MENU(↑ スクロールできます)
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。

【40代女性】Web履歴書って何?面接へ進むための作成のポイント

Web履歴書とは、パソコンに直接入力する履歴書のことで、『転職サイト』や『転職エージェント』へ登録後、作成するものです。

こちらでは、Web履歴書について、その利用の仕方や、作成での注意点をご紹介します。

どんなときも謙虚さは必要ですが、『これでもかというほど、自分を売り込む』ということが、転職ではとても重要なのだと、私自身、40代で転職を経験してみて痛感しております。

ということで、『転職サイト』・『転職エージェント』を利用される方は、ぜひ参考にご覧ください。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
50代目前のアラフィーです。

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく

クリックできるもくじ

【40代女性】Web履歴書は転職サイトによって違う 

Web履歴書とは、『転職サイト』や『転職エージェント』に登録すると、作成できるようになる『入力式の履歴書』です。各転職サイトやエージェントによって、フォーマットが違います。

履歴書と職務経歴書が一緒になっているものや、『自己PR』・『志望動機』の項目が設けられているものなど様々です。

『転職サイト』や『転職エージェント』を利用して応募する場合は、まずWeb履歴書でOKが出ないと、次のステップへ進めませんので、かなり重要です。

【40代女性】Web履歴書の利用の仕方

転職サイトから、応募する場合は、Web履歴書に入力した経歴があなたの情報として企業側に提示されます。

あなたのWeb履歴書の内容を、人事担当者が確認し、転職サイトを通してあなたに連絡が届く流れです。

紙の履歴書や職務経歴書を送付することも

その後、面接の前に、紙の履歴書と職務経歴書を送付したり、面接の際に持参する場合もあります。

企業からオファーをもらうには

転職サイトによっては『スカウト機能』を設定して、あなたの経歴をオープンにしておけば、入力したWeb履歴書を見て、オファーをいただけることも。

どれだけ多くのオファーをもらえるかは、やはり入力の仕方や、工夫に左右されます。

【40代女性】Web履歴書の作成での注意点

1つの転職サイトごとに、履歴書や職務経歴書を入力します。

どこかの転職サイトで入力したものを、コピペして使い回すことも可能です。

ただし、繰り返しますが、フォーマットが転職サイトによって違いますので、その辺りは、アレンジする必要があります。

一度にたくさんのオファーが欲しい場合

もし、一度にたくさんのオファーが欲しい場合は、多くの採用担当者の目を意識して、『凡用性の高い内容』にします

ただし、凡庸性が高いということは、あなたのアピールポイントがぼやけてしまうことを、念頭におきましょう。

もし、凡庸性の高いweb履歴書でオファーがなかった場合は、1社、1社、それぞれの会社へ向けて、全力で作成しなおし自ら応募します。

決まった企業に応募する場合は

ですので、決まった企業に応募する場合は、応募する企業向けに作成します。

その場合は、応募する企業に、求められる実務能力を想定し、自身の経歴やスキルから合致する部分を見つけ、その点をアピールします。

転職サイトによっては、特別なフォーマットがなく、職務経歴を大きな枠に、自力で作成して入力しなければならないことも。

何をどう提示したらよいのか戸惑いますが、見出しを付けたり、箇条書きにするなどし、『相手に読みやすく、理解しやすい書類を作成する。』と思えば、入力しやすくなるはずです。

困ったら、実際に職務経歴書を紙で作成し、それをそのまま入力してもよいでしょう。

【40代女性】紙で作成した履歴書と職務経歴書がベースに

いずれにしても、基本的は、紙で作成する履歴書や職務経歴書に沿ったものに。

その方が、後から別に送付したり持参したりした際も、採用者の方も、あなたの経歴を理解しやすくなります。

また、履歴書については、40代女性のための 履歴書の書き方(手書き?学歴っていつから?おすすめサイズと書式)を参考にしてみてください。

また、40代女性のための、職務経歴書の書き方については、【職務経歴書】40代女性にあったおすすめの書き方をご紹介!で、作成するための基本的な考え方や、40代ならではの書き方をご紹介してますので、こちらも参考にしてみてください。

空白が目立てば、もちろんNGですが、実は、ぎっしり埋まったものも、読みにくくてNGなんです。

『バランスよく、読みやすく』が鉄則です。

40代女性が仕事を得るための情報

履歴書/職務経歴書 40代女性の書き方のご紹介

40代の履歴書と職務経歴書は、新卒とは違います。さらに40代女性となると、もっとマニュアル通りにはいきません。

以下の記事で、40代女性の『履歴書/職務経歴書』の注意ポイントをまとめました。

履歴書/職務経歴書【40代女性】の書き方 まとめ

40代女性におすすめの国家資格(主婦の方にもおすすめ)

転職の武器となる『40代女性におすすめの国家資格』をご紹介します。

40代からの資格取得の場合、受験資格の有無や、在宅で勉強可能か?など、諸々条件が付く場合がほとんどです。

ということで、『40代女性』が取得可能、もしくは、取得できれば収入UPにつながる資格をピックUPしてご紹介します。

40代女性におすすめの資格を「食いっぱぐれない度ランキング」でご紹介!

40代女性の未経験からの仕事と資格(収入UP&在宅ワーク)

40代女性として、この先、未経験から資格を取得して、キャリアチェンジを図りたいとお考えの方も。

さらに老後の2,000万問題を解決すべく在宅ワークで副業をお考えの方なら、以下の資格や仕事を参考にしていただくと良いと思います。

未経験OK!40代女性におすすめの仕事と資格(在宅ワーク紹介あり)

登録するなら!40代女性におすすめの転職サイト

転職サイトも転職エージェントも、登録料や利用料というのは必要ありません。

閲覧するだけなら、登録も必要ありません。

ですが、オファーをもらったり、応募したりというなら、やはり登録する必要があります。

最近は、登録は名前や年齢、メールアドレスなど、最低限の情報登録でOKな転職サイトも多くあります。

ですので、とりあえず登録して、時間のあるときにじっくりWeb履歴書や職務経歴を入力作成するのがおすすめです。

以下で40代女性におすすめの転職サイトをご紹介します。

40代女性が登録するなら

Web履歴書って何?【40代女性】面接へ進むための作成のポイント まとめ

いかがでしたでしょうか。Web履歴書についてご紹介しました。

とにかく、Webであっても、紙であっても、採用者が読んで、会ってみたいと思うもを作成しなくては、次の面接へ進めません。

職務経歴書は特に、書類作成スキルも問われますので、読みやすくするのが鉄則です。

ぜひ、参考にしていただき、転職を成功させてくださいね。

40代女性の面接に使えるレディースビジネスアイテム 

  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
クリックできるもくじ
閉じる