メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

在宅ワーク失敗【体験談】40代主婦が初心者からやってみて思ったこと

当ページのリンクには広告が含まれています。

当ページのリンクには広告が含まれています。

こちらでは、在宅ワークをパソコン初心者から始めて感じたことや、失敗した筆者の体験談をご紹介します。

これから在宅ワークをしてみたい方は、参考になるかと思います。

私が書きました
ソフィー

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業内で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。→もっと詳しく

タップできる目次

在宅ワーク失敗【体験談】40代主婦が初心者からやってみて思ったこと

コチラのブログソフィーでは、『初心者主婦が稼げる在宅ワーク5選』や『在宅ワーク初心者におすすめの求人サイト』についてご紹介をしていますが、

在宅ワーク初心者の主婦の方は、『それで、自分は果たして仕事ができるのか?他の人は、どうやってはじめたのか?』

といった、実際にやってみての体験談を知りたいのでは。

ということで、『パソコン初心者が、実際にクラウドソーシングで在宅ワークをやってみた筆者の体験談』を以下でご紹介します。

在宅ワークは主婦の強い味方だった

筆者自身も、全くの在宅ワーク初心者から出発。

一番最初は、クラウドソーシングサイトに登録し、タスク作業からはじめました。

そもそも、当時『クラウドソーシングとクラウドワークスって違うの?』(笑)と思っていたくらい、右も左も分かっていませんでした。

まずはタスク仕事&ライティングからやってみた

そこで、枠に入力するタイプの簡単なタスク仕事や、自分のそれまでの仕事経験からできる、ライティングの仕事からはじめてみることに。

とにかく、考えをまとめて文章にすることに時間がかかり、また、タイピングも恐ろしく遅く、^^; 

請け負った1,500文字ほどの記事を作成するのに、6時間以上かかっていたと思います。(←多分平均以下ですね。笑)

家事と仕事の両立がラク

ですが、通勤がなく、自分で1日の時間配分ができ、子供を一人でお留守番をさせる必要もなく、本当によい働き方です。

自分の時間も増えましたし、何より、煩わしい人間関係に悩まされることがなく、精神衛生上とてもラクになりました。(←これが一番大きかった笑)

ただし、ガッツリ稼ぐには資格(スキル)が必要

そして、1ヶ月ほど闇雲に在宅ワークをやってみて気づいたことは、

それなりのパソコンスキルがないとまとまったお金にはならないんだなーってことです。
(ちなみに最初の月の売上は3,000円にとどかなかったです。^^;)

よくよく考えれば、当たり前なのですが・・・

そんなに簡単に稼げるなら、誰も苦労はしないですよね・・・

報酬=仕事単価×仕事量

そうなんです。

スキルが無いなら、たくさん仕事すればいいと思っていた私ですが、仕事単価が恐ろしく低い場合、どれだけ頑張っても月に3万円ほどしかならないのです。

その事実に愕然とした私は、もっと仕事単価を上げる方法を考えました。

仕事単価を上げるということは、希少性の高い仕事(誰でもできない仕事=スキルが必要な仕事)ができなければなりません。

主婦の初心者が在宅ワークをしてみて分かったこと→資格(スキル)があればもっと稼げる

初心者主婦が在宅ワークをしてみて分かったことは、スキルがあればもっと稼げるということです。

でもスキルって?と思うかもしれません。

実は在宅ワークの資格やスキルは、選ぶ仕事(在宅ワーク)によって全く違います。

例えばですが、事務系の在宅ワークならマイクロオフィススペシャリスト(MOS)』を持っていると仕事につながりますし、早く作業ができるので稼ぎやすくなります。

ですが、『Webデザイン』の仕事をするなら、『mos』よりも『Illustrator』や『photoshop』のソフトを使えるスキルの方が必要です。

もっと安定して稼ぎたいなら、一般企業の求人も多いCADオペレーターのスキルを持っていると、例えアルバイトでも在宅ワークで月30万も難しくありません。

つまり、『在宅ワーク=パソコンを使用する仕事』というのは、どのソフトを利用するかで、必要スキルが全く違うということ。
そして、そのソフトのスキルだけを習得するなら、スキルによっては、国家資格を目指すよりハードルが低いということですね。

ですので、とにかく自分のできそうなパソコンスキルを先に身につけるというのが、結局在宅ワークで安定して収入を得るには近道といえます。

在宅ワークが小遣い稼ぎとか、怪しい仕事と思っている方もまだまだ多いのも十分承知していますが、在宅ワークはすでに国も注目している分野です。

これは、私の勝手な予想ですが、国が在宅ワークに注目する理由には、在宅ワークでの税収がそれなりにあるからかと思われます。

ということは、すでに世の中にそれだけ在宅ワークで稼いでいる人がいるってことですね。

初心者の主婦の在宅ワークでまずは10万稼げるスキルのご紹介

もし、『在宅ワークで安定的に収入を得たい』、もしくは、『在宅ワークで生活をしたい』という方は、くりかえしますが、新たな資格(スキル)が必要です。

とはいえ、いきなりプログラミングなどのハードルの高いことは、挫折の可能性が大いにありますので、まずは主婦の初心者が入りやすい分野のスキルをピックUPしてご紹介します。

スキルを身につけるにはお金がかかります。

ですがパソコンスキルは老後も使えますので、足りない年金を補う意味でも、持っておいた方がよい食いっぱぐれないスキルともいえます。

ですのでスキルにかかるお金は、自分への投資だと考えてください。

ソフィー

インフレでお金の価値は、さらにこの先下がる可能性大です。
貯金をするより、稼ぎ続けられるスキルの方がこれからは安心だと思います。

「主婦におすすめ」初心者におすすめの在宅ワークと資格5選

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は在宅ワークをパソコン初心者から始めて感じたことや、失敗した筆者の体験談をご紹介しました。

在宅ワークは、お子さんがまだ小さい方や、介護をする方などにとって、時間的自由があるため、仕事を無理なくできる点がメリットです。

また、会社でたくさんの人とコミュニケーションをとることが辛いという方にもおすすめの働き方です。

コロナが一段落して、一旦増えた企業内のリモートワークは、やや減りつつあるようです。

ですが、人件費削減で企業内の仕事を直接個人へ依頼するケースは増えていますし、国も後押しする方向ですので、フリーランスで仕事をしていくという働き方は、この先も増え続けるのでしょう。

ぜひこちらの記事を参考に、自分にあったスタイルでお仕事始めてくださいね。

こちらの記事がみなさまのお役に立てば幸いです。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次