メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【40代女性の転職面接】失敗体験談とその解決策

40代女性の転職の面接で気をつけることって何かあるかな?

失敗しないためには、どうしたらいいかしら?

という方へ向けてのご紹介です。

こちらでご紹介するのは、40代の私がした転職面接での失敗体験談と、その後の解決策です。

失敗体験談の後の解決策については、キャリアコンサルタントとして、面接する側になってからの情報をもとに作成しました。

失敗体験談と伴にご紹介しますので、そちらも是非参考にご覧ください。

参考【40代女性】おすすめ「転職サイト・転職エージェント」ランキング

クリックできる目次

実際にした私の転職面接での失敗体験談

私は、一般企業で働いていたものの、一旦は結婚、出産、子育てで仕事を退き、自営業の夫の仕事を手伝っていました。

そんな私が、10年ぶりに一念発起し、どうしてもなりたかったキャリアコンサルタントへの転職活動をした時の失敗談です。

40代女性の転職 最初の面接がキケン

転職活動を始めて、最初の面接のこと。

もちろん、面接をする前には、事前に自分の経歴や自己PRも言えるよう文章にまとめ準備もしました。

以前に、仕事で得意先へ出向く営業の仕事をしていた経験があるため、転職の面接はその延長と考えれば大丈夫だと思っていました。

転職面接は会社訪問とおなじ?

事実、転職サイトや、転職に関する書籍にも、『40代の転職面接は、仕事上での会社訪問だと思えば大丈夫。』と記載されていました。

ですが実際は・・・

ですが、実際の転職面接は、仕事上での会社訪問とは、同じではありませんでした。

転職の面接は、面接室があったり、何人も採用希望者がいたりして、ちょっと独特な雰囲気なんです。

転職面接の流れは知っておくべし

そんな中で、面接でのするべき行動をしっかり把握していなかった私は、すっかりうろたえてしまいました。

例えば、どのタイミングでお辞儀するのかや、入室したあとの動きが曖昧に。

きっと採用者には、自信なさげな人に映ったのではないかと思います。

ブランクありだとこうなる

さらに、志望動機の説明や自己PRをする場面では、スムーズに言葉が出てこず、しどろもどろに。

文章にはまとめていたものの、実際に人に分かるように説明するとなると、ブランクが長い私は、スムーズにフレーズが出て来ず苦労しました。

失敗から学ぶ

帰りの電車の中で『アレはダメだったな〜』と、かなり反省しました。

もちろん採用結果もNG。

では、私に欠けていた点は何だったのでしょうか?

どうすれば、解決できたのでしょうか?

40代だからこその油断と女性ならではのブランクが失敗のモトだった

ということで、2度と同じ間違いをしないために、あれこれ考えました。

原因を考えてみますと、1つ目は、『40代だからこその油断。』ですね。

そして2つ目は、『女性だからこそのブランクである出産&子育てを経験していること。』でしょうか。

1、『40代だからこその油断』その解決策

『経験があるから。』『何度もしたことがあるから。』は、40代の落とし穴です。

私が実際に転職面接を経験して感じたことは、一般的な仕事での会社訪問と、転職の面接とは別物だということ。

仕事上での会社訪問では、基本的なビジネスマナーができれば、揶揄されることはありません。

それより、商談の内容の方が重視されますし。

ですが、転職面接は、応募者の態度、挨拶の仕方など、一つ一つの動作が、言わば『ビジネスマナーができるかどうかを判断する材料』になるからです。

さらに転職面接の一連の流れは、ある程度決まった型があるので、その型からあまり外れない方が得策です。

私のように転職面接で、どのように振る舞うべきか自信がなく、その後の面接に影響してしまうということもあります。

1つめの解決策

面接の流れや、どうすべきかを把握することは、実際の面接で自信ある態度を示すためにも、大切だということです。

40代の面接は、新卒の面接とは違います。

他の人と判で押したように同じことをする必要はありませんが、正解を知っておくことは大切。

ということで、この点の解決策としては、転職面接の一連の流れをしっかり把握し、礼儀正しく、ある程度マニュアルに沿って行動することです。

参考40代女性【面接対策】基本の流れとマナー『体験談も交えてご紹介』

2、『女性だからこそのブランク』その解決策

女性は『妊娠&出産&子育て』という、ライフイベントがあり、一旦仕事を離れるケースが多いです。

妊娠&出産は女性ならではのものですし、子育ては、日本の社会では女性に比重が傾くので、その傾向が強くなります。

さらに、人によってはブランクが長くなる場合も。

そして、ブランクが長くなると、私のような失敗もしやすくなります。

子育てモードと仕事モードは違う

それは、『子育てモード』と『仕事モード』を、急に切り替えることができず、転職活動のはじめにつまづきやすいことです。

『妊娠→出産→子育て』という一連の流れは、『仕事モード』とは、全く違う能力を使ってすることです。

なので転職活動に必要な『仕事モード』へ切り替えるには、それなりに準備が必要なのです。

もちろんこの点について、アンケートをとったワケでもなく、科学的な実証もありません。あくまで個人の見解です。

とはいえ実際に、40代女性で就職活動をしているからこそ、言える体験談でもあると思います。

2つめの解決策

この点についての解決策は、場数を踏んで感覚を早く取り戻すことです。

ですので、転職活動をしていくうちに、徐々に『仕事モード』は回復していきます。

また、資格取得の勉強などを始め、家事や子育てとは、違うことを考える時間を持つことも有効だと思います。

そして、面接で必ず聞かれる『志望動機』や『自己PR』は、どんな側面からでも言えるように、実際に声に出して話す練習をすることです。

話すことについては、頭で覚えているだけなのと、実際に相手に伝わるように、ビジネスシーンで話すのとは、かなり違います。

仕事をしていた頃は、説明に必要なフレーズを頻繁に使ったりするので、すぐに言葉になります。

これが、ずっと仕事から離れていると、すんなり言葉が出てこなくなるんです。

私がした対策

私は、テープレコーダーのアプリで、自分の『志望動機』や『自己PR』を、録音して確認しながら練習しました。

ブランクがある場合、この練習はした方が良いです。また、自分の話し方のクセなども把握できます。

参考【主婦・子持ちママ】の転職・再就職『おすすめの仕方』

40代女性ならではの転職の面接対策

今回ご紹介した、失敗談は、もちろん転職面接で対策したい点ですが、実はそれ以外にも、40代女性の面接対策は諸々あります。

にもかかわらず、世の中の、大半の面接対策の情報は、20代、30代向けです。

ですので、こちらの『転職ブログ』ソフィーを立ち上げた次第です。

例えば、40代女性の転職面接で対策するのに、知っておきたいこと。

それは、採用担当者は面接で、自社の利益なりうる人材か?という点を見極めようとしていること。

ですので、どれだけあなたが応募企業のことを理解しているかがカギに。

応募企業が求めている人材が分かれば、自分の経験とスキルから重なる部分をクローズUPしてPRできます。

えっ?何言ってるのか分からない?笑 スイマセン^^;

以下で転職の面接対策をまとめてご紹介していますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
転職面接【40代女性】6社受けて必要だと思った対策や注意点まとめ [no_toc] 面接のオファーがきた! でも、40代の転職面接ってどんな感じなんだろー?新卒の時と何か変わるのかな?どんなこと訊かれるの? どうやって対策したらいいか、...

40代女性ならではの求人サイト

すでにお気づきかもしれませんが、『転職サイト』も『転職エージェント』も、40代になると選ばなければなりません。(40代女性が転職できる求人を取り扱っていないもしくは、少ない転職サイトやエージェントがあるから。)

最近は転職サイトもエージェントも、ターゲット絞って、分かりやすくPRするようになりましたので、随分減ったとは思いますが・・・。

それでもやはり、実際に転職活動した人間からすると、

『40代女性におすすめって書いてあるけど、登録さえできなかったけど?』

とかあります。^^;

だからこちらのブログ『ソフィー』を立ち上げたのですが・・・(もう言わなくていい?笑)

40代はハイキャリアでない方は、ハローワークも視野に入れましょう

ですので、40代女性におすすめの『転職サイト』と『転職エージェント』そして、『ハローワーク活用術』までご紹介します。

ちなみに、求人の探し方として40代の場合、専門職なら専門のエージェントを利用しましょう。

たとえば、保育士なら保育士専門エージェントとか。介護関連なら介護専門転職サイトとか。

あとは、年収600万以上ハイキャリアの方は、転職エージェントを利用するべき。

でも、もしそうでないなら、『転職エージェント』と『転職サイト』と『ハローワーク』を上手に並列して活用しましょう。

ということで、40代女性向けにピックUPしてご紹介していますので、よろしければ、参考にしてみてください。

40代女性におすすめ転職サイト

あわせて読みたい
【40代女性】おすすめ「転職サイト・転職エージェント」ランキング 40代女性の求人が見つかる「転職サイト」や「転職エージェント」ってどこかな? 40代女性なら、「転職サイト」と「転職エージェント」はどう使い分けるべきなのかな? ...

さいごに:【40代女性の転職面接】失敗体験談とその解決策

いかがでしたでしょうか。40代女性の再就職での面接失敗談と解決策をご紹介しました。

失敗はできれば避けたいです。

ですが実は私は、『失敗してもいい』と思って日々生きています。(笑)

失敗して気付けることって沢山あります。

一番よくないことは、失敗を恐れて何もしないこと。

失敗して気付いたことを、次に活かすことができれば、それは『失敗』ではなく『良い経験』に変わるのです。

人生で、何が失敗で、何がよかったかなんて、死ぬときまで判断なんてできません。

とにかく今は、失敗を『良い経験』へ変換できるよう、日々最善を尽くすのみです。

私の経験が、みなさまのお役に立てば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる