メニュー
sophy(ソフィ)
・キャリアコンサルタント【国家資格保有】 ・産業カウンセラー【資格保有】
某セレクトショップ店長経験あり。国内外の30以上のブランドを取り扱い、セレクトも担当した経験を持つ。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当したことをきっかけに、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。40代で人材派遣会社へ転職する。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。50代目前のアラフィー。
キャリア相談を申し込みたい方はこちら詳細を見る

ハローワーク以外の求人相談ができる厚労省のキャリコンサーチをご紹介!

ハローワーク以外の求人の相談をしたい方へ向けて、キャリコンサーチについてご紹介します。

キャリコンサーチとは、厚生労働省が国の法律に基づいた国家資格を持つキャリアコンサルタントを検索するためのサービスです。

この「キャリコンサーチ」についてご紹介すると伴に、利用の仕方やメリットについてご紹介します。

上手に活用して、前へ進みましょう!

私が書きました
sophy
(ソフィー)
今年50歳になりました!

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。
さらに詳しく


タップできる目次

そもそもハローワークの相談内容ってどんなの?

そもそもですが ^^;

ハローワークって何をする場所かもう一度おさらいしておきましょう。

ハローワークとは「職業安定所」のことで、厚生労働省が管轄する「仕事を探すための相談窓口」です。

その他にできる主な内容は以下の通りです。

  1. 求人の紹介状の発行
  2. 求人への応募
  3. 履歴書の書き方や面接などのアドバイス
  4. 職業訓練の相談・申し込み
  5. 失業保険の申し込み

ということで、

「すぐに仕事をしたい。」

「職業訓練を受けたい。」

「失業保険の申請をしたい。」

という方のための窓口といえます。

では、「じっくり今後の自分のキャリアついて相談にのって欲しいのだけど・・・・。」

という場合はどこへ相談したらよいのか?

その場合は、国家資格を取得したキャリアコンサルタントを探して、直接申し込むことになります。

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは、学生・求職者・在職者等を対象に職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門職である。2016年4月に職業能力開発促進法にキャリアコンサルタントが規定され、国家資格となる。この資格を所得しない者は「キャリアコンサルタント」又は、これに類似した紛らわしい名称を用いることができない。

 引用元:ウィキペディア

ハローワーク以外の求人相談は厚労省のキャリコンサーチを使おう!

運営者
特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会

もしも、今後の自分のキャリア形成について、じっくり相談したいという場合は、
国の法律によって認められたキャリアコンサルタントに相談することがベストです。

なぜなら、スキルや知識を持つ、キャリア相談を受けるプロフェッショナルだから。

ですので、家族や友達に相談することとは全く違い、相談をする中で、新たなキャリアビジョンを見出しやすくなります。

つまり、仕事やこの先のキャリア、取得するべくスキルなど、具体的にまた現実的に話をすることができます。

その他の相談するメリットは以下の通りです。

キャリアコンサルタントに相談するメリット

キャリアコンサルタントに相談するメリット
  1. 自分の経験や思い、キャリアに対しての考えなどをじっくり聴いてくれる。
  2. 今後の自分のキャリアの目標を見つけるための援助を受けられる。
  3. 自分に必要な情報や視点など、新たな気づきを得ることができる。
  4. 転職などの具体的な行動についてのアドバイスや、情報をえることができる。

ということで、ハローワークの転職相談や、転職エージェントのキャリア相談とは少し違います。

なぜなら、「相談者にスポットを当てた相談サービス」だからです。

キャリアコンサルタントをキャリコンサーチ 公式ページから探す

ハローワークの相談との違い

例えば、ハローワークでも同じ国家資格を持つキャリアコンサルタントが対応してくれますが「仕事紹介」ということの方に重点を置いての相談となります。(なぜならそういうふうに私たちキャリコンサルタントが指導されているからです。)

ですが、キャリコンサーチで依頼したキャリアの相談は、あなたのキャリア形成にスポットを当てたキャリア相談を受けることができます。

転職エージェントの相談との違い

また、転職エージェントでもキャリア相談を受けることができます。

転職エージェントを利用する一番のメリットは、応募する仕事の業界や現状の情報をたくさん持っていることです。

味方につければ、かなり心強い存在ではあるのは確かです。

ただ、あなたを紹介し転職に至れば、エージェント側にインセンティブが入る仕組みのため、どのようなパターンでも最終的には転職をおすすめする方向へ傾きがちなのは否めません。

もし、キャリコンサーチでキャリアコンサルタントを自分で依頼した場合は、そのようなことはなく、純粋にあなたのキャリアに一番メリットの高い方法を一緒に考えてくれます。

キャリコンサーチの使い方

キャリコンサーチの使い方はかんたんです。

国家資格キャリアコンサルタントWebサイトの公式ページ から、希望の項目にチェックを入れ検索するだけです。検索は無料です。

これは、個人で登録しているキャリアコンサルタントに、個人で依頼するということになります。(企業も依頼できます。)

ですので依頼するために発生する申し込み料は、それぞれ違います。

「え?国のサービスなのにお金が発生するの?」

と思われた方もいらっしゃると思いますが、

見方を変えれば、弁護士が法律の相談に応じ、相談料が発生するのと同じなのです。

専門家のサービスを受けるには当然ながら、料金が発生します。

ですので、繰り返しますが、家族や友達への相談とは違います。

ということで、ぜひキャリコンサーチを利用して、ぜひ本物のキャリア相談を体験してみてください。

キャリアコンサルタントをキャリコンサーチ 公式ページから探す

さいごに:ハローワークで出来ない相談はキャリアコンサルタントが対応します

いかがでしたでしょうか。ハローワークではできないキャリア相談の窓口のご紹介をしました。

ちなみに、筆者もキャリコンサーチに登録していますが、オープンにしていないので検索には出てきません^^;

キャリコンサーチの紹介が、ハローワークのページにないです。本来ならば掲載するべきなのですが・・・

多分ですが、これも行政の横つながりがないからかと思われます。

筆者はキャリアコンサルタントになって20年弱ですが、これまでたくさんのキャリアコンサルタントの方と一緒に講義を受けたり研修を受けてきました。

現在6万人ほどいるキャリアコンサルタント。ほとんどの方は、真剣に相談者のことを考え、どのような対応が必要なのか、またどのような支援ができるのか、スキルUPを図るべく日々自己研鑽を積んでいます。

そんなキャリアコンサルタントの力を借りて、この機会に、自分のキャリアを含む人生をじっくり考えてみてはどうでしょうか。

プロフェッショナルの相談が人に当たえる影響の凄さを知っているからこそ、この仕組みでたくさんの困った方たちを笑顔にできると思い、ご紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、良い仕事を見つけ、良い人生を手に入れてください。

よりよく働くことは、よりよく生きることなのですから。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次