メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

子持ちママの転職『応募前の求人問い合わせ』活用術

この求人いいじゃん。
でも、ちょっとだけ条件が合わないんだよな。

求人の応募条件について質問したいけど、問合せってするべき?

それとも、そのまま応募しちゃっていいかしら?

という疑問にお答えします。

本記事の内容

子持ちママの転職の、応募前の問合せ活用術。

子持ちで求人を探していると、応募して良いものかを迷うことありますよね。

そんなとき、『事前問合せ』をうまく活用しましょう。

ということで、私が転職活動の際していた『活用術』をご紹介します。

私が書きました
sophy 
(ソフィー)

キャリアコンサルタント【国家資格保有】
産業カウンセラー【資格保有】

企業で、人事・スタッフ育成を担当した経験から30代でキャリアコンサルタントの資格取得。その後、40代で人材派遣会社へ転職。現在は夫が経営するショップの労務管理を担当。

クリックできる目次

子持ちママの転職『応募前の求人問い合わせ』活用術

転職活動中、応募したい求人で疑問に思うことがあれば、どんどん問合せしましょう。
ってそれは、普通のことですが・・・^^;

ちょっとだけ、OKをもらう為の工夫をしましょうって話です。

工夫とは、『とにかく、どうしてもあなたの会社で働きたい。』ということを、前面に出すことです。

まあ、『物は言いよう』ってことですね。

『な〜んだ』でした? 笑

『じゃあ、具体的にどうやって問合せするのか?』

例:子持ちで条件確認の電話の問合せ方

ということで、採用の条件について聞きたい場合に使える、電話質問の問合せ方法を『例』でご紹介します。

『条件について確認したい場合』に使えると思います。

求人には、就業時間が18時までとされておりました。

ですが子供のお迎えの関係で、17時までしか就業できません。
私はぜひ御社でお仕事をさせて頂きたいと志望しております。

応募してもよろしいでしょうか?

こんな聞き方なら、許容範囲内であれば『一度応募書類をお送りください。』と言ってくださいます。

もしNGならお断りされるでしょう。

ですが考え方を変えれば、ずっとこの方が効率的なのです。

なぜなら、

わざわざ苦労して書類を作成したり、面接したりした後、条件が合わないからと不採用になるより、無駄をは省くことができるからです。

繰り返しますが、ポイントは『どうしても応募企業で働きたいと志望している』ということを伝えることです。

子持ちで条件が合わないけど、応募書類が通る裏ワザ

私がその後送付していた履歴書の『本人希望記入欄』には、以下のように記載していました。

ちなみに、応募した企業全6社で書類通過してましたので、この方法は有効かと思います。

例:履歴書の『本人希望記入欄』記載内容

先日は、お電話でのご対応ありがとうございました。

お伝えした通り、小学1年の娘が一人おりますため就業時間のご配慮をお願いいたします。(就業可能時間:10時〜17時)

それに伴います雇用形態の変更や、減給などにも応じることが可能です。

上述の例は、あくまで、雇用形態の変更や減給に応じることができる場合です。

とはいえ、これを応用すれば、色々なケースに当てはめることが可能です。

あなたの条件に当てはめて、使ってみてください。

子持ちママの書類通過後の面接での注意点

もし、上述のように履歴書の『本人希望記入欄』へ記入しなかったとしても、

面接の際に、正社員→アルバイトなど、『雇用形態の変更が可能なら、採用を考えますよ。』と提案される場合もあります。

そんな提案をされた場合、志望するのか、しないのかを、あなたの中で決めておきましょう。

ですので、雇用形態や、可能な就業時間、給与についてなど、譲れない条件をはっきりさせておくことが大切です。

もし、面接で迷っってしまった場合は、即答せず、『家族と相談したいので、少しお時間をいただけないでしょうか?』と時間稼ぎします。

もちろんその場合でも、翌日くらいまでには返答しましょう。

子持ちママの転職成功ポイント

子持ちママの転職成功ポイントは、企業側がどんな人材を求めているのかをよく理解することです。

そして自分を、企業が求める人材にいかに近づけて売り込めるかです。

要するに、自分を採用することで、得られるメリットを具体的に示せばグッと採用に近づきます。

自分を採用するメリットを武器に、企業側と採用条件を交渉するイメージです。

子持ちママの転職成功ポイント

  • 企業側がどんな人材を求めるかを理解する。
  • 自分を『企業が求める人材』に近づけて売り込む。
  • 自分を採用することで、得られるメリットを具体的に示す。
  • 自分を採用するメリットを武器に、企業側と採用条件を交渉する。

さいごに:子持ちママの転職『応募前の求人問い合わせ』活用術

いかがでしたでしょうか。求人への電話での問い合わせの仕方をご紹介しました。

電話での受け答えは、採用の合否にも影響します。まずは、よい印象を相手に持ってもらうことが大切です。

ぜひ参考にしていただき、あなたの転職、成功させてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる