メニュー
年齢別でおすすめ転職エージェントをご紹介>>

【レビュー】グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3 女性の通勤リュックをご紹介!

【レビュー】グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3 女性の通勤リュックをご紹介!

うさこ

グレゴリーの女性の通勤&ビジネス使いできるリュックってどれかな?

という方へ向けてのご紹介です。

こちらの記事の内容

・女性の通勤&ビジネス使いできるリュック『グレゴリーカバートミッションデイスリムV3』のレビューのご紹介。

グレゴリーは言わずとしれた、アメリカのアウトドアブランド。

創立者であるウェイン・グレゴリーの革新的なアイデア、人間工学に基づいたデザイン、最高品質へのこだわりなど、日本でも老若男女問わず人気です。

この人気のグレゴリーは、基本的に『カジュアル』で『メンズライクなデザイン』なんです。

でも、女性が通勤やビジネスで使うのも『アリ』です。

ということで、今回はビジネス使い&通勤におすすめ『カバートミッションデイスリムV3』をレビューします!

私が書きました
sophy
(ソフィー)

・キャリアコンサルタント【国家資格保有】
・産業カウンセラー【資格保有】

某セレクトショップ店長経験あり。
アパレル系企業で人事・スタッフ育成を担当した経験から、30代でキャリアコンサルタントの資格を取得。
40代で人材派遣会社へ転職した経歴を持つ。
現在は夫が経営するショップの運営に携わりつつ労務管理を担当。

クリックできる目次

女性の通勤&ビジネス使いOKの グレゴリー『カバートミッションデイスリムV3』を選んだ理由

グレゴリーカバートミッションデイ(左)とグレゴリーカバートミッションデイスリムV3 (右)

そもそもなぜ、グレゴリーの数あるバックの中で、この『グレゴリー カバートミッションデイスリム V3』を選んだのか?

理由は以下の通り

  1. グレゴリーのビジネスリュックの中で小さめのデザイン。
  2. 13インチのPCが入る使用。
  3. スーツでも持つことができるデザイン。
  4. 登山にも使えるデザインとスペック。
  5. 重いPCを入れても、長時間背負い続けられる。
  6. 止水ジップで多少の雨でも大丈夫。
  7. 大容量の荷物や旅行などのヘビーユースにも耐えうるクオリティ。
  8. そもそもグレゴリーが好き。

グレゴリーのビジネスリュックの中で小さめのデザイン。

ビジネス使用でつくられている『グレゴリー』のラインナップの中で、小さめのリュックだったから。

上の写真をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、『カバーミッションデイ』と並べると、やはり一回り小さいのがお分かりいただけると思います。

注意:身長155cm以下の方の場合は、カバートミッションデイスリムV3でも大きい可能性が。小柄な方は『グレゴリーのイージーピージーデイ』の方がぴったりかも。

13インチのPCが入る使用。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

PCをちゃんと収納できるポケットがあります。簡易的なものでなく、しっかりしたポケットなので安心です。

スーツでも持つことができるデザイン。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

グレゴリーをビジネス使いで使用する場合の一番気をつけたいこと。それは、カジュアルに寄りすぎないようにすること。

定番の『ラウンド型』もかわいいのですが、素材やロゴがカジュアルなので、使うシーンによってはNGになってしまうことも。

ですので、スクエアでスッキリとしたビジネス使用の『カバートミッションデイスリム V3』をチョイスしました。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

レザーで覆われているので、手持ちもしやすいです。

登山にも使えるデザインとスペック。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

もちろん『グレゴリー』はアウトドアのバックブランドですので、登山へ持っていくのもOKです。

グレゴリーが『丈夫なつくり』なのは、以前グレゴリーのバックパックを10年ほど使用して、よく知っているので、その辺は信頼してのことです。

チェストベルトもありますので、なで肩さんでも大丈夫です。

もちろん、トレッキングの際も安定して背負えます。

重いPCを入れても、長時間背負い続けられる。

重いPCを背負って歩くしんどさをご存知の方ならば、『いくらオシャレでも、背負いにくいものは選びたくない』と思われる方もいらっしゃるかと思います。

そんな点も、そもそも長時間重い荷物を背負って歩くことを前提としたアウトドアブランドだからこそ、安定して背負うことができます。

止水ジップで多少の雨でも大丈夫。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

ファスナーが止水ジップになっているので、多少の雨でもPCも安心。(防水ではありませんので、沢山濡れればしみます。)

大容量の荷物や旅行などにもOKサイズ。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

サイズは、30W×45H×15Dですので、お弁当を入れたい方も十分入ります。

また、ポーチが付属で付いてくるので、ポケットWi-FiやPCのケーブルなどを収納したりするのにも使えます。

そもそもグレゴリーが好き。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

『グレゴリーってダサい?』とご心配の方もいらっしゃるのでは。

グレゴリーってダサい?

グレゴリーがダサいと言われる『ゆえん』は、

たぶんですが、山でトレッキングをしていると、『がっつりアウトドア好きなオジサン』も、グレゴリーを持っていたりするんですよね。

そこで『え、あのオジサンと、おんなじブランドを持つのってどうなの!?』

となるのではないでしょうか。(笑)

でもそれだけ、グレゴリーは『歴史』があり『メジャー』で、『人気のある』バックブランドともいえます。

アウトドアバックパックブランドとしては、『体にフィットして背負いやすい』、『耐久性が高い』など、登山をする人からの信頼は絶大。

グレゴリーの年齢層

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

上述のグレゴリーがダサい?という、同じ要因から、

『グレゴリーの年齢層ってあるの?』

という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

答えを申し上げますと、グレゴリーに年齢層はあまり関係ないと思っていただいてよいです。

これも、理由は上述と同じになりますが、『良いもの』とは、流行に流されない普遍性を持っているからです。

普遍性があると、いつの時代でも一定の人気があるので、オジサン世代も今の若い世代にもファンがいるワケですね。

(と話し出すと、あと1万文字くらい話が続きそうなので、もうやめときます。^^;)

ということで(?)私は、『グレゴリー』は良いブランドだと思いますし、好きですね。

女性の通勤に便利なグレゴリーのポケット紹介

話をもとに戻して ^^; 

その他の『グレゴリーカバートミッションデイスリム V3』の使用をもう少しご紹介します。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

表のポケットはまず手前の下にあります。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

上側にもファスナー付きのポケットがあります。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

浅めな使用なので、手帳を入れるとこんな感じです。ペンを差し込めるポケットもあります。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

メインの部分は、マチも15cmあり、たっぷり入ります。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

もちろんA4のファイルもらくらく入ります。薄型ポケットがPCポケットを含めて4つあります。

グレゴリー|カバートミッションデイスリム V3

スーツケースの持ち手に通せるようになっています。出張や旅行にも便利ですね。

グレゴリー カバートミッションデイスリムV3 のスペック

表地ナイロン
サイズ(cm)約 タテ45 ヨコ30 マチ15
重量約 935グラム
容量11L
備考A4サイズOK 13インチPC対応 

グレゴリー以外のレディースビジネスバックをお探しなら

レディースのビジネスバックって、選ぶのが難しいのですよね。

サイズ感やデザイン、素材、仕事で使うとなると、それなりのものを選びたい・・・

ということで、レディースのビジネス使いや通勤リュックやトートバックをおすすめのブランドからチョイスしてご紹介します。

レディースビジネスリュックのご紹介

さいごに:グレゴリーソリッドデイは、女性の通勤リュックやビジネス使いにおすすめ

いかがでしたでしょうか。グレゴリーソリッドデイのレビューをご紹介しました。

たっぷり入りますので、荷物の多い通勤リュックとしても安心して使えます。

また、ビジネスシーンを想定してつくられたデザインなので、もちろんビジネス使いもOKです。

ぜひ参考にしていただき、お気に入りのビジネスリュックを選んでくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

クリックできる目次
閉じる