メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

【宅建】試験の内容・難易度・合格率・必要勉強時間

こちらでは、その宅建の勉強内容や、難易度、合格率、具体的な勉強時間についてご紹介します。

しっかり資格取得の計画を立てることができれば、途中挫折も防げます。

こちらを参考に、ご自身の資格取得のスケジュールを立てましょう!

私が書きました
sophy
(ソフィー)
今年50歳になりました!

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく


タップできる目次

【宅建】試験の内容・難易度・合格率・必要勉強時間

以下では宅建の国家資格の試験内容をご紹介します。

難易度は国家資格の中では高くはありません。

とはいえ、国家資格ですので、やはりしっかり勉強する必要があります。

【宅建】試験の内容

受験資格誰でも受験できる
申込期間郵送:7月〜下旬
インターネット7月上旬〜中旬
試験日例年10月の第3日曜日
試験地原則として受験者が居住している都道府県の会場(全国に約200)
受験料7,000円
試験内容宅地建物取引業に関する実務的な知識を有し、その知識が、次の7科目の内容の概ね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準をおいている。
【学科】
四肢択一式で、出題数は50問。解答はマークシート方式による(2時間)
❶土地の形質、地積、地目、種別、および建物の形質、構造、種別に関する知識。
❷土地及び建物についての権利および権利の変動に関する法令知識
❸土地及び建物についての法令上の制限に関する知識
❹宅地及び建物についての税に関する法令および実務知識
❺宅地及び受給に関する法令および実務知識
❻宅地及び建物の価値の評定に関する知識
❼宅地建物取引業法および同法の関係法令に関する知識
※出題の根拠となる法令は、受験年度4月1日現在施行されているものである。
試験は、全国都道府県ごとに同一の問題で、同時に実施される。原則として、住所地(居住地)で実施されてる試験以外は受験できない。
問い合わせ先一般財団法人 不動産適正取引推進機構
宅地建物取引士(宅建士)の資格

宅建の難易度

以下では、宅建士以外の国家資格と難易度を比べてみました。

公認会計士などの難関資格ではありませんが、それなりに勉強する必要があります。

難易度資格

(東京大学レベル)
司法試験・公認会計士
A司法書士・弁理士・税理士・不動産鑑定士
B
(上智大学レベル)
中小企業診断士、社会保険労務士、マンション管理士、簿記1級
C宅建士、管理業務主任者、通関士、FP技能士1級

宅建の合格率

宅建士の合格率は15〜17%です。

それ以外の国家資格の合格率も掲載します。

国家資格合格率
司法書士3~4 %
社会保険労務士6~7 %
マンション管理士8~9 %
行政書士11~15 %
宅建士15~17 %
管理業務主任者20~30 %

試験合格に必要とされる勉強時間

【勉強時間めやす】
公認会計士3,500時間
司法書士3,000時間
税理士3,000時間
中小企業診断士1,000時間
社労士1,000時間
行政書士600〜1,000時間
FP1級600時間
宅建士300〜400時間

1日1時間勉強すると、1年で365時間です。

宅建士の平均的な勉強時間は300時間〜400時間ですので、1日1時間勉強すると1年で勉強できるということになります。

人により毎日勉強できない人や、逆に1日3時間勉強できる人もいるでしょう。

そのあたりを、ご自身で加味して考えれば、ある程度の必要な勉強日数が計算できるはずです。

そこを短期間にしてくれるのが、オンライン通信講座ということなのですね。

宅建士の資格は、テキストだけを購入して独学もムリではありません。

その場合は1年〜3年を目処に頑張りましょう。

ですが、最小限の労力と期間で勉強するなら、オンライン通信講座を上手に使うのもアリです。

いますぐ申し込める宅建のオンライン通信講座

独学で1年〜3年のところを、オンライン通信講座なら最短6ヶ月で勉強できます。

格安でコスパの高い スタディング なら、独学でかかる費用と差額は約1万。

【宅建】在宅で取れる
オンライン通信講座4選


❶→ユーキャンの宅建士講座公式ページへ
講義動画時間 不明
テキスト 6冊
価格:63,000円
期間:6ヶ月
※一般教育訓練給付金制度対象講座


❷→スタディングの宅建士通信講座公式ページへ
講義動画時間 32時間
+7,480円でテキスト(4冊)付き
価格:19,800円
期間:2022年10月31日まで


❸→アガルートの宅建士通信講座公式ページへ
講義動画時間 70.5時間
テキスト 5冊
価格:54,780円
期間:2022年10月31日まで


❹→フォーサイトの宅建士通信講座公式ページへ
講義動画時間 17.3時間
テキスト 4冊
価格:59,800円
期間:2022年度本試験前日まで
※一般教育訓練給付金制度対象講座
※料金や内容は変更されることがあります。必ずお申し込みの前にご確認ください。
  • URLをコピーしました!

コメントを残す

コメントする

タップできる目次