メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

転職に失敗しないために「自分が絶対に譲れないこと」を確認しておこう

『自分が絶対に譲れないこと』がなぜ転職に大切かと言えば、『絶対に譲れないこと』が満たされない仕事は、続かないからです。

例え、続けられたとしても、辛い毎日を送ることになります。

それは良い人生とは言えませんよね。

ですので、仕事を選択する際に、自分の価値観やこだわりは、とても大切なのです。

その人が『どうしても犠牲にしたくないこと』を、『キャリアアンカー』といいます。

『キャリアアンカー』とは、アメリカ心理学者である「エドガー・シャイン」が仕事を選択する際に、その人が最も重要とする価値観や欲求のことをそう定義しました。

『キャリアアンカー』から、あなた自身の『こだわり』や『最も重要とする価値観』が分かれば、選ぶべき仕事や求人も分かり、満足度の高い転職をすることができます。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
今年50歳になりました!

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく


タップできる目次

あなたはどのタイプ?キャリアアンカーの8タイプを簡単にご紹介

エドガー・シャインが定義した『キャリアアンカー』には、8つのタイプがあります。

8つのキャリアアンカーの種類

❶【専門性・職能性コンピタンス】タイプ
ある専門領域で、より高いレベルまで伸ばしていくことのできる機会を手に入れることを一番重要とする。
自分の技能に磨きをかけることが、自分らしさを確立することに繋がる人。

❷【全般管理コンピタンス】タイプ
組織の階段を、できるだけ高いところまで登りたいと考える人。(出世したい人。)
全体的な成果に責任を持つことを望む人。

❸【自立・独立】タイプ
仕事の枠組みを自分で決め、自分の裁量で柔軟に決められることを望む人。
事業を自分で起こす場合もありますが、動機は『起業家的創造性』の人とは異なります。

❹【保証・安定】タイプ
会社の雇用保証や、組織での終身雇用を一番重視する人。
首尾よく仕事を成し遂げ、ほっとするときの気持ちを得ることに関心がある。

❺【起業家的創造性】タイプ
危険を負担しても障害を乗り越え、自分自身の会社や事業を起こす機会を得たい人。
自身の能力や意欲をもってのぞみ、事業を創造できることを証明したいと考える人。

❻【奉仕・社会貢献】タイプ
環境問題や民族間の問題に取り組んだり、新薬を開発して世の中の役に立つことなどに一番の価値をおく人。

❼【純粋な挑戦】タイプ
困難な問題を解決したり、手強い相手に打ち勝つ機会を仕事に求める人。
目新しさや変化、どれだけ困難かということ自体に興味がある人。

❽【生活様式】タイプ
特定の職能や組織と関わるよりも、自分のトータルの人生に重点を置く人。
ゆえに自身や家族の要望が満たされていることや、自己啓発に興味がある人。

正確にキャリアアンカーを知るには

本来ならば、40問の質問に答えて、点数を出す形式です。

正確にご自身のキャリアアンカーを測りたい場合は、『キャリアアンカー エドガーH・シャイン【著】金井壽宏【訳】』をお読みいください。

著書には、あなたが『重要な局面で物事を選択するパターンや傾向』を知ることができる、『インタビュー形式の質問』の掲載もあります。

親しい人(身内や友人)と、このインタビューを利用して、キャリアアンカーを知ると伴に、自己理解を深めることができます。

もちろん、特別な知識は必要ありません。また、薄い本ですので、1、2日で簡単に読むことができます。

繰り返しますが、キャリアアンカーは自己理解につながります。

自己理解がしっかりできていることが、間違った転職を防ぐ第一歩となります。

結局、自分をよく知ることが、仕事のマッチングをスムーズにし、あなた自身の人生の満足度を上げることになるのです。

『何のために働くのか?』は、言い換えれば、『何のために生きるのか?』ということでもあるのです。

厚生労働省から自分を知るためのツールがあります!

厚生労働省では、仕事を探す人向けに自分のこれまでの経歴や、自分の価値観などを整理できるツールがあります。

無料ですぐ使えます。

キャリア・アンカーを見つけるツールではありませんが、^^; こちらもぜひ利用してみてください。

ジョブ・カード制度

\キャリアコンサルタントも使用する誰でも無料で使えるツールです/

厚生労働省 公式ページ
キャリアプランを自分で組み立てる無料ツール 『ジョブ・カード』自己理解ページ

ジョブ・タグ

ジョブタグは、上述のジョブ・カード制度の後につくられたサービスです。

上述の「ジョブ・カード制度」は転職でも使える職務経歴書を作成できるツールですが、こちらのジョブタグは具体的に業種や職業の種類を検索できたり、資格との関連などを知ることができます。

また、すぐできる適正検査もあります。こちらも無料ですので活用してみてください。

ジョブ・タグ 職業情報提供サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職をお考えの方へ向けて、自己理解の手助けとなる『キャリアアンカー』についてご紹介しました。

価値観は人それぞれです。そして、幸せか、そうでないかを決めるのは自分です。

ですので、その指針となるキャリアアンカーは、もっとも重要なものといえます。

ぜひご自身のキャリア・アンカーを見つけて、あなたにとって良い仕事をみつけてくださいね。

こちらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次