メニュー

40代・50代女性のセンスのいい腕時計と若見えする選び方

こちらでは、某セレクトショップ店長経験ありの筆者が、40代・50代女性の方へ向けて『センスのいい人気のレディース腕時計』をピックUPしてご紹介します。

また各ブランドに、若見えする(若く見える)為のポイントや注意点も入れましたので、選ぶ際の参考にしてみてください。

私が書きました
sophy
(ソフィー)
40代後半のアラフィフです。

某セレクトショップ店長経験あり。

10年以上、流通・アパレル業界に携わり、アパレルのみならず、アクセサリー、バッグ、シューズなど、国内外30以上のブランドセレクトを担当した経歴を持つ。

ソフィーをもっと詳しく

クリックできるもくじ

40代・50代女性のセンスのいい腕時計と若見えする腕時計の選び方

まずは、少しだけ40代、50代の女性が自分らしい腕時計を選ぶ為に、40代・50代女性のセンスのいい腕時計と若見えする腕時計の選び方をご紹介します。

まずはブランドについて。

年齢でブランドを区切るのはナンセンス

年齢別でブランドを区切るという考え方は、近年なくなりつつあります。アパレル業界で一人勝ちともいえる『ユニクロ』には対象年齢がありません。

全てのモノ・コト・ヒトにおいて多様化が当たり前になり、ボーダーレス化が著しい昨今、『年齢で区切ること』がすでにナンセンスといえます。

ブランドを選ぶのではなくデザインを選ぶ

ですので腕時計ブランドを年齢で区切るというより、どのブランドであろうと選ぶデザインやテイストが自分に合っているか?ということの方が重要となります。

これまでの40代・50代の女性と現在の40代・50代女性のギャップ

また、自分の上の世代が選んできた40代・50代向けブランドを自分が選ぶとなると、おばさんっぽくて選べないということも。^^;

とはいえ『40代、50代の女性に人気と紹介されるハイブランド』は購入できそうもない。(もしくはそもそも好きではない。)と思っている40代、50代女性も少なくないはずです。

ということで、『センスワルッ』(笑)と言われない、リアルに選べるおすすめのブランドをこちらではチョイスしてご紹介します。

若見え(若く見える)腕時計選びのポイント

ダニエルウェリントン アイコニックセラミック 28mm ブラック>>

基本的におばさんっぽいものをおばさん(←私のことです ^^;)が持つのはNG。おすすめは、カジュアル感あるものや、メンズライクなものを選ぶこと。

ということで、こちらではあえて20代〜30代の方も選ぶブランドから、40代〜50代女性が選んでもOKブランドをチョイスしました。

また、40代の後半くらいから、フェミニンな甘めデザインも違和感を感じるはずです。だから、人気のクロスシーのサクラピンクゴールドの対象年齢が気になってくるのです。

40代女性、50代女性が若見え(若く見える)腕時計を選ぶポイントは以下の通り。

1,カジュアル&スポーティーなデザインを選んでみる。

セイコー アストロン レディース STXD009 >>

具体的方法

  1. 直径34mm~36mmくらいの大きめのケースサイズにしてみる。
  2. メッシュベルトやレザーベルトをナイロンベルトに変えてみる。
  3. カジュアルなブランドから選んでみる。
  4. クロノグラフを選んでみる。

2,メンズライクなもの、トラッドなテイストのものを選んでみる。

セイコー ルキア SSQV081 >>

具体的方法

  1. フェミニンなブランドではなく、トラッドなデザインが得意なブランドから選んでみる。
  2. プレーンな北欧デザインのブランドから選んでみる。
  3. ゴールドをシルバーへ変更する。
  4. 細めのベルトを、太めのベルトで選んでみる(メッシュ・レザーOK)。

などとなります。

お読みになられても、ピンとこないかもしれません ^^; ので、実際におすすめのブランドと若見えポイントを見てみましょう。

40代・50代女性のセンスのいい腕時計ブランドと若見えする選び方

ここからは、40代、50代にシンプルでカジュアル使いもできるおすすめのレディース腕時計ブランドを順にご紹介します。

それぞれのブランドについてのご紹介と伴に、人気のおすすめデザインや、若見えデザインチョイスのポイントもご紹介します。

シチズン クロスシー

日本で一番人気を誇るシチズン xc(クロスシー)。25周年記念として発売された『mizu コレクション』や『basic コレクション』がバランスのとれたデザイン。40代〜50代女性にも使いやすのでは。

ただダイヤルカラー(文字盤)がピンクのものは、厳しくなり始める年齢です。人気の『サクラピンクゴールド』でもダイヤルカラーはピンクではなく、ホワイトカラーがおすすめです。

北川景子さんが起用されて8年。彼女と伴にクロスシーも『カワイイ』からオトナの女性の深みを感じさせるブランドへ。エコドライブやハッピーフライトなどが基本スペックで実用的。まさに日本の働く女性の為のブランドです。

予算目安:20,000円代〜130,000円代
公式サイト:→シチズンクロスシー公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がクロスシーを選ぶなら!若見えするために気をつけるポイントと注意点

もし40代・50代女性がクロスシーを選ぶなら、クロノグラフやネイビーのダイアルカラーなど、ちょっとカッコいいテイストを選ぶと失敗しません。

サクラピンクゴールドが似合わないとお感じなら、シルバーとの組み合わせのものや、シルバーカラーへ変更してみてください。

セイコー ルキア

『ルキア』はセイコーが1995年に、日本の働く女性へ向けてつくったブランド。当時より女性に不動の人気を誇ります。

あまり知られていませんが、人々の生活を変えた歴史的偉業(例えばインターネットやトランジスタなど)に送られる『IEEE(アイトリプルイー)マイルストーン賞』を受賞するなど、セイコーは世界的にも評価される企業でもあります。

セイコールキアは、デザインが幅広いので、旧モデルの場合は20代でないと厳しいデザインもありますが、最近発売されたものは、60代くらいまでOKなデザインもあります。

こちらでは綾瀬はるかさんが着用したモデルと、最近のルキアモデルからおすすめを選んでみました。
現行モデルは全て10気圧防水(水深10mまでの水圧に耐えうる)や、電池交換不要のソーラー電池で実用的な点もクロスシー同様おすすめポイントです。

予算目安:20,000円代〜200,000円前後
公式サイト:→セイコールキア公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン


【YouTube 綾瀬はるかさん着用モデル】


【LUKIAスクエアソーラー電波モデル】

40代・50代がルキアを選ぶなら!若見えするために気をつけるポイントと注意点

もし40代・50代女性がルキアを選ぶなら、ルキアが得意とするメンズっぽいデザインがイチオシです。レディースカテゴリーなら女性の腕に合ったサイズ感だから安心。

ルキアの現行モデルなら、どのデザインをチョイスしても大丈夫です。(ゴールドデザインも。)

ハミルトン

『ハミルトン』は創立から100年以上にわたり、優れた品質と精度の作品を提案し続けてきました。

航空界のプロフェッショナル向け腕時計や、軍御用達ミリタリーウォッチとして、世界の中で確固たる地位を築いてきました。

1980年代に発表された『アメリカンクラシックシリーズ』 は、今も不動の人気を誇ります。

1957年に世界初の電池式腕時計『ベンチュラ』は、キャデラックを手がけたリチャード・アービブ氏によるデザイン。アナーキーなデザインなのに品があるのはアッパレです。
アメリカブランドらしからぬ(!?)繊細且つハイクオリティなブランド。40代50代の方にこそ似合うブランドです。

予算目安:30,000円代〜200,000円代
公式サイト→ハミルトン公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がハミルトンを選ぶなら!若見えするために気をつけるポイントと注意点

もし40代・50代女性がハミルトンを選ぶなら、デコラティブなデザインに走らない方が若く見えます。(ゴテゴテデザインは、おばさんっぽくなることが多々ゴザイマス。)

アメリカンクラッシックシリーズのクラシカルなテイストが40代くらいからハマります。ハミルトンのクオリティだからこそ、レザーベルトを明るめな色にすると、可愛らしさも出ておすすめです。

ダニエルウェリントン

dw(ダニエル ウェリントン)は、2011年に設立されたスウェーデン発の腕時計ブランド。イギリス紳士にインスピレーションを得て、『カラフルなNATOバンドにも、上品なレザーバンドにも美しく調和する腕時計』をコンセプトにしました。
※ NATOバンドとは、軽くて丈夫なミリタリーナイロンベルトのこと。

イギリス的トラッドにNATOベルトを合わせるという、コンセプトがすでにおしゃれ。設立者のセンスの良さが伺えます。
カジュアルにもスーツにも使えます。よくない評判を気にする方もいらっしゃいますが、偽物を購入した方のレビューなので、偽物を買わなければ問題ありません。

予算目安:18,000円〜40,000円
公式ショップ→ダニエルウェリントン日本公式ショップ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がダニエルウェリントンを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がダニエルウェリントンを着けるなら、「アイコニックシリーズ」は辞めたほうが無難です。また、ピンクのダイアルカラー(文字盤)もNG。

NATOベルト(ナイロンベルト)はブラックなどのダークカラーがおすすめです。

レザーベルトでトラッドな感じにしたり、NATOベルトでカジュアルにすると若見えします。

カシオ ベビージー

カシオは、時計や電子機器などを取り扱う、世界に誇る日本企業です。特に、衝撃に強いブランド『G-SHOCK』は男性から根強い人気があります。

その『G-SHOCK』のレディースラインが『BABY-G』。カジュアルレディース腕時計としては定番ですよね。デジタル表示・防水性能・電波受信機能有・駆動方式ソーラーなど実用的でもあります。

10代〜20代向けのPR広告で40代以上はうろたえますが(笑)腕時計も本物の高級時計でないなら、あえてカジュアルウォッチを選ぶというのもおすすめ。子どもでない40代以上がが着けるからこそオシャレ。

予算目安:7,000円代〜100,000円代
公式サイト→カシオ ベビージー公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がベビージーを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

40代・50代がベビージーを選ぶなら 、ピンクなどのパステルカラーや花柄は外すのが懸命です。大人の女性向けの『G-SMシリーズ』もおすすめしません。(←ベビージーの担当者が読んだらマジで怒られそうですね。^^;)

40代、50代は、シックなカジュアルを目指しましょう。デジタルもOK。

スカーゲン

スカーゲンは、デンマークの最北端に位置する、 北海とバルト海の二つの潮流が出会う海辺の町、Skagenからインパイアされたブランド。

いち早く北欧らしい『ミニマリズム』や『環境に配慮した』デザインとスタイルを提案してきました。

腕時計部品や梱包素材にまでサスティナブルにこだわったブランド。北欧デザインは日本で大人気の『イッタラ』や『マリメッコ』など、日本人と相性いいです。
シンプルなデザインが主流な北欧デザインですので、40代50代が気負いなく付けられるデザインがほとんどです。

予算目安:6,000円代〜80,000円代
公式サイト:→スカーゲン公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がスカーゲンを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がスカーゲンをを選ぶなら、あまり失敗はないかもしれません。ミニマムながら、シック&スポーティなデザインで選びやすいはず。

北欧デザインのよいところである、フェミニンなデザインを選んでも甘すぎません。ゆえに40代〜50代女性でもNGになりにくいといえます。(フェミニンブランドでフェミニンデザインを選ぶと甘すぎて年齢にそぐわなくなるので。)

スウォッチ

スウォッチは、1983年に「ハイ・デザイン」「ハイクオリティ」「リーズナブルプライス」を3つのキーワードとしてスタートした『スイスのハイセンス腕時計ブランド』。

現在も毎シーズンファッショントレンドと連動したコレクションや、アーティストコラボレートするなど目が離せません。

お手頃価格なのにオシャレ。他のプチプラ時計とは一線を画します。上質なジャケットにポップなスウォッチで合わせたりしても。もちろん、シンプルデザインを気負いなく付けるのもありですが・・・^^;

予算目安:6,000円代〜100,000円代
公式サイト:→スウォッチ公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がスウォッチを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がスウォッチを選ぶなら、思いっきり遊びのきいたデザインをチョイスするか、プチプラ&カジュアルで普段使いでいくか。

とにかくお手頃価格な点もポイント高いです。仕事使いも想定してなら、プレーンなデザインで。

ノードグリーン

『ノードグリーン』は北欧、デンマーク発のブランド。

あのニューヨーク近代美術館(MoMA)に常設展示を有するデンマーク人デザイナーJakob Wagner(ヤコブ・ワーグナー)氏がチーフデザイナー。

ビジネスシーンにもマッチした、『ミニマムでモダン』なデザイン。
そしてシンプルデザインは、カジュアルでも使えます。

世界で初めて近代美術館を設立したのがニューヨーク近代美術館(MoMA)です。そこに常設できるデザイナーは世界でもわずか一握り。凄いデザイナーさんが実はデザインしてます。
予算目安:20,000円代〜
公式サイト:→ノードグリーン公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がノードグリーンを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がノードグリーンを選ぶなら、全体的にシックでモダンなデザインのため、失敗しにくいと言えます。

レザーベルトでトラッドにしたり、ローズゴールカラーでフェミニンにしたり、お好きな組み合わせで安心してどうぞ。

E-WATCH

E-WATCH SHOPは、多機能型スマートウォッチの 専門ショップ。

歩数計、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠モニター、長座注意、スマホを探す、カメラ遠隔操作、スケジュール管理など、とにかく使えます。

しかも、マルチインターフェースで好みのデザインを合せられるのもポイント高いです。

オシャレスマートウォッチ。健康診断で要注意マークが付き始める40代〜にぜひ。おしゃれに健康を管理するなら。
予算目安:5,500円〜16,500円
公式サイト:→E-WATCH SHOP公式ページ

\Amazonや楽天で取り扱いがないので公式ページからどうぞ/

ビジネスでもフィットネスでも様々なシーンで大活躍なスマートウォッチ。

タグ・ホイヤー

タグホイヤーは1860年にスイスで懐中時計をつくる会社として設立。『クロノグラフ』や『ストップウォッチ』の発展に貢献してきた世界的人気ブランドです。

1999年にはLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの傘下となりました。クロノグラフやヘゼルのデザインがトレードマーク。大人の落ち着きと重厚感のあるブランドです。

大人ハンサムがお好みの方におすすめ。もちろんスーツにも、カジュアルにも使えます。
ルイ・ヴィトンの傘下らしく(?)ハイブランドの香りのする腕時計ブランドですね。
予算目安:100,000円代〜500,000円代
公式サイト:→タグ・ホイヤー公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がタグ・ホイヤーを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がタグ・ホイヤーを選ぶなら、全体的にメンズライクなデザイン&ブルー系やブラックのダイヤルカラーが若見えします。

40代〜50代女性がタグ・ホイヤーを選ぶなら、ゴールドが入るデザインは避けるのが懸命です。

セイコー ドルチェ&エクセリーヌ

セイコーの『ドルチェ&エクセリーヌ』は、モダンでスタイリッシュな大人の男女に似合う、洗練されたデザインシリーズ。

パートナーとのペアシリーズや『視認性に優れた薄型のクオーツモデル』、『ダイヤモンドをあしらったエレガンスウォッチ』などのデザインが揃います。

まさにオトナの女性のためのシリーズです。
フェミニンデザインでもなんとも品のいいデザイン。年齢を重ねた女性にこそ似合うブランド。このブランドが似合うのはまさにおばさんの特権ですね。笑
予算目安:55,000円〜220,000円
公式サイト:→ドルチェ&エクセリーヌ公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がドルチェ&エクセリーヌを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がドルチェ&エクセリーヌを選ぶなら、どれを選んでもOKです。インポートブランドにありがちな品のない感じがありません。

一般的にフェミニンテイストの腕時計は40代くらいから人を選ぶようになります。

ですがドルチェ&エクセリーヌなら、ダイヤをあしらったデザインも品よくまとめられているのでイヤミになりません。

もちろんペアデザインはメンズと同じデザインですので、基本的に大人ハンサム。若見えというより、憧れられる大人の女性に。

セイコー ドルチェ&エクセリーヌの商品一覧

アバウトヴィンテージ

デンマークコペーハーゲン発の、シンプルでありながらこだわりの詰まったラグジュアリーなデザインです。

高級感を裏付ける品質の高さと、カーボンニュートラル(二酸化炭素排出量実質ゼロの環境に優しい腕時計)の北欧らしいスピリットが光るおすすめブランド。

ミヨタ製クォーツやスイス製自動巻等高精度のムーブメント搭載で安心のクオリティです。
みんなが知っててみんな付けてるブランドがイヤな方に。密かにセンスが光るブランドです。
予算目安:20,000〜40,000円
公式サイト:→アバウドヴィンテージ 公式ページ

40代・50代がアバウトヴィンテージを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

もし40代・50代女性がアバウトヴィンテージを選ぶなら、ピンクダイヤルカラーを選ばなければOK。(というか、アバウトヴィンテージならOKな気もするのですが一応。そのヘンはご自身で判断を。)

アバウトヴィンテージは、北欧らしいミニマムなデザインで、40代、50代にこそおすすめのデザインが揃います。

同じ北欧ブランドでも、若い世代も着けるダニエルウェリントン、スカーゲン、ノードグリーンに抵抗があるなら、アバウトヴィンテージがおすすめです。

シチズン エクシード

シチズンの中で『クロスシー』の上のラインが『エクシード』という位置づけです。

例えば『セイコーのルキア』よりワンランク上が『ドルチェ&エクセリーヌ』や『アストロン』、『プレサージュ』となります。

ご紹介しておいてなのですが、個人的にはシチズンの『エクシード』より、セイコーの『ドルチェ&エクセリーヌ』や『アストロン』の方がセンスいいかと。^^;
40代〜50代が国内ブランドで腕時計を探すなら、一度はチェックしておきたい『シチズン』なのかなと思い入れてみました。
予算目安:10万代〜30万代
公式サイト:→シチズンエクシード公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がエクシードを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

40代・50代がエクシードを選ぶなら 、どれを選んでも問題ありません。というより、クロスシーやセイコールキアなどの他のブランドをおすすめします。

セイコー アストロン

セイコーには、「ルキア」や「ドルチェ&エクセリーヌ」以外にもいくつかモデルがあり、その一つが「アストロン」です。メンズとのペアモデルもあります。

世界初のクオーツウォッチである「クオーツアストロン」から受け継いだ「セイコーの先進性」を象徴するモデル。GPS ソーラーウオッチなどの、高精度と高い機能性とデザインを備えたラインです。

セイコー『アストロン』は『ハイスペック&ハイクオリティー』。
ジャパンブランドらしい品の良さとクオリティの高さが伺えるモデルです。ケースサイズがやや大きめ。海外のラグジュアリーブランドもいいですが、日本人ならアストロンのような腕時計が似合うオトナの女性になりたいものです。
予算目安:17万代〜30万代
公式サイト:→セイコーアストロン公式ページ

40代50代女性におすすめの人気デザイン

40代・50代がアストロンを選ぶなら 若見えするために気をつけるポイント

40代・50代がアストロンを選ぶなら 、どれを選んでも問題ありません。全体的にケースサイズがやや大きめです。

一般的にはケースサイズが大きめだとカジュアル感が出てしまうのですが、アストロンはそのクオリティの高さゆえ、エレガントにまとめられています。

センスのいい人気の腕時計を女性40代向けプチプラ&お手頃価格でご紹介!

センスのいい腕時計のラインナップはいかがでしたでしょうか?

もしここまでで気に入ったものが見つからなかった方は、40代女性の方向けに仕事&カジュアル使いできるシンプルなブランドをピックUPしてご紹介します。

普段使いできるお手頃レディース腕時計や、プチプラ時計、自分へのご褒美腕時計、一生モノの腕時計などをまとめました。

センスのいい人気の腕時計を女性50代向けでご紹介!

こちらは、50代女性向けでカジュアル使いできる人気ブランドをまとめました。

50代女性の腕時計を選ぶポイントや、若く見せる秘訣なども併せてご紹介します。

店頭で長年接客してきた筆者の経験談も参考になるはず。

センスのいい人気の腕時計を仕事用でご紹介

レディース腕時計を購入する際、仕事と兼用したい方も多いです。

また、就活する20代の方や転職活動でも使える腕時計、面接でも使える腕時計などをお探しの方へ向けて、選ぶ際の注意点もご紹介します。

この点については、キャリアコンサルタントとして多くの方の面接に携わった経験をもとにご紹介します。

さいごに:センスのいい女性の腕時計は値段に比例しない

いかがでしたでしょうか。おしゃれなレディース腕時計ブランドを年齢別でご紹介しました。

腕時計はそのデザインだけでなく、持つ人のアイデンティティをも表現するアイテム。だから、腕時計選びは迷うのかもしれません。

30年以上アパレルのトレンドを追っかけてきた筆者としては、これだけ多様化した現在、皆が昔のように同じトレンドアイテムを身につけなくなったとヒシヒシと感じています。(そりゃ多少はありますが。^^;)

また、『おしゃれ』と『腕時計の値段』は比例しませんので、高ければいいというものではないことを知っておきましょう。

ぜひ参考にしていただき、お気に入りの1点を手に入れてくださいね。

こちらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。

ソフィーの選ぶ レディースのおすすめ人気アイテム

目次
クリックできるもくじ
閉じる