メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【体験談】40代女性は正社員で転職は厳しい?解決策をご紹介!

【体験談】40代女性は正社員で転職は厳しい?解決策をご紹介!

40代女性で転職活動してるけど、なかなか厳しい。どうしたら採用になるかしら?
就職できた人って、どうやってできたの?

という方へ向けてのご紹介です。

こちらの記事の内容

40代女性が、正社員採用を勝ち取るための突破口の見つけ方

40代女性の転職は厳しいのが現状です。

44歳で転職を試みた筆者自身、その厳しさを痛いほど感じました。

とはいえ、ちょっと視点を変えれば、突破口が見えてくるのも確か。

ということで、体験談と伴に、キャリアコンサルタントとしての見解も交えて、具体的な解決策を詳しくご紹介します。

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

【体験談】40代女性は正社員で転職は厳しい?解決策をご紹介!

正社員希望で就職活動をしても、なかなか決まらない場合ってありますよね。

そんな場合は、もうちょっと長い目で、そして柔軟に転職を考えてみてはいかがでしょうか?

40代女性が転職が厳しいと感じるとき、以下の2つの方法をご提案します。

  1. キャリアプランを見直して正社員を目指す方法
  2. 40代女性が転職しやすい業界へシフトして正社員を目指す方法

ということで、それぞれを詳しくご紹介します。

補足:

こちらの記事を作成するに至った根拠は【40代女性】が未経験の仕事へ資格とって転職ってどうなの?私の失敗解決策。でご紹介してます。

結論としては、『40代の正社員への転職は、経験だけでも、資格だけでも、転職できない。』ということです。

ですので、以下で解決方法をご紹介します。

1,キャリアプランを見直して正社員を目指す方法

キャリアプランを見直す方法とは、

方法その1:
いきなり正社員でなく、希望の仕事をアルバイトでしつつ、関連資格を取得する。

『アルバイトじゃなくて、正社員が希望なのっ。』という方も、^^;

例えば、
6ヶ月間このまま、正社員だけに絞って就職活動を続けるのか、

それとも

視点を変えて、その6ヶ月間を『経験を積む+資格取得をする期間』にし、スキルUPしてから再チャレンジするのか。

どっちが、40代から正社員になる確率って、高くなると思いますか?

ということで、1つめのご提案です

正社員になるポイント1つめ

いきなり正社員を目指さず、まずはアルバイトで、希望の仕事の経験を積むプランへ変更します。

そして経験を積みつつ、武器となる必要な資格を取得して、転職活動を再開し、正社員採用を目指す方法です。

いかがでしょうか?

もし経験が長い業界でも転職が厳しい方なら

『経験が長い業界でも、転職できないんですけどっ。』という方は、
経験はOKなので、資格でご自身の経験の裏付けをする必要があります。

ですので、関連資格を取得しましょう。

要するに、キャリアプランを見直して、もっと長期的に転職を考えるということです。

今だけを見てしまうと、収入が安定しないとか、資格取得に出費がかさむとか、時間がないとか・・・

諸々事情はお有りでしょう。

でも、10年、20年のスパンで考えれば、生涯を通しての収入のトータルが上がる方が嬉しくないですか?

アルバイトでの『スキルUPにかかる時間』や、『資格取得にかかるお金』は、自分への投資です。

種をまかない畑には、何も実りません。

アルバイトでの『スキルUPにかかる時間』や、『資格取得にかかるお金』は、後に収穫するため(収入UP)の種まきと考えましょう。

経験を証明するための資格

40代女性の転職で求められるのは、即戦力です。

その際に必要なのは経験。

経験を証明するには『資格』で証明する必要があるんです。

例えば

『事務経験が15年あります。』と言われても、採用者する側は、どの程度の仕事をこなせるのか測りかねます。分からないんです。

分からないから採用しないのですね。

でも、例えばですが『MOSの Word と Excel の資格を取得しています。』と言われれば、どの程度のスキルを持っているのか把握できます。

ですから、職務経歴書でできるだけ具体的に、経験をアピールするのはもちろんですが、資格を取得して証明する必要があるのです。

ですので、アルバイトで収入を得つつ、また、経験も積みつつ、資格取得をしましょうという提案になるのです。

❶の方法の行動フローは以下の通り。

STEP
希望の仕事のアルバイトを始める。

アルバイトする仕事は、なんでも良いわけではなく、必ず正社員希望の仕事か、それに関連する仕事にします。

正社員の応募の際は、経験者として履歴書に書ける仕事を選びましょう。

STEP
アルバイトをしながら、経験を積みつつ転職に必要な資格を取得する。

資格だけを先に取得→アルバイトする。もありです。

資格は必ずあなたの「正社員への転職に役立つ資格」を選びましょう。

STEP
経験と資格を武器に、転職を再開して再チャレンジする。

40代の転職は、経験(即戦力)+専門性(資格)が重要です。

参考

2,40代女性が転職しやすい業界へシフトして正社員を目指す方法

40代女性の求人が多い業界と、そうでない業界があるのをご存知でしょうか?

筆者自身の場合は、『キャリアコンサルタントになる。』というのが、第一条件だったので、上述の1つめの方法をとりました。

ですが、特別そのあたりにこだわりがないならば、業界をシフトさせて、就活するのはかなり良い方法です。

40代女性の求人が多い業界で最短ルートを狙うなら

不動産、保険、医療、介護、販売サービス、冠婚葬祭、保育、在宅ワークの業界であれば、比較的40代以上の女性求人が多いです。

繰り返しますが、40代の転職は、ご自身のこれまでの経験(キャリア)を活かすことがセオリーです。

理由は、採用する企業は、40代に即戦力を求めているからです。

ですので、業界を変えても、これまでのあなたの経験の職種を選ぶことが最短ルートとなります。

正社員になるポイント2つめ

職種は同じでも、40代女性が転職しやすい業界を選んで正社員を狙う方法。ただし、その場合も、その業界の専門資格の取得が必要です。

(例:メーカー事務 → 医療事務 )
この場合、事務の経験者としては売り込めますが、医療分野は全くの未経験者ということになります。その場合は専門知識となる医療事務の資格を取得して証明します。

また、事務系ならばmosなどの、PCスキルを証明する資格も必要です。

キャリアチェンジにも資格は必要

この場合は、『キャリアチェンジ』といって、未経験の仕事を選ぶことになります。

未経験でも、40代女性が転職しやすい業界を選べば、アルバイト・パート採用ならば難しくありません。

繰り返しますが、正社員を狙うなら、知識を補う専門資格の取得は必須です。

以下では、40代女性の求人の多い業界や職種をご紹介するとともに、武器となる資格もご紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

40代女性が転職しやすい業界と必要資格

40代女性の転職サイト・転職エージェント

40代女性が転職サイトや転職エージェントを利用するときは、注意が必要です。

なぜなら、世の中の転職サイトや転職エージェントは、ほとんどが20代〜30代前半までをターゲットにしているからです。

ですので、特に転職エージェントは登録しても、仕事の紹介がないということも結構あります。^^;

ですので、もし『登録できない』&『ご紹介できるお仕事がありません。』と言われても、気にする必要はありません。

そんな中で、40代女性が比較的『仕事を探しやすい』&『登録しやすい』転職サイトとエージェントをピックUPしてご紹介します。

40代女性におすすめ転職エージェント

JAC Recruitment:ミドル・ハイクラスの転職なら。日系・外資系・大手・優良企業多数。

パソナキャリア・エージェント:女性に特化した老舗転職エージェント。

ミデアの転職支援サービス:40代〜50代の流通・小売・サービス関連の経験をお持ちの方におすすめです。

40代女性におすすめ転職サイト

リクナビNEXT:おすすめの転職サイト。大企業、人気企業多数。取り扱い求人の幅が広い。レジュメ機能が使いやすくて便利。

転職会議:国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載している転職サイト。情報収集から始めたい方におすすめ。

とらばーゆ:女性専門転職サイト。ファッション・アパレル・コスメ販売、エステ・ネイル・リラクゼーション、オフィスワークなど女性ならではの求人が充実。

キャリアコンサルタントからひとこと:柔軟な対応ができれば、必ず上手くいきます。

いかがでしたでしょうか。40代女性で、正社員へになるための突破口の見つけ方をご紹介しました。

正社員はかなり優遇されています。福利厚生や待遇など、色々な面からのメリットがあります。

とはいえ、それだけに固執すると、良い転職が遠のくことも。

『もう40代で時間がない? 』いえいえ、全く焦る必要はありません。

なぜなら、私たち40代は、もっと長く働くことになるからです。

年金が十分でなく、定年がなくなることが今後予想されています。

それを受け、厚生労働省をはじめ、専門家たちは70代〜80代まで皆が当たり前に働く社会になることを予想しています。

そうなれば、あと30年は働くことに。

ということは、20歳から数えても、まだ折り返し地点なのです。

それより、もう少し長い目で、『この先の人生をどう生きるか?』 を考えてみてはいかがでしょうか。

視点を高く、自分の人生を俯瞰してみれば、もっと沢山の解決策があるはずです。

ぜひ参考にしていただき、あなたにとって、ベストな転職を成功させてください。

よりよく働くことは、よりよく生きることなのですから。

おすすめ転職エージェントと転職サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる