メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

40代女性の資格取得で転職してみた体験談と失敗解決策。

当ページのリンクには広告が含まれています。

こちらでは、実際に40代で、資格取得をしてキャリアチェンジを試みた体験談と、その体験から得た解決策をご紹介します。

40代女性が転職を考える場合、これまでの経験を活かした転職をするのが基本です。

ですが、諸々の事情からこれまでに経験のない仕事へ、キャリアチェンジを図る方もいらっしゃると思います。

そんな場合、どのように転職するのがよいのでしょうか?

体験談から、私が得た転職失敗の解決策をご紹介します。

私が書きました
ソフィー

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業内で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。→もっと詳しく

タップできる目次

結論:40代女性の転職には『資格』と『経験』の2つとも必要

いきなりですが、(^^; 結論から申し上げます。

40代の再就職や転職で、キャリアチェンジするなら、『資格』と『経験』の、2つとも必要です。

ですので、資格だけ取得しても、転職はかなり厳しいのが現状です。

なぜなら、40代の転職や再就職で、強みとしてアピールできることは経験。
だから、資格(知識)だけじゃダメなんです。

では、どうしたらよいのか?

ということで、体験談からご紹介していきます。

資格だけで40代でキャリアチェンジに挑戦してみた 私の体験談 

私の希望は、正社員として、キャリアコンサルタントとして再就職することでした。

ですが、娘が小学1年で、夫は単身赴任でありワンオペ子育てだったため、出社、退社の時間が限られました。

当然、万が一のサポートもない状況でしたので、応募できる求人も限られていました。

それでも、どうしてもキャリアコンサルタントになりたくて、田舎から上京し、転職活動をしたときの体験談です。

派遣社員の登録面接で言われたこと

正社員を目指していたものの、他の雇用形態でもよいと考えていました。

ですので、派遣登録もしておこうと思い、派遣会社の登録面接を受けました。

その際に、アドバイザーの方に言われたことは、

『資格だけあっても、経験がなければ、キャリアコンサルタントとしての仕事のオファーは難しいかもしれませんね。(派遣できない。)
あなたの、これまでの経験がある職種で、派遣登録したらいかがですか?』

ということでした。

確かに、よくよく考えれば、当たり前の話なのですが、企業が40代中途採用や、派遣社員に求めることは『経験と即戦力』です。

私は、企業内人事で採用に携わった経験やスタッフの相談業務などをした経験はありましたが、あくまでそれはキャリアコンサルタントとしてではなく、企業内の仕事の一環としてした経験でしかありません。

ですが、派遣先企業や、中途採用する企業というのは、採用後すぐに「キャリアコンサルタントとして仕事ができる人」が希望なのです。

その際の私の結論

経験なしで、派遣登録さえできないのであれば、正社員での再就職も難しい。

これが、実際に行動して、私が得た情報です。

「じゃあ資格を取得して、40代のキャリアチェンジは不可能なのか?」

登録面接からの帰りの地下鉄で、どうすべきかを、ショックとともに必死で考えた私でした。

資格で40代のキャリアチェンジを成功させる方法 ポイントは2つ

資格を取得して、40代のキャリアチェンジを成功させるには、『資格と経験がセット』ということが、分かってきました。

それならば、足りない経験を積めばよいのです。

では、具体的に何をするべきか?

方法その1:経験をアルバイトで積むキャリアプランへ切り替える

経験を補うその方法とは

方法その1

雇用形態にこだわらず、未経験から募集している求人を探し、資格取得後役立つ経験を積む。

キャリアコンサルタントのような職種なら、ボランティアの活動もあります。

でなければ、アルバイトで未経験でもOKな仕事を探して、働き、経験を積むのです。

例:登録販売者の仕事の場合

例えば、40代のキャリアチェンジに人気の国家資格である、登録販売者の場合で考えてみます。

最初のステップとしては、登録販売者の資格を取得しつつ、資格取得後働くであろう、ドラックストアなどでアルバイトするのです。

そうすれば、資格取得した後の就職活動では、資格と経験がある人材として、アピールすることができます。

方法その2:すでに自分が持っている経験を活かすことを考える

もう一つの方法は、

方法その2

『これまでの自分の経験』と、『取得した資格』を掛け合わせ、その両方が役立つ仕事を探し、応募する方法です。

私の場合はこれまでに、BtoBでの営業経験や、ショップ運営の中で売り上げを大きく伸ばした経験がありました。

ですので、キャリアコンサルタントの資格が必要な職種で、BtoBの仕事であり、さらに売り上げを伸ばせる人材を求めている『求人』を探し応募しました。

ですので、『方法その1』のように、今から経験を積むのではなく、すでに自分が持っている経験を活かすことを考えます。

「その2」の方法をしてみた結果

ご紹介した2つの方法のうち、「その2」を実行した結果、見事『キャリアコンサルタント・産業カウンセラー』として人材派遣会社に採用が決まりました。

成功ポイントとしては、やはり、自分の経験を高く評価してくれる企業を探したことです。

尚且、資格が活きる仕事を選んだことだと思います。

私が具体的にした転職活動

具体的にした就職活動の内容は、こちらの『転職ブログ ソフィ』でご紹介してます。

また、一貫して学べるように、今回【完全無料メルマガ】女性のための転職の仕方ロードマップを作成しました。

私のケースが必ずしも、当てはまる方ばかりではないかもしれません。

ですが、40代で転職したという実体験に基づいた情報ですので、なにかしらのヒントにはなると思います。

また、キャリアコンサルタントとして、持っている情報や、採用、人事に携わった経験からもいろいろなご提案・アドバイスができると思います。

さいごに:資格と仕事と経験のバランスを考えれば、40代女性の転職の突破口はつくれる

いかがでしたでしょうか。40代で資格を取得し再就職を試みた体験談をご紹介しました。

さらに、その状況を打破すべく、実際に私がした解決方法もご紹介しました。

40代の転職は、『資格と経験がセット』です。

なので、資格だけもNGですが、経験だけでも厳しいのが現状です。

さらに、『あなたがすでに持っている経験を活かす』ということも、忘れないでください。

ぜひ参考にしていただき、あなたの転職を成功させてくださいね。

私の経験がみなさまのお役に立てば幸いです。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次