メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

面接の転職理由【40代女性】採用に近づく答え方とは?

40代女性の面接の転職理由や退職理由ってなんて答えたらいいの?

という方へ向けてのご紹介です。

転職や退職する理由って色々ありますよね。


ですが、実はネガティブな『転職理由』や『退職理由』は、言わない方がよいことはご存知でしょうか?

『え?なんで?じゃなんて答えるの?』
ですよね。 ^^;

結論を先に申し上げますと、

ネガティブな『転職理由・退職理由』を、ポジティブな志望動機へ変換して答えるが正解です。

ということで、ネガティブな転職・退職理由を答えてはいけない理由とともに、正解の答え方である『ポジティブな転職理由』へ変換する方法をご紹介します。

参考【40代女性】おすすめ「転職サイト・転職エージェント」ランキング

私が書きました
sophy 
(ソフィー)

キャリアコンサルタント【国家資格保有】
産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で、人事・スタッフ育成を担当。30代でキャリアコンサルタントの資格取得。その後、40代で人材派遣会社へ転職。現在は夫が経営するショップの労務管理を担当。

クリックできる目次

『面接での転職・退職理由』は、ネガティブなことを『答えてはいけない』

転職・退職の理由は人それぞれですが、ネガティブな事が多いです。

例えば、『人間関係がイヤで。』『休みや給与面などの待遇が悪い。』『やりたい仕事ができない。』など。

ちなみに、『勤め先の倒産』『病気をした』『出産』などの理由なら、正直に答えてOKです。(この点については、後ほどご紹介します。)

採用者は、あなたのネガティブな主張を聞いても正統性を判断できない

どれだけ『そりゃ仕方ないよね。』という理由であっても、ネガティブ理由は主張しない方がよいです。

なぜなら、採用する側としては、あなたの主張が正当な理由なのか判断に困るからです。

さらに『似た事が自社で起きれば、この人はまた転職するかもしれない。』と思われてしまう可能性もあります。

転職・退職理由は自分都合の場合が多いです。

それをあらかさまに転職・退職理由にすると、自己中心的な人の印象を与えてしまうかもしれません。

面接は限られた時間しかないので、採用にメリットのある内容を述べるべき

面接ではウソを言ってはいけませんが、言い方を工夫したり、どこにスポットを当てて主張するかは自由です。

40代女性の場合は、これまでのあなたの経験と結びつけて、即戦力となることをアピールすることができなければ、採用は難しいのが現実。

ですので、

面接は限られた時間しかないので、採用にメリットのある内容を述べるべきです。

ということで、面接の『転職理由・退職理由』は、前向きな『転職理由』へ変換して書くのが正解なのです。

『転職・退職理由』を『ポジティブな転職理由』へ変換する方法

『でも転職・退職理由を、ポジティブな転職理由にどうやって変換するの?』ですよね。

方法としては、応募する会社で、自分が『これならできる。』ということを、まずは考えてみてください。

あなたが、その会社を選ぶ理由には、『この仕事ならできるかな。』や、『この仕事がしたい。』が、必ず含まれているはずです。

その点を『ポジティブな転職理由』へ変換します

『なぜ転職を希望されるのですか?』の質問についての返答:例

『なぜ転職を希望されるのですか?』

という質問については、

転職先でできることを、自分のこれまでの経験&スキルと結びつけて、

『〇〇のスキルを活かしつつ、ぜひ御社で〇〇の仕事に携わりたいと考え、転職を志望しました。』とポジティブへ変換します。

『なぜ前の会社を退職されたのですか?』の質問についての返答:例

『なぜ前の会社を退職されたのですか?』

という質問については、

ブランクがある場合とない場合で、答え方が変わります。

ブランクがないなら、上述の『転職を希望されるのですか?』と同じ返答方法でOK。

もし、『ブランクあり』ならば、以下を参考にしてみてください。

ブランクありで再就職の場合は?

ブランクありで再就職を目指す方は、これまでの自分の経験と、今回志望する職務内容との共通点を探します。

自分の以前の仕事の経験が、今回希望する会社で、どんな点で役立てることができるかをアピールします。

ですので、再就職の場合も退職した理由は、ワザワザ述べる必要はありません。

もし、結婚、出産などが理由であれば、『出産のため退職しました』と、そのまま述べればOKです。

ただし、ブランク期間は、次の仕事へ向けて自己研鑽(資格取得など)を積んでいたことも、併せて添えましょう。

会社の倒産での転職・退職理由の答え方

勤めていた会社が倒産してしまい、やむを得ず転職活動をする場合もあるでしょう。

その旨を簡単に伝え、『良いきっかけになった。』などと、前向きに捉えていることを添えます。

この場合もやはり、ポジティブに変換するのは変わりありません。

時短での応募の場合

40代女性の募集には、時短の勤務時間のお仕事が多く出ています。

時短OKの求人には、『親の介護をしなくてはいけない。』『子供の帰宅時間に合わせた時間にしたい。』など、そういった状況の人でも、能力次第では採用し、戦力にしたいという会社側の思いが入っています。

実際に、『前の会社では難しかったけど、今回志望する会社なら仕事を続けられる。』ということならば、自分にとって時短募集のメリットにも触れてもOK。


さらに併せて『就職先ではこんなことに、自分の能力やスキルが役立ちます。』というアピールも併せて付け加えましょう。

転職・退職理由を「ポジティブ転職理由」へ変換する 例文

『転職理由や、退職理由は、言い方を工夫すれば、そのまま言わなくてよいのだな。』

ということが、分かってきたところで、

もう少し、具体的にポジティブな内容へ変換するための、具体的な例文を作成してみました。

変換の方法としては、

転職先でできることを、自分のこれまでの経験&スキルと結びつけて、『〇〇できる、〇〇したい』とポジティブへ変換します。

例 ❶

転職先の『〇〇の仕事ならできる。』

→例文:『これまでの△△の経験を活かし、御社の〇〇の職務で貢献したいと考えました。』

例 ❷

転職先の『〇〇の仕事がしたい。』

→例文:『これまでの△△の経験から得たスキルを活かし、御社の〇〇の仕事に従事したく転職を決意いたしました。』

さいごに:ネガティブな理由はできるだけ避け、ポジティブな内容へ変換して答えるのが正解です。

いかがでしたでしょうか。40代女性の方へ向けて、面接での転職・退職理由の答え方をご紹介しました。

転職理由・退職理由は、ネガティブな理由はできるだけ避け、志望動機へ変換して答えるのが正解です。

転職の面接シーンでは、とにかく前向きな自分を売り込む姿勢が大切です。

『これがイヤだから辞めた』という人より、『これがやりたいから転職するんです!』っていう人と仕事したいですもんね。

また、倒産などの良くない状況であっても、『気持ちを切り替えて前向きに対応できる』という点も、実は高評価に繋がりやすいです。

ぜひ参考にしていただき、採用を勝ち取ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる