メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【転職体験談】採用が決まらない時にしてはいけないこと

採用がなかなかもらえない時って、焦ってくるのよね。

そんな時に、転職で気をつけるべきことってなんだろ?

という方へ向けて。

こちらでご紹介するのは、筆者の転職体験談です。

採用が決まらないときに、陥りがちな失敗についてご紹介しますので、よろしければ、参考にご覧ください。

参考体験談から【40代女性の転職】失敗しない為の対策 まとめ

私が書きました
sophy 
(ソフィー)

キャリアコンサルタント【国家資格保有】
産業カウンセラー【資格保有】

企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格取得。その後、40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

採用がもらえない時にしてはいけないこと

採用が決まらないとき、してはいけないこと。

それは、希望しない会社へ無理に転職することです。

『えーそんなの当たり前じゃん。』と思いますか?

それとも、『やっぱそーよね。』と思いますか?

でも、不採用が続くと、入りたくない会社でも、採用されたら入社しようとしてしまうのです。

転職で不採用が続く時のメンタル

人生で20代と40代と、2度、不採用続きを体験してみて、気づいたことがあります。

それは、不採用が続くと、『自分はダメな人間なのかも』と、自己評価が下がるのです。

そうすると、あたりまえですが、精神的に辛い状態に追い込まれていきます。

私の場合は、20代で30社落ちた際は、ウツになりかけてましたが・・・^^; 
40代の時は、割と冷静でした。

なぜなら、このように思い直せたからです。

会社にとって、自分は適当ではない人材であったかもしれないけど、それは、私自身がダメだということとは違う。

転職でNGだと分かっているのにしてしまうこと

会社にとって、自分は適当ではない人材であったかもしれないけど、それは、私自身がダメだということとは違う。

と分かっていても、それでもしてしまいそうになったことがあります。

それは、希望しない会社でも、『採用』されれば入社しようとしてしまうことです。

【私の転職体験談】面接で嫌な思い→でも入社しようとする心理

転職活動をはじめて、4社目の会社面接で、圧迫面接であろう面接を受けました。

その会社は、東京の一等地にあり、誰もが知る、大企業の社員研修を請け負う会社でした。

給与も、なかなか良く、自分の希望にあったカウンセラーの職務内容であったため、応募し面接を受けました。

ですがその面接が、後から考えると諸々疑問の残る内容でした。(ここでは、詳しくは触れません。^^;)

それで、自宅に帰り、夫にそのことを伝えました。

自宅でのやりとり

私:とにかく、何と返答しても、反論されて困った。私なんか気に触ること言ったのかな?

夫:例えば?

私:例えば、どんなカウンセリングをあなたはしたいですか?っていう質問に、『来談者中心療法』を中心としながら、クライアントにマッチした方法を組み合わせた、包括的カウンセリングの方法をとりたい。って答えた。

 そしたら、『あなたは、クライアントをコントロールしようとしている。』ってめっちゃ怒られた。

夫:その来談者中心療法って、相手をコントロールするカウンセリング方法なの?

私:逆、逆。『来談者中心療法』は、非指示的カウンセリングの代名詞ぐらい有名で、クライアントを一切誘導しない療法だよ。なのに、なんであんなに怒られたのかな?

それに、包括的カウンセリングは、キャリアコンサルタントの教科書で推奨している方法だし。

夫:ふ〜ん。じゃあそれって、俗にいう、圧迫面接なんじゃない?あえて、否定的な応答をする面接。

私:えーそーなのかな?

夫:どっちにしても、もう行かなくていいじゃん。その会社。

私:もし採用になっても?

夫:じゃあその面接担当者が上司だったらどうする?その会社で働きたいと思う?採用になったら、毎日そこに通うんだよ。

私:やだ。もうあの会社には、二度と行きたくない・・・(←重症 笑)

そこで、私は気づいたのです。

そんな嫌な思いをした面接内容だった会社であっても、採用になれば入社しようとする

ということです。

ココ注意点です。

採用面接は、相手が自分を選ぶかどうかを判断するためにするのですが、と同時に、逆にその会社が自分にとっても合っているか?を判断する機会でもあるのです。

でも、不採用が続いていると、『採用されたというだけで』、思考停止のまま入社してしまうという落とし穴があるんです。

どうしても、採用する側とされる側だと、採用する側が強くなってしまうのですが、本当はフェアーであるべきはずなのです。

しかも、このケースの場合、『東京の一等地にある、大企業の社員研修を請け負う会社』という、私の認識にも、バイアスがかかってしまっています。

でも一番大切なことは、『その会社で働きたいか?』ではないでしょうか。

もちろん、色々な局面で、転職に妥協は必要です。

ですが、あえて働きたくない会社を選ぶのであれば、それ相応の、納得すべく条件が必要です。でなければ、またすぐに転職したくなるのは目に見えています。

夫の指摘に、納得した私は、『やはり採用になっても断ろう。』と決意したのでした。

(断ってまた怒られたらどうしよう。と不安になっていたのも事実です。)

3日後、そんな私の心配をよそに、

『今回は見送らせていただきます。』と電話で、『にこやかに』言われた私なのでした。笑

(電話で不採用連絡も、またはじめてでしたが ^^;)

今回のようなケースに役立つ認知行動療法

ご紹介のこのケースで役立ったのは、

会社にとって、自分は適当ではない人材であったかもしれないけど、それは、私自身がダメだということとは違う。

という、認知の変容がスムーズにできたから。

言い換えれば、うまく行かない状況を、別のとらえ方へ変換することができたということです。

これは、実は、認知行動療法ですることと、同じなのです。

認知行動療法とは

認知(物事のとらえ方)、感情、行動は密接に繋がり合っており、つらい感情を軽くしたり、なくすために、認知(物事のとらえ方)や行動を変えてみようというのが、認知行動療法の基本的考え方です。

できれば、認知行動療法についてこちらの『転職ブログ ソフィー』で、ご紹介できればよいのですが、私の力量を超えております。

ですので、興味のある方は、以下でご紹介する本を是非お読みください。

こちらの『やさしくわかる認知行動療法』は、誰でも、自分自身で『考え方のクセ』を見つけながら、つらい気持ちをラクにできる方法を紹介しています。

特別なカウンセリングを受けなくても、1,500円+税で、自分自身で問題の解決策を見つけられるかもしれません。

著者の福井先生は、認知行動療法の第一人者と言っても過言ではないと思われる、素晴らしい方です。

転職活動だけでなく、これからの人生に役立つ良書といえます。

さいごに:40代女性【転職体験談】採用が決まらない時にしてはいけないこと

いかがでしたでしょうか。転職で誰もが陥りやすい、落とし穴について、筆者の体験談からご紹介しました。

最後のご紹介した『やさしくわかる認知行動療法』の本については、こちらの記事を作成しながら、結局これって認知の変容だったんだと気付き、ご紹介してみました。

転職、決まらないとしんどいですよね。

でも、なんとか、良い方法を一緒に考えていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる