メニュー

女性に人気の資格

女性が働きやすい仕事に必要な資格をピックUPしました。


ビジネスアイテム

転職や仕事に使えるアイテムを集めました。

ソフィーの人気記事

sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。

転職での『自分の強み(売り)』の見つけ方

「なかなか採用がもらえない。」

「もし転職に失敗したらと思うと、行動できなくなってしまう。」

「そもそも、転職の仕方が分からない。」

などなど、転職は誰もが悩みます。

ですが、実はちょっとした視点を変えるだけで、転職を成功させることができるのです。

そこでこちらの記事では、転職を成功させるために重要な視点についてご紹介します。

これが分かれば、転職の失敗を防げますし、転職後の満足度も確実に上がります。

最新の転職方法ですので、これまでうまくいかなかった人も突破口が見つかります。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
50代目前のアラフィーです。

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく

クリックできるもくじ

転職を成功させるために必要なタグづけとは?

転職を成功させるために大切なことは、『自分の強み(売り)』を知ることです。

なぜなら、

良い条件で転職するためには、『一番自分が高く評価される求人を選ぶこと』だからです。

『良い条件で転職するためには』、まず自分の『売り(強み)』を知ることから始まります。

そして、募集している仕事がどのような仕事なのかを、明確に理解することです。

この方法なら、自分ができるだけ高く評価される求人を選ぶことができます。

ということで、できるだけ簡単に求人を見つけられるやり方が今回ご紹介する「タグ」を使う方法です。

  1. 自分の『売り(強み)』を知る
  2. 募集している仕事がどのような仕事なのかを、明確に理解すること

以上の2つができれば、『一番自分が高く評価される求人を選ぶこと』ができます。

1、転職失敗しないコツは自分の強みを知ること

転職で失敗しないコツは、自分の『売り(強み)』を正確に把握することです。

そして、次は自分の売りや強みを利用して、どのポジションを目指したいのかを明確にすることで、的外れな転職活動を防ぐことができます。

そこで疑問が出てきます。

『自分の強み(売り)』や『ポジション』って何?

ですよね。^^;

ですので、次では『自分の強み(売り)』についてや『ポジション』について1つ1つご紹介していきます。

自分の強み(売り)は、まずはこれまでの経験を明確に(タグ付け)することから

「job tag(じょぶたぐ)」

自分の強み(売り)とは、自分のこれまでの経験のことです。これを『タグ』で把握しましょう。

タグとはツイッターなどで使われる#タグと同じ意味です。

自分の経歴にタグをつけるならどんなタグがつくのかを考えることが、仕事の棚卸です。

仕事の棚卸が自己理解へとつながります。

ここで意識していただきたい重要なポイントは、経験を業種や職種をタグで把握する点です。

タグ付けで知っておきたいマーケティング用語

ここで「最近重要視されているマーケティング用語」について補足します。

自分の仕事の市場価値を把握するために、業種と職種と掛け合わせます。

そしてさらに、どの領域のマーケットで仕事をするのか?という視点も重要です。

例えば、マーケティング用語では『BtoB』や『BtoC』といった言い方で表します。

自分が経験してきた仕事のお得意様は、企業でしたか?それともお客様でしたか?

それともそれ以外でしたか?参考ページを掲載しておきます。

memo

BtoBとは「Business to Business」の略で、メーカーとサプライヤー、卸売業者と小売業者、元請け業者と下請け業者など、企業間で行われる取引のことを指します。

BtoCとは「Business to Consumer」または「Business to Customer」の略で、企業と消費者間の取引を意味します。

例えば

例えば、「営業の経験があるので、経験を活かした仕事をしたいです。」と言う方の場合、

まず「どの業界なのか?」ということを把握します。

さらに、既存顧客と新規開拓とどちらへ向けての営業の仕事なのか?

そして、メーカー営業なのか、代理店営業なのか、商社営業なのか?

最終的には企業へ向けて販売する(BtoB)のか、それとも一般消費者へ向けての営業なのか?(BtoC)

といった細かいポジションがあるワケです。

以上のことを、厚生労働省が業務委託している職業情報提供サイト「job tag(じょぶたぐ)」のページを利用して把握します。(網羅性が高く偏りがないので。)

なぜ『業種・職種・ポジジョンで』でタグ付けが重要なポイント?

なぜ『業種や職種やポジション』でタグ付けが重要なポイントかというと、

募集している仕事が、どのような仕事なのかを正確に把握するためです。

と同時に、募集があるポジションのどこに自分が持っているスキルや経験が有効なのか?

もしくは、自分が目指したいポジションへ応募するには、どんなスキルが足りないのか?

ということが分かれば、的外れな転職をせずに済むからです。

的外れな転職が減れば、採用の可能性が高まるだけでなく、就職後の満足度も確実に上がるからです。

手順は以下の通りです。

STEP
職業情報提供サイト「job tag(じょぶたぐ)」のホームページへ
STEP
「業種・職種を知る」カテゴリーをクリック
STEP
自分がこれまで経験した業種・職種がどこになるかを探す

自分の経歴や経験にタグを付けてみましょう。

例えば

例えばですが、事務の仕事を一つとっても、企業内の事務なのか、医療業界の事務なのか、営業事務なのか・・・

どの業界の、どの領域の事務職の経験があるのか?

という点まで、絞り込んで把握することがポイントです。

なんとなく見えてきましたか?

自分の強みのつくり方

自分の経験がどの業界のどの職種で、どのようなポジションであるかが分かれば、まずそれがあなたの強みです。

そして、強みはそれだけではありません。

そこに、これまでに取得した「スキル(資格)」や「経験」、「あなたならではの持ち味である行動特性」も掛け合わせることができます。

具体的には、以下の内容となります。ちなみに、行動特性は最近流行り?の『コンピテンシー』と言う言い方も含まれます。

※コンピテンシーとは、職務や役割において「優秀な成果を発揮する人に共通する行動パターン」のこと。社内の人材育成や評価基準、採用面接などに活用されています。

  • スキル(資格)・・・英語・簿記・プログラミング・ライティング、そのほか資格etc
  • 経験・・・マネジメント・リーダー・新規営業・転勤・異動・昇進・実際に企業内での課題に対して何かしら解決をしたという経験etc
  • 行動特性・・・コミュニケーション能力・チームワーク・共感力・継続力・情報収集力・状況把握・自己客観視・主体性・タフさ・柔軟性・プレゼン力・傾聴力・人材育成・計画力・フォロワーシップ、コンピテンシーetc

2、募集している仕事がどのような仕事なのかを明確に理解する

転職を成功させるために大切なことは、『自分の強み(売り)』と『ポジション』を知り、そこから『一番自分が高く評価される求人を選ぶこと』でしたね。

ですので、『自分の強み(売り)やポジション』が分かれば、次はどの求人に応募すれば、自分が高く紹介されるかを考えます。

分からない場合は「job tag(じょぶたぐ)」の「業種・職種を知る」カテゴリーの資料を参考にしてみてください。

そして、実際にどのような求人があるかを探しましょう。

きっと応募したい求人があるはずです。

もし、応募したい求人があれば、その仕事がどのような仕事なのかを、「job tag(じょぶたぐ)」の「業種・職種を知る」カテゴリーでタグづけしてみてください。

また、その仕事についたタグ以外にも、どのような人材が最適かを想像してみましょう。

その最適な人材に近づくために、自分にはどの点が強みなのか?逆に足りないのか?

もし、応募したい求人を見て、足りないスキルがあった場合は、そのスキルを身につけることも考えてみます。

女性におすすめの求人が探せるサイト

無料の転職サイト

リクナビNEXT大企業、人気企業多数。取り扱い求人の幅が広い。
レジュメ機能が使いやすくて便利。
女性が働きやすい仕事カテゴリーあり。
詳細を見る>>
ミイダス無料の自己診断テスト『コンピテンシー(行動特性)診断』で、
強みやストレス要因を知ることができるサービスあり。
詳細を見る>>
転職会議国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載している転職サイト。
情報収集から始めたい方におすすめ。
詳細を見る>>
ママワークス 在宅ワーク求人が集まる「主婦・ママ向け」の求人サイト。在宅ワークでも正社員採用求人もあり。詳細を見る>>

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職が成功するために必要な、自分の強みの把握の仕方や、採用に有利になる求人の選び方についてご紹介しました。

まずは、ご自身のこれまでの経歴やその仕事で得てきたこと、また、自分の特徴などを整理しましょう。

これまでの経験や立ち位置が分かれば、自分がどの求人なら採用されそうかが見えてくるはずです。

ぜひ参考にしていただき、希望の仕事を見つけてくださいね。

こちらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
クリックできるもくじ
閉じる