メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【初心者】在宅ワークにおすすめのネット回線をご紹介!(光回線vsポケットWi-Fi)

【初心者】在宅ワークにおすすめのネット回線をご紹介!(光回線vsポケットWi-Fi)

在宅ワークを始めたいのに・・・

資格取得のためのオンライン講座を受けたいけど・・・

家にネット回線が無くてYou Tubeも見られない。

家にネット回線が欲しい!

という方へ向けてのご紹介です。

こちらの記事の内容

在宅ワークや資格取得に使える、おすすめの『ネット回線』をご紹介します。

スマホがあれば、インターネットで調べ物をするくらいなら問題はありません。

しかし、仕事となるとオンライン会議があったり、大量のデータをやりとりしたりと、スマホのネット回線では心許ありませんよね。

大切なのは通信速度が速く、たくさんのデータを使えるネット回線を使うこと!

在宅ワークでも使えるネット回線なら「光回線」と「モバイルWi-Fi」のどちらかとなります。といっても、どちらも特徴があり、お得に正しく選ぶためにポイントを抑えておく必要があります。

ということで、こちらでは『在宅ワークで使える』『お得で』『おすすめの』ネット回線をご紹介します!

クリックできる目次

在宅勤務にネット回線にこだわる理由。スマホじゃデータが足りない?

ZOOMでオンライン会議をしたり、資格取得のための講義動画を見たり、自宅で高品質なネット回線が使えれば仕事の幅も効率も断然広がります

在宅ワークをするなら自宅にネット回線は必須と言ってもいいでしょう。

ひょっとしたら『インターネットならスマホでも繋がるし、スマホじゃダメなの?』と思うかもしれません。確かにスマートフォンでもネットに繋がりますが、スマホで使えるデータ量は基本的に少なめ。

動画などを見たり、大きめのデータをやり取りすると、あっという間に決められたデータを使い切ってしまいます。なので、自宅でネットをするなら、十分なデータ量を使える回線が必要なのです。

十分に自宅で仕事&資格取得に使える回線は2つ

そんな、「使える」回線は主に下の2つです。

  1. 光回線
  2. ポケットWi-Fi

それぞれの特徴はと言うと。

選択肢その1 光回線

光回線は自宅に直接インターネット回線を引き込む方式。インターネット基地局と自宅が物理的につながります。

これにより使えるデータ容量は無制限、ネットのスピードも早いというのが一番のメリットです。
初期費用や月額料金は少し高めですが、回線の品質の良さから見れば妥当なところ。

その反面、導入するのに2〜3年の契約年数の縛りがあり、解約すると解約金がかかることも。

メモ

初期工事費用として1〜4万円が必要だったりしますが、長く使うことでキャッシュバックされるキャンペーンもあり、実質無料になる場合が多いです。

選択肢その2 ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiとはモバイル回線の電波を専用の端末で受信する方法。

光回線のような物理的な回線ではないので、持ち運びができたり、導入がとても簡単だったりというメリットがあります。

なので、すぐに使い始められるのが一番のメリット。

その反面、使用できるデータ量に制限があったり、光回線よりもインターネット速度が遅かったりというデメリット部分があります。

メモ

ただ、光回線と違い、工事が必要ないので融通が利きやすいのもポケットWi-Fiのメリット。
本記事では、自宅に光回線を引きづらい方へ、解約料なしのポケットWi-Fiをご紹介しています。

自宅にネット回線をひくには、光回線とポケットWi-Fiがあり、それぞれの、メリット・デメリットがあることがわかりました。

では、自分が選ぶなら、どちらがよいのでしょうか?

ということで、次は、『おすすめのプロバイダー』と、『お得に申し込める方法』をご紹介していきます。

【光回線の特徴】ネット回線の速度と安定性を重視するなら

光回線は高速で安定なインターネットが最大のメリット。

zoomや動画を見ていても途中で動きが止まってしまうということがほぼありません。

光回線のメリット

  • 回線速度が速くて、品質が安定している
  • 使い放題の通信量

とはいえ、やはり契約するにはデメリットも。

光回線のデメリット

  • 利用できるのは自宅だけ
  • 通常、開通までに1ヶ月程度必要
  • 2〜3年の契約期間があり、解約時は解約金が必要

ということで、光回線がおすすめな方はこんな方です。

光回線がおすすめな人

  • 通信速度・安定性を重視する人
  • インターネットの利用が自宅だけの人
  • 光回線の工事が可能な人
  • 長く使い続けられる人

プロバイダーの選び方 利用中のスマホ会社で選ぶ

いくつものサービスがあるなか、おすすめなのは以下の3つのサービス。

光回線大手シェア3サービス

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • auひかり

どこのサービス利用すべきかはとても簡単です。

ずばり、自分が利用しているスマホ会社とセット割ができるところ。

『おすすめの理由』
ドコモ、ソフトバンク、auなど大手スマホ会社を利用しているなら、セット割が活用できるサービスプロバイダを選ぶことで、スマホ1台あたり『月々の使用量が』1台あたり、最大1,100円の割引を受けられます。

これを、利用することで実質的に光回線の月額固定費を安くすることが出来ます。

つまり、

  • スマホがドコモの人▶ドコモ光
  • スマホがソフトバンクの人▶ソフトバンク光
  • スマホがauの人▶auひかり

ということですね。

例えば:家族3人がドコモのスマホ料金が合計15,000円/月なら、ドコモ光と契約することで、スマホ代が11,700円になるという計算ですね。

申し込み方法もひと工夫すれば損をしない

それぞれの、サービスと契約する申込みは以下の4つの窓口が代表的。

  • 家電量販店
  • 携帯ショップ
  • 公式サイト
  • キャンペーンサイトおすすめ

『ということは、ドコモユーザーだからドコモのお店で申し込めばいいの?』

というと、実はそれだと損をしてしまうかもしれません。

『お得ポイント』

実は同じサービスなのに、申込み窓口によって『お得になる・ならない』があるんです。
いちばんお得な申込方法は『キャンペーンサイト』からの申し込みです。
なぜなら『キャンペーンサイト』から申し込むと、『キャッシュバック』などの大型特典がもらえる事が多いからです。なので、光回線を申し込む時はキャンペーンサイトを利用するのがおすすめです。

ということで次に、具体的にお得になる『キャンペーンサイト』も併せてご紹介します。

お得な『キャンペーンサイト』はこちら

光回線の会社が決まったら、あとはキャンペーンサイトから申し込みます。

まずは、ドコモ携帯利用の方はこちらです。

ドコモひかり

ドコモ光
月額料金戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,400円(税込)
スマホセット割−最大1,100円/1台あたり
wifiルーター0円
その他の特典キャッシュバック:20,000円
他社解約違約金:20,000円還元
新規工事料:0円
工事前モバイルWi-Fiルーター:3ヶ月無料
詳細ページGMOとくとくBBのドコモ光

ドコモ光ならこちらのサイトから申し込みがお得です。

家庭内で複数の端末にインターネットをつなぐWi-Fiルーターも0円で利用できます。
固定回線の開通工事まで、すぐに使えるモバイルWi-Fiをレンタルしてくれるサービスも魅力的。

\ドコモ利用ならこちら/

★GMOとくとくBBのドコモ光★

SoftBank光

SoftBank光
月額料金戸建て:5,200円(税込)
マンション:3,800円(税込)
スマホセット割−最大1,100円/1台あたり
wifiルーター0円(特典B)
その他の特典キャッシュバック:31,000円(特典B)
詳細ページソフトバンク光キャンペーンサイト

SoftBank光ならこちらのサイトがお得。【特典Bコース】なら家庭内で複数の端末にインターネットをつなぐWi-Fiルーターも0円で利用できます。

\ソフトバンク利用ならこちら/

★ソフトバンク光キャンペーンサイト★

auひかり

auひかり
月額料金戸建て:5,720円(税込)
マンション:4,400円(税込)
スマホセット割−最大1,100円/1台あたり
wifiルーター0円
その他の特典キャッシュバック:最大52,000円
他社解約違約金:最大55,000円還元
新規工事料:実質0円
詳細ページ【auひかり】

auひかりならこちらのサイトがお得。家庭内で複数の端末にインターネットをつなぐWi-Fiルーターも0円で利用できます。大型のキャッシュバック特典が魅力的です。

\au利用ならこちら/

★【auひかり】★

【モバイルWi-Fiの特徴】解約料なしだから光回線よりも手軽に契約できる

上述では光回線についてご説明しましたが、光回線のデメリットが開通まで時間がかかること。

光回線を自宅に引くと、開通するのに1ヶ月位かかることもあります。
そう考えると固定回線を引くのはちょっと『ちゅうちょ』してしまいますよね。

とにかく、『すぐにネット回線が欲しい!』そんな人におすすめなのが、解約料が無料の『レンタルのポケットwifi』です。

『ムムム?ところでポケットWi-Fiって何?』

という方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明いたします。

ポケットWiFiとは? それは出先でもネットができる小型通信端末。

ポケットWi-Fiルーター はこんなカタチです。

『ポケットWi-Fi』とはインターネットに繋がるための小型通信端末のこと。これをルーターといいます。

携帯電話の電波を使って、ネットを繋げられるようにしたものです。

ポケットWi-Fiがあれば自宅以外でも、外出先や旅行先などでインターネット接続できてとても便利。

現在はソフトバンクの携帯電話回線を利用するものが安価で主流になっており、ソフトバンク電波の通じる所なら国内どこでも利用できます。

ポケットWiFiの『おすすめポイント』

ということで、ポケットWi-Fiが何となく分かってきたところで、次は『有線の光回線』にはない、Wi-Fiの『おすすめのポイントをまとめてみました。

『Wi-Fiのおすすめポイント』
契約期間が決まっている光回線とは違い、いつやめても高額な解約料が無料です。
なので、安心して契約できて、必要な期間だけ使うことができます。
また、有線でないので持ちは込も可能。自宅だけでなく、コワーキングスペースや旅行先、車内、野外でも使ええます。

ということで、

解約料なしのポケットwifiがおすすめな人はこんな方。

  1. ネット回線を今の自宅でずっと利用するか分からない人
  2. 有線の工事が難しい人
  3. スマホだとデータの容量がたりない人
  4. 出先のネット回線ではセキュリティが不安な人
  5. 今すぐにでもネット回線が必要な人

という方は解約料なしのポケットWi-Fiがおすすめです。

『なるほど~ポケットWi-Fiは簡単に申し込めて、簡単に解約できるんだ。』

『でも、デメリットはないの?』

もちろん、デメリットもあります。

ネットが不安定なことも

Wi-Fiは無線です。ということで、Wi-Fiのデメリットは、有線に比べてネットが不安定になることも。

Wi-Fiを使う建物の立地や、諸々の状況によって、途切れたり、速度が安定しないといったこともあります。

解決策

事前に申し込むWi-Fiがどこの携帯会社の電波を使用してネットサービスをしているのかを確認して、利用する場所(自宅など)の電波状況を確認しておくと良いでしょう。

注意!ポケットWi-Fiは端末弁償金が高い。保証オプション加入でカバーしよう。

モバイル端末ルーターはレンタルする形式です。

ですので、端末自体を紛失・故障・水没させてしまうと端末の高額な弁償金が必要になる点がデメリットです。

ちなみに弁償金は各社おおよそ10,000〜44,000円ほど。
ですが、オプションで保証プランというものが用意されているので大丈夫。

解決策

任意で月額500円程度ですが、端末を故意に故障・紛失してしまった時に、弁償金を払わずに済む保証プランがありますので、加入しておけば大丈夫。

Wi-Fiのデメリットは分かっていても、それを上回るメリットがあるので、申し込む人がいるということ。

すでに『おすすめポイントでご紹介しましたが、『ポケットWi-Fiのメリット』を今一度見てみましょう。

❶【ポケットWiFiのメリット】すぐにネットに繋がる

光回線だと申込みから開通まで、工事が必要なこともあり1ヶ月以上かかることも。ですのですぐに使い始めることができません。

その点、ポケットWi-Fiなら申込みから開通までが迅速。在庫があれば最短で翌日に届き、すぐにインターネットが始められます。

急にインターネットを利用する必要があるなら、ポケットWi-Fiがおすすめです。

ただ、ポケットWi-Fiサービス業者の保有する端末在庫がなくなってしまうと申し込みができなくなってしまいます。実際、コロナでリモートワークが急激に増えた際は、なかなか契約出来ないなんてこともありました。

インターネット環境が急に必要になったというタイミングは、他の人も同じかもしれません。

人気のポケットWi-Fiはすぐに在庫がなくなってしまうので、必要になったら早めに申し込むようにしましょう。

❷【ポケットWi-Fiのメリット】利用できるデーター量が多く、安価

ポケットWiFiは使えるデータ量が多く、安価です。

なので、スマホのテザリング(スマホの電波を利用してネットをつなぐこと。)ではデーターが足りない時に大活躍。(スマホ契約では通信量の上限が決められていることがほとんど。)

現在主流なのは、月に100GB(ギガバイト)使えるもので、月額費用も3000円台〜と良心的。

メモ

100GBとは

ギガバイトとはデータの単位。
ちなみに100GBは、You Tubeの普通画質で 約100時間くらい視聴できるデータ量です。

<月間100GBプランでできること>1GB100GB
You Tube を720p画質(普通)の質で視聴すると→1時間100時間
zoom でビデオ会議をした場合は→1時間30分150時間

You Tubeなら1日3時間、zoomなら1日5時間程度、毎日使用することが出来る計算です。

これ以上、使用する人でなければ、100GBで十分なデータ量といえます。

解約料なしのポケットwifiのおすすめは?

それでは、解約料なしの『おすすめポケットWi-Fiサービス』をご紹介します。

各社のスペックは以下の通り。

公式サイトFUJI-WiFiクラウドWiFiAiR−WiFi最安値保証WiFi
基本月額4,895円
4,895円 5GB/日
5,995円 10GB/日
3,718円3,608円
3,938円
4,048円
3,608円
月間データ量100〜300GB100GB100GB100GB
初期費用3,300円3,300円3,300円0円
端末保証加入
※任意
440円/月550円/月:フル
275円/月:ライト
550円/月550円/月
端末保証未加入
弁償金
26,400円16,500円
27,500円
22,000円44,000円
価格はすべて(税込)表示

以下でそれぞれ詳しくご紹介します。

❶FUJI-WiFi(フジワイファイ)

【FUJIWifi】公式サイトへ

多彩な料金プランが選べる『FUJI WIFI』。

月間100ギガ以上使いたい人におすすめです

毎日5ギガプラン(実質月150ギガ)、毎日10ギガプラン(実質月300ギガプラン)なら、家族みんなで使えたり、動画の視聴の多い家庭に便利。

FUJI WIFIのポイント
  • 多彩な料金プラン
  • たくさん使いたい人に、実質月300GB使える「毎日10ギガプラン」がある
  • デポコミコースならさらに安く550円割引

プラン比較(通常コース)

項目100ギガプラン200ギガプラン毎日5ギガプラン毎日10ギガプラン
月額料金4,895円(税込)5,995円(税込)4,895円(税込)5,995円(税込)
端末名・接続台数U3・10台
G3・5台
機種選択不可
U3・10台
G3・5台
H01・10台
U3・10台
H01・10台
U3・10台
H01・10台
FUJI WIFIプラン比較

基本内容

項目【FUJIWifi】公式サイト
初期費用3,300円(税込)
安心サポート440円/月
月間データ量100GB・200GB・実質150GB・実質300GB
無料期間なし
入会時送料無料
端末弁償金
※保証プラン未加入時
26,400円(税込)
詳細【FUJIWifi】公式サイトへ

\たくさん使いたいならこちら/

★【FUJIWifi】公式サイトへ★

❷クラウドWiFi

クラウドWiFi公式ページへ

選べるプランは一つのみ。なので、わかりやすい料金設定で安心です。しかも、端末は最大10台接続できるタイプ。

クラウドWIFIのポイント
  • 100GBプランのみで、月額3,718円と格安
  • シンプルでわかりやすい

プランの基本内容

項目クラウドWiFi公式サイトへ
月額料金3,718円(税込)
安心保証フルプラン:550円/月
ライトプラン:275円/月
端末名・接続台数U3・10台
初期費用3,300円(税込)
月間データ量100GB
無料期間なし
入会時送料無料
端末弁償金
※保証プラン未加入時
ライトプラン16,500円(税込)
未加入:27,500円(税込)
詳細クラウドWiFi公式サイトへ

\シンプルでわかりやすい料金プラン/

★クラウドWiFi公式サイトへ★

❸AiR-WiFi

AiR−WiFi公式ページへ

月額料金最安級が魅力。AiRーWIFIは端末ごとに3つのプランに別れています。なかでも、一番コスパのいい「サクッとプラン」がおすすめ。

基本は2年契約のプランですが、「月額330円の契約期間なしオプション」を付け加えることで、解約料なしプランに変更可能。それでも、月額3,608円です。2年縛りOKなら3,278円とさらにお得!

