メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

キャリア相談をキャリアコンサルタントに申し込む方法

こちらでは、キャリアコンサルタントへ相談するための方法や流れをご紹介します。

ご紹介するキャリアコンサルタントへの相談は、ハローワークのキャリア相談とは違い、この先の貴方のキャリア設計についてじっくり相談をすることができるサービスです。

転職エージェントでの相談とも違いますので、転職先を紹介したり斡旋することもありません。

ということで、こちらでご紹介します相談について、以下で申し込みの流れや、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

これでこの先の「キャリアプラン」を見つけられます。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
今年50歳になりました!

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく

キャリア相談できるサイト「キャリコレ」

キャリコレは、一般キャリアコンサルタント国家資格よりさらにその上のスキルである技能検定取得者や、社会保険労務士など専門スキル・知識を持っているプロフェッショナル揃いです。

30分で3,000円です。この金額でこの先の人生が明確になるなら安いです。キャリアコンサルタントである筆者が全力でおすすめする方々です。

\ 守秘義務はしっかり守られます /

★これからのキャリアで困ったら★


タップできる目次

キャリア相談を申し込む方法

まずは、自分のキャリアについて、相談したい場合の申し込み方法をご紹介します。

ご紹介するのは、国家資格を持つ熟練のキャリアコンサルタントが在籍する「株式会社ビサイド」の「キャリコレ」のサービス。

キャリア相談をするための申込み方法

STEP
キャリコレのトップページへ

キャリコレは、国家資格を持つ熟練のキャリアコンサルタントが在籍する「株式会社ビサイド」のサービスです。

「キャリア相談」のみならず、キャリアコンサルタントの国家資格試験を受ける方向けの、試験対策用実技レッスンなどその他のサービスもあります。

STEP
トップページの上のメニュープルダウンより「キャリア相談」を選ぶ
STEP
キャリア相談ページを下へスクロールして無料相談バナーをタップ
STEP
名前やアドレスなどを入力して送信する
STEP
キャリコレの事務局よりメールが届く

事務局よりメールが届いたら、相談内容や希望講師についてをメールで返信すればOK。

相談したいキャリアコンサルタントを、顔写真入りのプロフィールを見て選ぶことができるので安心です。

相談料金

相談料金は、30分で3,000円・60分で6,000円・90分で9,000円・120分で12,000円となります。

最初は一番短い30分でよいです。もし、相談してみて、もう少しカウンセリングが必要だとご自身が思えば、再度申し込むこともできます。

キャリコレに申し込むメリット・デメリット

実はご紹介したキャリコレ以外でも、厚生労働省のサービスである「キャリコンサーチ」で、キャリアコンサルタントへキャリア相談を申し込むことが可能です。

とはいえ個人で個別に、キャリアコンサルタントへ依頼する必要があるため探すのがちょっと大変。

なぜなら相談を依頼する流れや、料金がマチマチでわかりにくく、申し込むハードルが高くなってしまうのです。

ですので、ご紹介した「キャリコレ」なら、高いスキルを有したキャリアコンサルタントが揃い、ハッキリ明記されているので、安心して申し込めます。

その他の「キャリコレ」に相談するメリットは以下の通り。

  • オンラインで相談することができるサービスで、全国どこからでもネット環境があれば相談可能です。
  • 料金設定が明確で申込みしやすい。しかも相談料金がお値打ち価格。
  • 転職エージェントのように、転職の斡旋を受けることがない。
  • あなたのキャリアについて相談したいことを、安心してじっくり話せる。
  • これからのキャリアプランが明確でい場合も、何かしらの気付きを得ることができる。
  • 傾聴のプロフェッショナルに相談できるので、自分の考えが整理ができる。

「キャリコレ」に相談するデメリットは以下の通り。

  • お金がかかる

とはいえ、法律の相談は弁護士にお金を払って相談しますよね。

キャリア相談についても、プロフェッショナルに相談するということですので、料金が発生するのは当然といえば当然。

利用料無料のハローワークでは、窓口のキャリアコンサルタントが忙しく、じっくり話を聴いてもらうということが難しい現状です。

そもそも、ハローワークや転職エージェントのキャリアコンサルタントは、仕事を紹介することを目的としていますので、どうしても根本的な悩みを聴くというより、転職へと話が流れてしまいやすいのです。

ですのでハローワークや転職エージェントへの相談は、無料ですが、根本的なキャリアの悩み解決に至らないことがあるのも否めません。

そのような中で、30分3,000円で、じっくり自分のこれからについて、プロフェッショナルに相談できるのは、他にない先進的なサービスといえます。

キャリア相談できるサイト「キャリコレ」

キャリコレは、一般キャリアコンサルタント国家資格よりさらにその上のスキルである技能検定取得者や、社会保険労務士など専門スキル・知識を持っているプロフェッショナル揃いです。

30分で3,000円です。この金額でこの先の人生が明確になるなら安いです。キャリアコンサルタントである筆者が全力でおすすめする方々です。

\ 守秘義務はしっかり守られます /

★これからのキャリアで困ったら★

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、キャリア相談のプロフェッショナルが揃う「キャリコレ」のサービスと相談の申込み方法についてご紹介しました。

あれこれ悩むなら、ちょっと高いランチ代だと思って、思い切って申し込んでみては。

そしてぜひ、傾聴される体験をなさってみてください。必ず新たな気付きが生まれます。

そしてそれによって、大きく人生の選択が変わるということが少なくありません。(←私はそういう人を、これまでの経験の中で沢山見てきました。)

人生100年時代になり、終身雇用、年功序列、定年制度がなくなりつつあり、老後の年金は心もとないとなると、上の世代の方たちのロールモデルは参考になりません。

ですので、私達はこれからのキャリア設計、人生設計を個々で選び、自己決定して行動していかなくてはなりません。

ぜひキャリアコンサルタントへ相談して、この先の人生を切り開いてください。

より良く働くことは、より良く生きることでもあるのですから。

  • URLをコピーしました!

コメントを残す

コメントする

タップできる目次