性だからこその面接対策ポイント

ですが、このバックグラウンドに開きができ、仕事へのスタンスが大きく変化する年代だからこそ、しっかりとしたキャリアビジョン(仕事の上での目標や展望)をしっかりと面接で主張することが重要と言えます。

そして、そのキャリアビジョンを可能にするために、具体的なキャリアプランをしっかり持ち、明確にPRすることが30代女性ならではの面接対策ポイントとなります。

キャリアビジョンを明確にする

キャリアビジョンとは、平たく言えば、この先の仕事の上での目標や展望ということです。

なぜ30代女性の面接対策に特にキャリアビジョンが重要かというと、

社会人経験がそれなりにあり、またその先も長いからです。

これはライフイベントに左右されやすい、女性だからこその面接対策とも言えます。

例:30代女性の面接での質問

30代女性の面接では例えば、

「ご結婚の予定はありますか?」

「ご出産の予定はありますか?」

など、独身でも既婚であって質問されることがあります。

この質問の裏には、「採用したら自社で長く働いて欲しい」という採用者側の思いがあります。

さらに「結婚」や「出産」などのライフイベントによって、すぐに辞めてしまう可能性がないかという危惧でもあります。

だからこそ、明確なキャリアビジョンを面接では示す必要があるのです。

memo

採用担当者が「労働条件などに問題はないか」という点においての確認する意図もあります。

明確なキャリアビジョンを示すメリット

この場合の回答としては、詳細を答える必要はありませんが「結婚や出産があっても長く仕事に従事していきたい。」という姿勢を見せることが大切です。

もちろん、そのような質問がないこともありますが、どちらにしても「明確なキャリアビジョン」を示すということが重要なのには変わりありません。

また、このキャリアビジョンを使って、志望動機へ転換させることも可能です。

ということで、面接対策の基本を押さえる意味でも、しっかり考え、面接で述べられるようにしておきましょう。

キャリアビジョンを明確にするメリット
  1. ライフイベントがあっても仕事を続ける意向を示すことにつながる。(ライフイベントが一般的に多い30代女性だからこそ多世代や男性より重要。)
  2. 採用後に実現できるキャリアと、本人が描くキャリアにミスマッチがないかを双方が確認できる。
  3. DX時代に求める人材であるPRになる。

1,ライフイベントがあっても仕事を続ける意向を示すことにつながる

明確にキャリアビジョンを述べられると、採用担当者の評価としては、「少しの困難があってもねばりずよく頑張ってくれそうだ。」という評価に流れやすいのです。

2,採用後に実現できるキャリアと、本人が描くキャリアにミスマッチがないかを双方が確認できる

さらにそれ以外の理由としては、「自社で採用後に実現できるキャリアと、本人が描くキャリアに大きな違いがないかを見極めたい」という理由もあります。

もし、その点にミスマッチがあれば、やはり双方に良い結果にはならないため、採用は遠のきます。

3,DX時代に求める人材であるPRになる

またDX時代においては、「何が問題かを定義し、その解決方法を考え、実行できる能力」を持った人材を求める企業が増えています。

ですので、自身の目標を設定し、具体的に何が必要かを語れ、そのためにどのような行動をしているかを面接で述べることが、高い評価を得ることにもつながります。

働きやすい会社であるか?あなたもチェックを

もちろん働く側としても、結婚や出産、子育てなどをしながらでも仕事を続けていくことができる企業であるか?

という視点で、応募企業をチェックしておくことも大切です。

ですので、逆に面接で「何か質問はありますか?」という質問があった場合、

「子育てをしながら働いていらっしゃる方は、どのくらいいらっしいますか?」など

こちらから投げかけてみるというのも、おすすめです。

返答があいまいなら、子育てとの両立は難しい会社なのかもしれません。

キャリアビジョンはどうやってつくる?

そこで次に疑問に思うことは、

「キャリアビジョンが重要なのは分かった。でもそれってどうやってつくるの?」

ということではないでしょうか。

そんな場合は、1年後、3年後、5年後それぞれで、これまでの経験から導き出せる目標を出してみましょう。

それには、自己理解が必要ですし、自分の市場価値も知っておく必要があります。

もしわからない場合は、厚生労働省のサイト「ジョブ・タグ」を使って、「自分の経験の棚卸し」や、「仕事理解」をすることができます。

【厚生労働省 情報提供サイト】

職業について、内容、就労する方法、求められる知識・スキルや、どのような人が向いているかなどが総合的にわかるサイトです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は30代女性ならではの面接対策についてご紹介しました。

キャリアビジョンを明確にすることは、どの世代でも重要です。

ですが、特にライフイベントが増える年齢として世の中一般では見られているため、採用の場でもそのあたりは危惧されることが多いということで、ご紹介しました。

その他にも、採用後に実現できるキャリアと、本人が描くキャリアにミスマッチがないかを双方が確認できるという意味で質問されることもあります。

さらに、DX時代に求める人材であるPRになるもなります。

ぜひ参考にしていただき、採用を勝ち取ってくださいね。

こちらの記事がみなさまのお役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次