AiR-WIFIのポイント
  • 100GBプランのみで、月額3,608円と最安級
  • 2年縛りOKなら330円引き

プラン比較(契約期間なしオプションの場合)

項目サクッとプランまるっとプランらくらくプラン
月額料金3,608円(税込)3,938円(税込)4,048円(税込)
端末名・接続台数U2s・5台G4・5台U3・10台
契約期間なしオプション330円を含む

基本内容

項目AiR−WiFi公式ページへ
初期費用3,300円(税込)
安心オプション550円/月
月間データ量100GB
無料期間なし
入会時送料無料
端末弁償金
※保証プラン未加入時
22,000円(税込)
詳細AiR−WiFi公式ページへ

\格安でWi-Fiを利用したなら/

AiR-Wi-Fi

AiR−WiFi公式ページへ

❹最安値保証Wi-Fi

最安値保証Wi-Fi

月額料金が最安級で3,608円。初期コストである契約事務手数料が無料なので、気軽に申し込むことが出来ます。

ただ、端末弁償金が44,000円と高額なので、端末保証プランに加入したほうがいいです。

最安値保証wifiのポイント
  • 月額料金3,608円は最安級
  • 契約事務手数料が無料なのでお得

プランの基本内容

項目最安値保証Wi-Fi
月額料金3608円(税込)
端末保証料金550円/月
端末名・接続台数W04・10台
JT-101・10台
M7200・10台
初期費用0円(税込)
月間データ量100GB程度
無料期間なし
入会時送料無料
端末弁償金
※保証プラン未加入時
44,000円
詳細最安値保証Wi-Fi 公式サイトへ

\月々が最安値/

最安値保証Wi-Fi

解約金なしのポケットワイファイについてのQ&A

解約金なしのPocket WiFiとは?

通常、ポッケットWi-Fiの契約は2〜3年の契約期間が設けられています。途中解約すると1〜2万円の高額な解約金が発生します。ですが、契約期間や解約金がないポケットWi-Fiサービスもあり、本記事ではおすすめをご紹介しています。

解約金なしPocket WiFiのメリットとは?

契約期間や解約金が発生しないので、短期的に使用することが可能です。
「急に在宅勤務が決まりネット環境が必要になった」
「資格取得のために動画講義を見る必要がある」
など、在宅ワークや資格取得などで一時的にネット環境が必要という方にピッタリです。

解約金なしポケットWi-Fiのデメリットは?

契約期間なしとはいえ、初月利用料は発生する場合がほとんどです。また、端末をレンタルする形式なので紛失した際の弁償金などが2〜4万円と高額になります。できれば、端末保証のオプション(月500円前後)に加入したほうが良いでしょう。となると、契約期間【あり】のポケットWi-Fiサービスよりも1〜2割くらい、月額費用が高額になります。

まとめ:在宅勤務で長く使うなら光回線の導入を、今だけ使うなら解約料なしのポケットWi-Fiを

本記事では在宅勤務で使えるネット回線について解説しました。

在宅勤務や資格講座取得のためのオンライン講義などネットの活用場面がさらに多くなってきました。これからも、ネットを利用した働き方がもっと進んでいくものと思われます。

つまり、ネットを使えるかどうかが仕事をする上でもさらに重要になっていくはずです。

まだ、ネット回線がスマホだけという方は、早めにネット環境を整備しておくとよいでしょう。昔よりも料金もサービスも分かりやすくなっていますよ。

おさらいですが、本記事でご紹介したネット回線は以下の通り。

光回線のおすすめ申し込み先

※ご自身の契約している携帯会社と同じにするのがお得になります。

【SoftBank光】(ソフトバンクユーザー)

GMOとくとくBBのドコモ光(ドコモユーザー)

【auひかり】(auユーザー)

解約金なしポケットWi-Fi

※工事なしで、手軽に持ち歩けるネット環境を手に入れたい方に。

FUJI-WiFi(大容量を使いたい人向け)

クラウドWiFi(シンプルに契約したい人向け)

AIR-WiFi (トータルで最安級で使いたい人向け)

最安値保証Wi-Fi(月額料金最安級で使いたい人向け)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる